Disney Girls (1957)

今日は特に出掛ける予定もなかったんだけど、ふら~っと散歩がてらに図書館へ。
良いですね、うつらうつらも自由、本は読み放題(当たり前か)。
iPodにお気に入りのアルバムを入れて、ずっとシンコーのディスクガイドを読みふけってきました。

さて、読書時に聴いていたのは、Beach Boysの「Surf's Up」!
c0166634_22203159.jpg

実に美しい作品です。個人的には「ペットサウンズ」よりもぶっちゃけ、好きだったりします。
Don't Go Near the Waterから、いきなり、どっぷりと作品の雰囲気に飲み込まれていく感じ。

特に好きなのは、ブルース・ジョンストン一世一代の名曲、Disney Girls (1957)。
このメロディライン、なかなか作れるものではありません。ブルースは素晴らしいソングライター。

更にラストの、'Til I Die~Surf's Upは、もはやため息しか出てこない程の完成度。
これはビーチボーイズ史上、いやロック史上に残る素晴らしいクロージングナンバーです。

僕が持ってる盤は、「Sunflower」とのカップリング。
その二作品ともに大名盤だけに、まだ未聴の方は2in1で素晴らしい世界観を体験して欲しいです。
by ryo_1989 | 2011-12-28 22:27 | 聴いたCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo