2011年 10月 29日 ( 2 )

River of Brake Lights

ストロークスのメイン・ボーカル&ギタリスト、ジュリアン・カサブランカスのソロアルバムをゲット。
Amazonでふら~っとしていたら、991円。
輸入盤2枚注文で10%引き(これ重要!)だから定価より更に安いよね。
c0166634_17275956.jpg

全8曲、40分ちょっとの短いアルバムですが、ジュリアンの作るサウンドは本当に素晴らしいですね!
まんまストロークスの楽曲もあれば、ピコピコ電子音が鳴るポップソングも。
更にRiver of Brake Lightsではこれでもかと、ハードロッキンなゴリ押し。
それぞれの曲に特徴があって、何回聴いても新しい発見。
これはストロークスのアルバムより、聴く回数多くなりそう。
最高です!

実は同じくストロークスのアルバート・ハモンド・Jrのソロアルバムも入手。
もうちょっと聴き込みます♪
by ryo_1989 | 2011-10-29 17:32 | 買ったCD | Comments(2)

Starless

しっかし、凄い曲だな・・・と初めて聴いてから、8年経ってもそう感じる。
もう「プログレ」だ「クリムゾン」だなんて定義はいらない。

中盤で高速にうねりまくる、ジョン・ウェットンのベース。
ギラギラとリフ爆発させる、ロバート・フリップのギター。
もはや神懸かっている、ビル・ブラフォードのドラムス。


「完璧」という言葉がこれほど相応しい楽曲なんてあるだろうか。

夜寝る時にStarlessを聴く。
どんなに眠くても鳥肌が起つ。
by ryo_1989 | 2011-10-29 00:33 | Favorite Tune | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo