Hey, Hey, We're the Monkees

2週間前に買ったPisces, Aquarius, Capricorn & Jones Ltd.を聴いた。
うん、ロックだ。ロックンロールだ。基本的にポップだからスゴイ聴きやすい。
普通にPretty ThingsとかSonicsあたりと比較しても成り立つんじゃないだろうか。
The Door Into Summerは素晴らしい出来だし、WhoのSell Outを思い出してしまったよ。
当初はイギリスのビートルズに対抗するためにアメリカで、楽器を演奏できない奴らも含めて「結成させられた」バンドなはずだが、なぜなぜどうして立派なロックバンドである。
ガレージ・・・そこまで凶暴ではないけどさ。
いわゆる「定番」である I'm a BelieverとかDaydream Believerも大好きだが、これもアリだな・・・ボックス欲しい。

モンキーズに関してはかなりの無知でどなたか教えていただきたいのだが、このアルバムはきちんとメンバーが演奏しているのでしょうか???

c0166634_18514477.jpg

c0166634_1852123.jpg

Commented by 240_8 at 2008-11-30 20:16
こんばんは。モンキーズフリークの240です(笑)。
モンキーズのアルバムはどれも粒ぞろいでおススメです。
殆どの楽器をメンバー自身が演奏しているアルバムは、実はサードアルバムだけで、この4枚目のアルバムは、その反省(?)を生かし、うまくスタジオミュージシャンを使ってます(もちろんメンバーも演奏してますが)。多分お持ちのCDに演奏クレジットがありませんか??
モンキーズって、非常に評価が低いようですが、メンバーのマイクが作るオリジナルは非常にクオリティが高いし(本作ですと⑩⑪)、ピーターはもともとはスティーヴィン・スティルスと仲が良く、立派なミュージシャン。まあ、ディビーとミッキーは・・・ですが(苦笑)。
この作品はポップスとしては一級品のアルバムだと思います。
Commented by sugarmountain at 2008-11-30 21:02 x
モンキーズつながりというには余計なものがいっぱいのエントリですがTBさせていただきました。
240さんも云ってるようにマイク・ネスミスは才能ある作家だと思います。
Commented by ポポスケ at 2008-11-30 23:26 x
りょ~さん こんばんは

TBありがとうございました。
こちらからもTBさせて頂きましたので宜しくお願いします。

先のコメントで240さんが仰られているように、このアルバムにはスタジオ・ミュージシャンも参加しています。
でも、このアルバムはモンキーズの作品であることに間違いはないので、誰が演奏していようとも大きな問題ではないと思います。
歌っている人が別人なら問題ですけどね(笑)

個人的には、モンキーズの最高傑作はコレだと思います。
TBして頂いたアルバムも気に入っていますが、一般受けするかどうかは疑問ですね(笑)
Commented by ryo_1989 at 2008-12-01 20:37
240さん、こんばんは。
確かにセッションミュージシャンを使ってたことを確認しました。でも、例え誰がプレイしていようとモンキーズの楽曲の素晴らしさが変わることはありませんからね!
スティーブン・スティルスとも関わりがあったとは!驚きました。
次はHeadあたりに手を出してみようかなと思ってます。
Commented by ryo_1989 at 2008-12-01 20:38
sugarmountain、どうもです。
マイクのポップセンスには感銘を受けましたよ!
TBありがとうございます!しっかり拝見いたしました♪
Commented by ryo_1989 at 2008-12-01 20:40
ポポスケさん、こんばんは!
そうです、誰が演奏してようと素晴らしい作品だということは変わりませんもんね。
ただ、後期はメンバーの腕もかなり上がってるみたいですね。
他のも聴きたくなりました。
by ryo_1989 | 2008-11-30 18:52 | 聴いたCD | Comments(6)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo