カテゴリ:ランキング( 67 )

今年も残すところ、あと2日!
一応、『Life On The Road』は音楽ブログなので(笑)...

こんなランキング、「2013年に買った、旧譜Best10!」

...あのぉ...要は今年買った過去のカタログで、気に入った盤を順に書いていくだけです(汗)。
明日は活きの良いランキングを書く予定ですが、まずはコチラから。

第10位 『Blue Magic』 / Blue Magic
c0166634_1520882.jpg

この盤で、初めて「フィリーソウル」を聴きました。
AKBの「恋するフォーチュンクッキー」を聴く、1ヶ月前に入手。
何故に、不思議な感覚で聴ける名盤でした。

第9位 『Kill 'Em All』 / Metallica
c0166634_15201629.jpg

こちらも「スラッシュメタル」に衝撃を受けました。
名盤と言われる3rdよりも、1st『Kill 'Em All』の方が好みです。

第8位 『Live From New York City, 1967』 / Simon & Garfunkel
c0166634_15202588.jpg

アコギとハーモニー...こんなにも神聖な空気を感じさせるライブ盤は、初めてかも。

第7位 『Supremes A Go Go』 / Supremes
c0166634_15203480.jpg

モータウンの神髄!こんなにも楽しい音楽があったのか!?
ホント、元気出ますよ。マジで。

第6位 『制服のマネキン』 / 乃木坂46
c0166634_15204199.jpg

今年の僕のオタク感を象徴するシングル盤。
何度聴いても、高まる(うわぁ...)んだよな♪

第5位 『We are』 / オフコース
c0166634_15204938.jpg

この名盤に出会ったのも、今年なんすよねぇ。
いやぁ、捨て曲無いどころか、全部シングルカット可能なハイクオリティ加減に完敗。
参りました。

第4位 『Queen Ⅱ』 / Queen
c0166634_15241484.jpg

全ロックアルバムの中でも、個人的にかなり上位にランクインする、クイーンの2nd。
2CDでリマスター。何度聴いても鳥肌、何度聴いても美しい。

第3位 『風街ろまん』 / はっぴいえんど
c0166634_1521993.jpg

今年の下半期は、ずっとコレを聴いてました。
衝撃というより、ヤバいモン聴いちゃった感じ。
勿論カタログ3枚は、速攻で買い揃えました。

第2位 『You Must Believe In Spring』 / Bill Evans
c0166634_15211948.jpg

一生聴けるアルバムに出会えて良かったです。
もう、寝る前に聴くのが習慣になっています。綺麗。

第1位 『God Bless Starjets』 / The Starjets
c0166634_15212725.jpg

御茶ノ水ユニオンで、ポイっと990円で「70's PUNK」の棚にあった一枚。
もうね、ポップ過ぎて涙チョチョ切れます。
こんなにも、聴いていて爽快感を味わえるアルバムって、そーありません。
マイナーですが、見つけたら入手することを、心の底からお勧めします。

さて、明日は「2013年に買った、新譜Best10!(仮)」でお会いしましょう♪
by ryo_1989 | 2013-12-30 15:26 | ランキング | Comments(0)
やっと、昼間に時間ができました。
明日明後日、ちょっと大変だけど、来年こそ「まとめ更新」減らしていきたい...と。

ネタはあるのですが、久々に「ランキング企画」。

題して、
【来日記念】 The Rolling Stones ベスト30

では、早速。
----------------------------------------------------------------------------------
第30位 What To Do (Aftermath UK)
第29位 Biggest Mistake (A Bigger Bang)
第28位 Crazy Mama (Black And Blue)
第27位 One Hit (Dirty Work)
第26位 Summer Romance (Emotional Rescue)
第25位 You Can't Always Get What You Want (Let It Bleed)
第24位 Far Away Eyes (Some Girls)
第23位 Bitch (Sticky Fingers)
第22位 Midnight Rambler (Let It Bleed)
第21位 Live With Me (Let It Bleed)
----------------------------------------------------------------------------------
何故か、『Let It Bleed』から3曲ランクイン。
あれ、結構好きなアルバムなんだけど...(汗)。
アルバムの枚数が多過ぎて、後から改訂してる場合もあるので、あしからず。
----------------------------------------------------------------------------------
第20位 Satisfaction (Out Of Our Heads US)
第19位 Jigsaw Puzzle (Beggars Banquet)
第18位 On With The Show (Their Satanic Majesties Request)
第17位 Sing This All Together (Their Satanic Majesties Request)
第16位 She's A Rainbow (Their Satanic Majesties Request)
第15位 Tell Me (The Rolling Stones)
第14位 Memory Motel (Black And Blue)
第13位 Worried About You (Tattoo You)
第12位 Mixed Emotions (Steel Wheels)
第11位 You Got Me Rocking (Voodoo Lounge)
----------------------------------------------------------------------------------
11位まで、かなり考え込んで書いてみました。
ハイ、『サタニック』が大好きで...(苦笑)。
では、10位から思い入れの感想付きで!
----------------------------------------------------------------------------------
第10位 All About You (Emotional Rescue)
キースのボーカル曲で一番好きな曲です。
実は初めて買ったストーンズのアルバムが、『Emotional Rescue』。
かなり偏ってますが、大好きなアルバムです。

第9位 Start Me Up (Tattoo You)
やはり、ライブのスタートはコレでしょう!
どんな超絶テクよりも、リフ一発!これぞストーンズ!

第8位 Don't Stop (Forty Licks)
何故か不評(?)なんだけど、個人的には大好きな曲。
分かりやすいメロディーに、キャッチーなリフ、明るい歌詞。
ストーンズの良い所が、全て詰まっている気がするのですが...

第7位 Tumbling Dice (Exile On Main Street)
コレはド定番ですが、絶対に嫌いになれない曲。
このメロウなグルーヴ、最高に心地良いのです。

第6位 Jumping Jack Flash (Through The Past, Darkly)
これは、もう何というか...コレ聴いてピンと来なければ、ストーンズとは縁が無かったってことで...(笑)。

第5位 100 Years Ago (Goats Head Soup)
中学時代、誕生日プレゼントとして、MDプレイヤーを買ってもらって、一番最初にカセットにしたのが『山羊の頭のスープ』。音質の悪さは全く気にならず、むしろ切ない楽曲ばかりで、子供ながらに「あぁ、良い曲ばっか♪」とか思ってました。今でも大好きだし、5位に入れちゃうくらいだから、もう脳味噌に刷り込まれている気がします。

第4位 Moonlight Mile (Sticky Fingers)
ホントは、ストーンズに所謂「美メロ」を求めてはいけないのかもしれない。
つまり、私は"正統派"とはかけ離れたストーンズファン...なんだと思います。

第3位 Torn And Frayed (Exile On Main Street)
この、ミックとキースのハモりの美しさ!
ストーンズ聴いてて、本当に良かった!!!...と心から思える1曲です。

第2位 Beast Of Burden (Some Girls)
ロニー加入後のストーンズで、最初に好きになったのがコレ。
中間辺りの、ロニーのソロは最高に素敵。
ちょっと黒っぽくもあり、スワンピーなサウンドがたまらんのです。

第1位 Brown Sugar (Sticky Fingers)
言葉はいりませんね。

----------------------------------------------------------------------------------
さて、テイラーも来る!!!
Time Waits For No Oneが聴きたい!!!お願い!
by ryo_1989 | 2013-12-27 16:27 | ランキング | Comments(4)
色々と、ブログのアウトテイクが残る中、あえて「ランキング企画」!
題して、「感動的なアルバムのラスト...ベスト10」!!!

第10位 Salt Of The Earth 『Beggars Banquet』 / The Rolling Stones
c0166634_18364261.jpg

ミックとキースのドラマティックな熱唱...歌詞も実に素晴らしい。
ストーンズって、意外とラストまでの流れが良いアルバムが多いんですよね。

第9位 Treat Her Gently/Lonely Old People~Crossroads 『Venus And Mars』 / Paul McCartney & Wings
c0166634_18402097.jpg

感動的なラストといえば、現在来日中の天才。
どして、こんなメロディーが思い浮かぶのか...圧巻でございます。

第8位 Teo Torriatte 『A Day At The Races』 / Queen
c0166634_1843217.jpg

フレディーが、日本語で歌ってくれている...Queenはアルバムラストが凄い。
勿論、アレも...

第7位 Love, Reign O'er Me 『Quadrophenia』 / The Who
c0166634_18461269.jpg

ロジャー・ダルトリーの、全身全霊のシャウト...
個人的に一番好きなWhoのアルバムが『四重人格』なんです。

第6位 眠れぬ夜 『MUSIC』 / フジファブリック
c0166634_18492876.jpg

フジファブリックの初代フロントマン・志村の遺作。
夜中に聴くと、自然と涙が...

第5位 心はなれて 『over』 / オフコース
c0166634_18535735.jpg

オフコースの実質的なラストアルバム。
前作『We are』...そして『over』。
We are over,thank you...

第4位 Rock & Roll Suicide 『Ziggy Stardust』 / David Bowie
c0166634_1857557.jpg

You're not alone...泣けます。
コレと、Lady Grinning Soul『Aladdin Sane』で悩みに悩み、『ジギー』にしました。

第3位 Carry That Weight~The End~Her Majesty 『Abbey Road』 / The Beatles
c0166634_1925261.jpg

う~ん...ベタでスイマセン(苦笑)。
でも、コレ外せないよねぇ...

第2位 Andromeda Heights 『Andromeda Heights』 / Prefab Sprout
c0166634_1951177.jpg

このアルバム、劇的な展開の曲が揃いも揃ってて、大好きなんだよね。
プリファブは、どのアルバムもラストが感動的だから、やっぱパディすげぇんだなぁ...と。

第1位 The Show Must Go On 『Innuendo』 / Queen
c0166634_1975173.jpg

この企画は、この曲の為にあるようなもの。
フレディーの、気迫と死ぬ気で歌っている感覚。
ロック史上に燦然と輝く、感動的なラストソング。ただただボーっと、聴き入ってしまいます(泣)。

さて、こんなところか。
色々漏れてる気が、スゴイするんだけど...また改訂版書いても良いや~って感じで!
by ryo_1989 | 2013-11-14 18:31 | ランキング | Comments(12)

好きな"夏ウタ" ベスト10

残暑お見舞い申し上げます。
大切な事を忘れておりました。
"春"に続き、"夏ウタ"企画を忘れていた!

ってなわけで、そろそろ9月に入るタイミングで、「夏ウタ ベスト10」!

重くなりそうなので、コチラへ!
by ryo_1989 | 2013-08-31 23:39 | ランキング | Comments(2)
突発的にランキング企画に突入します。
題して、

「個人的に"素敵だなぁ"と思う、女性有名人 ベスト10」

基準は凄まじくアバウトですが、「あぁ、この人カワいい...」「素敵だ...」
って方を10人並べただけ(?)のランキングです。
一応順位はつけてますが、実質全員同率一位でございます。

まずは、
第10位 大政絢
c0166634_2341913.jpg

日本一"猫っぽくて"かわいいタレントさんだと思います。
変態的な事を書くと、怒られたいです(痛)。

第9位 橋本絵莉子(チャットモンチー)
c0166634_2372822.jpg

半年前のNo.1。
別に結婚して、子供出来たのは喜ぶべき事なんだろうけど...隠しちゃアカンよ、ほんまに。

第8位 赤江玉緒
c0166634_23103686.jpg

TBSラジオの大ファンでして(実は)、昼の『たまむすび』の司会、赤江さんが好きです。
人妻ですが、ちっとも"奥様感"が表れていないのが素敵。
南キャン山ちゃんとの掛け合いが大好きです。

第7位 白石麻衣(乃木坂46)
c0166634_23153410.jpg

まさに、「絵に描いたような美少女」。
もっと早く存在を認知すべきだった...握手会行きたいです(痛)。

第6位 miwa
c0166634_2320928.jpg

ぐぅの音も出ない、カワイさ。
なんか、ズルいです。色々と。

第5位 リンダ・マッカートニー (Wings)
c0166634_2322059.jpg

こんなにも美人で、鍵盤もそこそこ弾けて、常にポールに寄り添っていたのに...
マッカートニーさんには、もうちょっとリンダを一途に思っていて欲しかったのです。

第4位 能年玲奈
c0166634_2326272.jpg

じぇじぇじぇ!?なんだ、この瞳のうるうる感は!?
かわい過ぎるだろ!けしからん!

第3位 川栄李奈 (AKB48)
c0166634_23273459.jpg

「おバカ」なのが、演出かどうかは知りませんが、とんでもない美少女。
口は悪いし、品が良いとは言えないけど、"カワイイは正義"...あれって、本当ね。

第2位 ウェンディ (Prefab Sprout)
c0166634_23322762.jpg

10月(?)にリリースされるらしい、プリファブの元コーラスメンバー。
といっても、本当に美しい声と、品のあるルックス。
キム・ディール(ピクシーズ)、キム・ゴードン(ソニック・ユース)よりもカッコイイ。
現在のプリファブがパディ一人じゃ物足りないのは、絶対にウェンディがいないからだと思うのです。

第1位 朝長美桜 (HKT48)
c0166634_2344629.jpg

さて、俺はブログを読んでくださった方に、"ロリ"だと思われるのでしょうか(笑)?
カワイイっす。まだまだ成長して、もっと素敵な女性になると思われます。

さて、相当カオスなランキングになってしまいました。
昨日今日とバイトがキツかったので、無茶苦茶な人選ですよね(苦笑)。
かなり好きな女子アナさんとかも、抜けてるしな。いずれ、改訂だな。
by ryo_1989 | 2013-08-28 23:51 | ランキング | Comments(16)

好きな「春歌」 ベスト10

3月も中旬に入る頃ですね。
この時期、なにかとセンチな気持ちになり、不安な事もたくさんあるけれど、大きな期待もあったり。

震災から2年...地震は怖いですが、なんとか皆ハッピーでラッキーに行きたいものです。

そんな、「春に聴きたい歌」、ベスト10でもいきますか!
c0166634_21455719.jpg


では、行ってみよー!
by ryo_1989 | 2013-03-09 22:22 | ランキング | Comments(2)
ちょっと間を置いて、行ってみようと思います。
一応ランキング形式にしますが、ぶっちゃけ、全員1位です(笑)。

それと、ブリティッシュだけに絞っちゃうと、取集つかなくなってしまいますので、とりあえず...
60's!
1960年代に活躍したシンガーを取り上げます♪

好きな60'sイギリス人シンガー ベスト10!

第10位 Stephen Marriott (Small Faces,Humble Pie) / Sha-La-La-La-Lee
c0166634_2352024.jpg

初めて、マリオットの歌声を聴いた時は、黒人が歌っているのかと間違ったほど。ドス黒い声。
ソウルフルで、圧倒的なシャウト...ロックファンで嫌いな方、あんまりいないのでは!?

第9位 Phil May (The Pretty Things) / Come See Me
c0166634_22303928.jpg

ブリティッシュガレージの帝王、フィル・メイ。
やさぐれたような歌声、いつ聴いても鳥肌モノです。

第8位 Ringo Starr (The Beatles) / Yellow Submarine
c0166634_22334658.jpg

聴いていて、楽しくなりますよね、リンゴの声って。
Yellow Submarineなんか、リンゴ以外には歌えませんよ、絶対。

第7位 Syd Barrett (Pink Floyd) / Astronomy Domine
c0166634_22401190.jpg

狂人。ポップな狂人。好きです。

第6位 Keith Richards (The Rolling Stones) / Connection
c0166634_2331342.jpg

若い頃のキースの歌声、聴いていると、なんだか清々しい気持ちになります。
ただ、もうちょっと年取ってからの声の方が好きかな。「'70s」で取り上げますか!

第5位 Jack Bruce (Cream) / I Feel Free
c0166634_22533882.jpg

2005年には、再結成ライブを開き、成功を収めたCreamのベーシスト兼シンガー。
荒々しい歌声と、攻撃的なベースライン、たまらないです!

第4位 George Harrison (The Beatles) / Something
c0166634_23341484.jpg

優しく、透明感のある歌声。どこかメロウな雰囲気も醸し出すジョージの歌声が好きで好きで。
ただ、こちらも個人的には「ダークホースレーベル」期が、特に好きかな。
あ、60's、ビートルズ時代のジョージも、勿論好きよ。

-------------------------------------------------------------------------------------------
TOP3の前に...

20位 Eric Burdon (The Animals)
19位 Paul McCartney (The Beatles)
18位 Roger Daltrey (The Who)
17位 Allan Clarke (The Hollies)
16位 Keith Grant (The Downliners Sect)
15位 Jacqui McShee (Pentangle)
14位 Sandy Denny (Fairport Convention)
13位 Rod Stewart
12位 Steve Winwood (Spencer Davis Group,Traffic)
11位 Georgie Fame

-------------------------------------------------------------------------------------------
第3位 Ray Davies ( The Kinks) / Waterloo Sunset
c0166634_23212923.jpg

恋愛ソング以外(笑)を歌わせたら、右に出る者はいないだろう。
捻くれ加減がたまらなく好き。田舎臭くて、訛ってる感じ(?)。

第2位 Mick Jagger (The Rolling Stones) / Mercy,Mercy
c0166634_23234124.jpg

もうここまで来ちゃうと、理由もなく好き(苦笑)。
嘘嘘...彼ほど、ソウルフルなR&Rソングを歌えるシンガーは絶対にいないであろう。
転がり続ける親父たち...日本にまた来てくれよな!

第1位 John Lennon (The Beatles) / All I've Got To Do
c0166634_23255114.jpg

艶のある声と、荒々しいシャウト。単純にシンガーとして、最高の素質を持っていた人だったと思う。
ちょっとベタ過ぎるけど、やっぱ仕方ない。ジョンだもの。

ってなわけで、「60'sブリティッシュシンガーランキング」、なんとか終わりました。
突っ込み入れまくって頂きますでしょうか?
by ryo_1989 | 2013-01-29 00:00 | ランキング | Comments(6)
ランキングも佳境に入ってきました。
シンガーを全世界でランキングすると、あまりにも収集つかなくなりそうなので...

好きなアメリカ人シンガー ベスト10!

第10位 Otis Redding / Hard To Handle
c0166634_23522479.jpg

好きになったのは、わりと最近。でも、一気に持っていかれた。
大好きなソウルシンガー、作曲センスもキラリと光るものがあるよね♪

第9位 Carl Wilson (The Beach Boys) / Darlin'
c0166634_2355189.jpg

カリフォルニアの青い空に、どこまでも伸びていくような歌声...
BB5では、一番好きなシンガー。早くに亡くなってしまい、本当に残念。

第8位 Fred Durst (Limp Bizkit) / My Way
c0166634_2358117.jpg

「F**K」を連発する、アメリカンミクスチャーの大御所、Limp Bizkitのボーカル。
彼のラップはいつ聴いても、爽快爽快!
さて、もう一組の「L」と言えば...

第7位 Mike Shinoda (Linkin Park) / Bleed It Out
c0166634_013650.jpg

フレッド・ダーストが「ホット」ならば、マイク・シノダは「クール」。
知性を感じるんだよね。最新アルバム、お勧めですよ♪

第6位 Bob Dylan / Like a Rolling Stone
c0166634_053042.jpg

最近のディランの声、賛否両論だけど俺は好き。
年月を重ね、素晴らしいシンガーになったと思うが、やっぱり「追憶の~」の頃が一番かな。

第5位 Lowell George (Little Feat) / Long Distance Love
c0166634_0104028.jpg

泥臭いのに、都会的。バラードを歌わせたら、右に出る者はいない!?
このお方も、早くに亡くなってしまい本当に残念。年取った声も聴きたかった。

第4位 Sam Cooke / Chain Gang
c0166634_0143712.jpg

初めて、彼のライブ盤を聴いた時の鳥肌の起ち具合が忘れられない。
こんなにもソウルフルに、心を揺さぶる歌声は、彼にしか出せないと思う。

-------------------------------------------------------------------------------------------
TOP3の前に...

第20位 Joey Ramone (Ramones)
第19位 Neil Young
第18位 Carole King
第17位 Rivers Cuomo (Weezer)
第16位 Richard Manuel (The Band)
第15位 Axl Rose (Guns N' Roses)
第14位 Steve Perry (ex. Journey)
第13位 Mariah Carey
第12位 Billie Joe Armstrong (Green Day)
第11位 Don Henley (The Eagles)

-------------------------------------------------------------------------------------------
第3位 Jackson Browne / Fountain Of Sorrow
c0166634_0302415.jpg

透明感溢れる歌声。
更に、歌詞カードを見ながら曲を聴くと、本当に泣けてくる。
彼の書く詞が素晴らしいんだ!

第2位 Kurt Cobain (Nirvana) / All Apologies
c0166634_0331335.jpg

最終的に自ら死を選んだ、伝説的シンガー。
「アンプラグド」を聴いていると、やはり、声そのものが素晴らしいんだよね。
エピソードばかり語られがちだけど、魂の籠ったシャウトは永遠に語り続けられるであろう。

第1位 Karen Carpenter (The Carpenters) / Let Me Be The One
c0166634_0362477.jpg

もう、カレンの歌声に言葉はいらない。
でも、もし言葉にするならば...長生きしてもらいたかった...
僕はカレンが大好きです。

さて、こんなところかな。
もし、お時間ありましたら、突っ込んでやってください。
見落としている素晴らしいシンガー、まだまだいそうだし(苦笑)。
by ryo_1989 | 2013-01-18 00:42 | ランキング | Comments(14)
三連休最終日、とんでもない昼寝をしてしまったが為に、現在脳味噌フル回転(笑)。
ならば行こう、行くしかない!

好きな日本人シンガー ベスト10!

第10位 YUI / I'll be
c0166634_0471623.jpg

ハスキーなかすれ声と、最強のルックスを兼ね備えるSSW。
しかし...正直、上手くはないよね(苦笑)。いや、大好きなんだけどさ。

第9位 かしゆか (Perfume) / The Best Thing
c0166634_221222.jpg

「The Best Thing」での、かしゆかの声に萌えまくり。更に上手い。
のっちもあ~ちゃんも良いけど、かしゆかだな、俺は。

第8位 藤巻亮太 (レミオロメン) / 粉雪
c0166634_144999.jpg

不安定なメロディーを不安定に歌う。悪口ではなく、レミオの世界観において、彼の存在はデカかった。
ソロも良いけれど、もう一度「レミオロメン」が聴きたいなぁ。

第7位 やくしまるえつこ (相対性理論) / 地獄先生
c0166634_1143325.jpg

「THE 萌え声」の女王。
あの声で、「地獄先生」歌われたら、たまったもんじゃないよ、こっちは(笑)。
こちらもソロ活動じゃなく、「相対性理論」が聴きたい。バンドとしての"まるえつ"をね。

第6位 桜井和寿 (Mr.Children) / HANABI
c0166634_114982.jpg

いやぁ...イケメンな上に、優し過ぎる歌声。
更に、良く伸びるビブラートとファルセット。日本が誇るべきスーパーシンガー。

第5位 橋本絵莉子 (チャットモンチー) / 恋愛スピリッツ
c0166634_224173.jpg

超高音ボイスを持ち味に、現在2ピースの片割れとして活動している"エッちゃん"。
かわいいし、難しいギター弾きながら、完璧に歌いこなす"プロ"。
一回で良いから、生で観たい。

第4位 浅井健一 (ex. Blankey Jet City) / 3104丁目のDANCE HALLに足を向けろ
c0166634_1184849.jpg

歌が下手(ハッキリと)なのに、カッコいいのって、ディランとベンジーくらいでしょ。
ホント、「人を興奮させる歌い方」をマスターしている。凄いと思う。

-------------------------------------------------------------------------------------------
TOP3の前に...

第20位 氷室京介 (ex. BOOWY)
第19位 矢沢永吉 (ex. CAROL)
第18位 miwa
第17位 鬼束ちひろ
第16位 山村隆太 (flumpool)
第15位 タケカワユキヒデ (ゴダイゴ)
第14位 小出祐介 (Base Ball Bear)
第13位 宮本浩次 (エレファントカシマシ)
第12位 加藤ひさし (THE COLLECTORS)
第11位 山中さわお (the pillows)

-------------------------------------------------------------------------------------------
第3位 藤原基央 (BUMP OF CHICKEN) / firefly
c0166634_156253.jpg

俺が最も憧れるルックスを持つのが、バンプの藤クン。
カッコイイし、声も最高に素敵だし。女子が凄まじい勢いで癒されるのも訳ない。
疾走感溢れる楽曲の時の、日本語の発音(?)が独特で好き。

第2位 小田和正 / 東京の空
c0166634_1564959.jpg

オフコース時代から、大好きなシンガー。
小田さんの歌が聴ける内は、人生幸せなんだと思う。

第1位 チバユウスケ (The Birthday) / なぜか今日は
c0166634_1344871.jpg

この人に関しては、もはや断トツだな。
ここまで書いといて申し訳ないけど、良い声に勝てるモノってないじゃない(爆)?
ミッシェルもROSSOも良いけど、自由にやってるThe Birthdayのチバが一番好きだな。

さて、こんな感じ。
相当J-POP寄りになってしまったなぁ。
まぁ、番外編ってことで!洋楽編、近日公開♪
by ryo_1989 | 2013-01-15 01:42 | ランキング | Comments(6)
ここまで来たら、行ける所まで(笑)!
ジャズを筆頭に、好きな管楽器奏者をランキングにしちゃいます♪

好きな管楽器奏者 ベスト10!

ただ当方、ジャズに1mmも詳しくないため、20人ではなく10人に絞ります。

第10位 Clarence Clemons (Bruce Springsteen & The E Street Band)
/ Born To Run
c0166634_23564288.jpg

豪快なサックスで、スプリングスティーンを強力にバックアップした名プレイヤー。
ライブでのブロウは最高にカッコ良かった!

第9位 Sam Rivers / If I Were A Bell
c0166634_0441434.jpg
賛否両論の「Miles In Tokyo」ですが、僕は大好き。
正直、ショーターと同じレベルでカッコいいと思いますね。

第8位 Fredie Hubbard / Maiden Voyage
c0166634_081190.jpg

ハービーの「処女航海」で衝撃を受けた。あんなにも華麗なペットを初めて聴いた。ホント、衝撃的だった。

第7位 Cannonball Adderley / Autumn Leaves
c0166634_0121214.jpg

人生で初めて買った、ジャズのCDが「枯葉」。
そのあまりにもリリカルなアルトサックスの音色が心地良くて、ビックリしたのを、今でも覚えている。

第6位 Bobby Keys (a.k.a. The Rolling Stones) / Rocks Off
c0166634_0153836.jpg

ストーンズ好きなら、嫌いなはずはないであろう、名サックスプレイヤー。
特に「Exile On Main Street」での演奏が印象的。

第5位 Gerry Mulligan / Night Lights (1963 Version)
c0166634_019653.jpg

ジャズシーンでは珍しい、バリトンサックス・プレイヤー。
彼の「Night Lights」は、夜に部屋を暗くして聴くと、最高に気持ち良いので、是非是非(笑)。

第4位 John Coltrane / My Favorite Things
c0166634_0212967.jpg

ここで遂に、ジャズ界の二大巨頭の一人が登場。
やっぱ、凄いよ、コルトレーンは。ただ、フリージャズは苦手(汗)なんです。

第3位 Miles Davis / So What
c0166634_0241993.jpg
そして、マイルスも登場。もうコルトレーンとか、マイルスとかってコメントするのもおこがましい。でも、好きよ。

第2位 Wayne Shorter / Night Dreamer
c0166634_0264083.jpg
ショーターが好きで好きでたまらない時期があって...勿論今でも大好きだけど。「Night Dreamer」は一生聴き続けるジャズのアルバムになることはほぼ間違いないでしょう。

第1位 Hank Mobley / Remember
c0166634_028971.jpg
なんだろう、モブレーの音色って、温かいんだよね。悩んで落ち込んだ時に、スピーカーから聴こえてきたのは、いつもモブレーだった。癒しのサックスプレイヤー。昨日も聴いてました。

さて、こんな感じ!どしどしダメ出ししてやってください(笑)!
by ryo_1989 | 2013-01-12 00:34 | ランキング | Comments(8)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo