『Cafe Bohemia』 / 佐野元春

数週間ぶりに佐野元春ばかり聴いてる、今日この頃。
最初は「2ndが最高傑作だろ!」なんて思ってましたが、『Cafe Bohemia』の魅力に取りつかれました。

c0166634_0325449.jpg

そりゃ、多少はスタイル・カウンシルに影響を受けている所はありますが、そこを批判するのは良くない。
スタカンの2ndは傑作だったけど、佐野さんの『Cafe Bohemia』も傑作であることに変わりはない。
「ワイルド・ハーツ - 冒険者たち」が大好きで、これはポール・ウェラーには作れない名曲ですよ。
トータルアルバムとして、非常によく出来ている作品(ド素人目線)だと思います。

あ、この画像の盤はリマスター(ブルースペックCD)です。
旧規格盤を聴いたことはないですが、良い音。
「スタカン、パクるな!」とかいう方には、この高音質盤を聴き込んで欲しいものですね。
Commented by nowhere1967 at 2014-06-28 23:56
このアルバムも傑作ですね!
そうなんですよね、スタカンの影響は受けているでしょうが傑作であることは間違いありませんよ。
Commented by ryo_1989 at 2014-06-29 19:22
nowhereさん、どうもです!
佐野さんは「オマージュ」が上手い。
ちゃんと自分のサウンドに吸収している所に、アーティスティックな部分を感じますね。
Commented by らぶさん at 2014-06-30 00:10 x
ryoさん、こんばんはでございますです(^^)その昔、出ていたカフェ・ボヘミアのBOXを買い逃した愚か者らぶさんです(笑)今じゃ、確か中古で15000円くらいですかね~。 あ~あの時、買っときゃ~よかった~(>_<)11曲目のカフェ・ボヘミア(Interlude)が大好きならぶさん(笑)
Commented by ryo_1989 at 2014-06-30 22:45
らぶさん、お久しぶりです!
いやぁ、その箱、スゴイ気になりますね(笑)。
佐野さんのファンになったのは、つい最近ですのでまだまだ追いかける余白は広いです。僕も『カフェ・ボヘミア』はトータルアルバムとして、捨て曲なんて無いと思っております。
Commented by 越後もち豚 at 2014-07-06 08:05 x
『ビジターズ』まではほぼリアルタイムでチェックしてましたが、その後は角松敏生の方にドップリ入れ込み始めてたので、このアルバムをキチンと聴いたのはリリースから3年くらい後でした。

洋楽からの影響なんて、日本人アーティストはみんな受けまくっているので気にならないですね~。
前述の角松敏生なんてもっと凄いですから(爆)
Commented by ryo_1989 at 2014-07-07 19:25
越後もち豚さん、こんばんは!
僕、実は角松さん気になっておりまして、達郎聴いて存在を知り、さてどれから聴き始めようか迷っています。ホント、ジャパニーズAORは素晴らしいですよね。掘れば掘るほど、もっともっと良い作品に出会えそうな気がしてます。
Commented by 越後もち豚 at 2014-07-07 23:10 x
ベタなチョイスで・・・(^^♪

角松敏生『Gold Digger』(1985)

収録曲「Tokyo Tower」
http://www.youtube.com/watch?v=wneQQqeTMvo

反則技で・・・(苦笑)

角松敏生(Gt)『Sea is a Lady』(1987)

収録曲「Way To The Shore~Sea Line」
http://www.youtube.com/watch?v=snddGj1ocII

記事内容から脱線してスミマセン(汗)
Commented by ryo_1989 at 2014-07-08 22:03
越後もち豚さん、お返事遅れてスイマセン!
いやぁ...拝見しましたが、素晴らしいですねぇ...
何より各セッションマンが上手い!いや、巧い!
山下達郎脱線して、コッチいっちゃいそうです(苦笑)。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2014-07-13 20:49
カフェ・ボヘミア箱のインタヴューではスタカン路線の問いに元春さん本人が「操縦ミス」と答えておりますね。
操縦ミスでも当時はかなり受け入れられてましたけどね。
その後のナポレオン・フィッシュと泳ぐ日では「操縦ミス」することなくご本人も満足な出来だったようです。
Commented by ryo_1989 at 2014-07-13 23:07
大介さん、こんばんは!
佐野さんが「操縦ミス」ってことは、やはりスタカンの影響はモロに受けているのでしょうね。ただ、個人的に大分好みの音ですので、関係なく楽しく聴くことにします。逆に次作の方が馴染めなかったりするんですけどね(苦笑)。
by ryo_1989 | 2014-06-28 00:37 | 聴いたCD | Comments(10)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo