Say Say Say

もうクラプトン行って、一週間経つのか・・・早すぎるぞ。

今日はその日に買ったポールのPipes of Peaceを聴く。
c0166634_2327184.jpg

やはり曲として盛り上がるのは2曲目のSay Say Sayだ。
当時、シーンのトップにいた男と元ビートルズのベーシスト・・・。こうやって書くと、実に贅沢なコラボレーションだなと思う。

もちろん、ご存じのとおりマイケルとポールは現在犬猿の仲。
マイケルもそこそこ好き(大好きではない)だから、また仲良くやってもらいたいところだけど、ビートルズの版権を持ってるのはイラッとするよな。
整形する前に版権返しなさい。
c0166634_2341999.jpg

Commented by nowhere1967 at 2009-03-07 00:01
おっ、「Say Say Say」ですね!!
豪華な共演です。
僕もいつか貼ろうと思っていましたよ(笑)
マイケルも嫌いではないですけど、版権を持っているのは許せないなと・・・。
Commented by sugarmountain at 2009-03-07 15:18 x
>ビートルズの版権を持ってるのはイラッとするよな。
ビートルズの版権はご存知のようにノーザンソングスltdという出版社が管理しています。元々はエプスタインを筆頭とするビートルズが49%、やり手の音楽ビジネス・マンであったディック・ジェムスが51%の株を持ち設立されました。69年にジェムスがATVに持ち株を売りに出し、ビートルズ側はそれを阻止しようとしますが結局ATVが過半数の株を持つことになります。そして山師アラン・クラインが登場しビートルズが持っていた株を額面の倍でATVに売ってしまいます。クラインにたぶらかされたとはいえ金を儲けるために版権を売ってしまったビートルズ(レノン=マッカートニー)もあさはかというしかないでしょう。
85年に経営難からATVが売りに出され、それを買ったのが「SaySaySay」で共演時にポールから著作権ビジネスは金になるよと教えられたマイケルだったというのがなんとも皮肉ですね。
Commented by sugarmountain at 2009-03-07 15:19 x
(続きです、長くてすみません)
この時に買収金額は4700万ドルということでビートルズの版権含みとはいえかなりの高額だったようです。これはビジネスというよりは憧れのビートルズの版権を独り占めしたいというコレクター感覚があったのではと思います。ところが、アナログからCDというメディアのシフトにより過去の遺産があらたに生産されるというタイミングに合致したこともあり、マイケルが買った版権は買収金額をはるかに上回る価値を持っていきます。
90年代に入り経済的に苦しくなってきたのかマイケルは95年にATVの管理権をEMIに任せることとし契約金として3000万ドルを手にしています。翌96年にはATVの半分を所属のレコード会社ソニーに売却し共同でソニー/ATV音楽出版社を立ち上げます。この時には1億1000万ドルを手にします。
マイケルは例の事件もあったりしその後も貧窮していったのかと思いますが2006年には自身が持つソニー/ATVの50%のうち半分の25%をソニーに2億5000万ドル(ってことは全体としては10億ドルの価値か)で売却することとなります。
Commented by sugarmountain at 2009-03-07 15:20 x
(も少しおつきあいを)

この売却に関してはソニーによるビジネス面での戦略もありますが、裁判でマイケルが敗訴した場合、資産を差し押さえられ競売にかけられるようなことがあればビートルズの版権も誰か分からない人間の手に渡ることを防ぐという意味合いもあったようです。
こうやって見るとビートルズの版権はソニーが大部分を押さえているということがいえます。
先にあげた管理権を今もEMIが持っているとすれば、マイケルという音楽家とソニーとEMIという音楽を分かっている会社が権利を有しているということで、金儲けだけのファンド会社に買収されるよりはずいぶんとマシな状態にあると思います。
だからあまりマイケルを責めないでね(笑)
Commented by ryo_1989 at 2009-03-07 22:12
nowhereさん、こんばんは。
ホント贅沢ですよね。この曲はメロディーも良いし、PVも秀逸な出来で、やっぱりポールは凄いなと。
Commented by ryo_1989 at 2009-03-07 22:14
sugarmountainさん、勉強になります!
実は大まかにしかこの件の事を知らなかったので、とても解りやすい解説でした。
うん、マイケルは悪くないんだ(笑)。
これからもよろしくお願いします。
by ryo_1989 | 2009-03-06 23:27 | 聴いたCD | Comments(6)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo