『Either/Or』 / Elliott Smith

ニック・ドレイクと並び、個人的に歌詞を読み感銘を受けたSSWがエリオット・スミス。
1994年にデビュー。アルバム5枚をリリースし、最後は自らの手であの世へ逝ってしまいました。
自殺したアーティストは数多くいますが、エリオットの場合は作風も相まって、聴いていると本当に涙がポロポロとこぼれそうになることも多々あります。

そんな彼の3枚目のアルバム『Either/Or』。名盤です。

c0166634_18422323.jpg

この次のアルバム『XO』は割かしポップで聴きやすいのですが、コレはひたすら重い。暗い。
ただ、「一人ビートルズ」とも称されるサウンドは非常に美しいです。
特に最後の「Say Yes」。


ロック史上に燦然と輝くアコースティックバラードだと思っています。
中古だと安くなっているので、是非とも聴いて頂きたいアーティストです。
by ryo_1989 | 2015-09-22 18:46 | 買ったCD | Comments(6)
昨日届いたユーミンのCD。大名盤『悲しいほどお天気』です。

c0166634_0552992.jpg

LPだと格安で入手できますが、外で散歩しながら聴きたかったのでCDで。

個人的に「荒井」時代の『ミスリム』に雰囲気が似ている印象を受けました。
実に詩的で10冊の小説を読んでいる感覚。
素朴で味わい深い。有名な曲は「DESTINY」位だけど、「ジャコビニ彗星の日」とか「緑の町に舞い降りて」とか、本当に「荒井由実」に巻き戻った印象を受けます。確かに地味だし、ゴージャスではないけれど、自分がユーミンに求めていたのはコレだ!...って。
特に表題曲「悲しいほどお天気-The Gallery in My Heart-」が良いです。
春の小川沿いを散歩する情景が浮かんできます。素敵。

次は『OLIVE』か『紅雀』かなぁ。リマスター盤CDは割かし高価なので少しづつ集めていこうと思ってます。
by ryo_1989 | 2015-09-06 01:03 | 買ったCD | Comments(0)

『NO SIDE』 / 松任谷由実

ユーミンどハマり継続中。お勧めされていた『NO SIDE』に手を付けました。

c0166634_17344073.jpg

「荒井」時代の素朴な感覚も残しつつ、華やかな印象。
「破れた恋の繕し方教えます」や「午前4時の電話」等の隠れた名曲もありながら、有名曲「BLIZZARD」も聴けて、お腹一杯なアルバムです。これがユーミン流AORの境地かな?
本人も出演したCMソング「DOWNTOWN BOY」の出来栄えも素晴らしいです。

確かに「荒井」時代は大好きだけど、「松任谷」時代もかなり好きになってきました。
...と家に帰ったら『悲しいほどお天気』が届いているはず。楽しみです。
by ryo_1989 | 2015-09-04 17:39 | 買ったCD | Comments(2)
もう1曲、「夏の終わりウタ」を(笑)。
母が森山直太朗の大ファンでして、中学の頃からこの曲を聴かせれてきたせいか、やはりコレ。
c0166634_8571847.jpg


森山直太朗はバラエティ方面での活躍が目立ってますが、個人的に素晴らしいSSWだと思います。
特に「夏の終わり」は大名曲。コレを聴いていると、「あぁ、今年の夏も終わりか...」と感慨深くなります。

アーティストとして過小評価されていますよね。良い曲いっぱいありますよ。
by ryo_1989 | 2015-09-03 08:33 | Favorite Tune | Comments(0)
遂に買っちゃいました、『PEARL PIERCE』!
iPhoneに入れて外で聴きたかったので、リマスターCDで。

c0166634_1526611.jpg

実に"しっとり"とした作品でした。派手な曲は1曲もありません。でも煌びやかな印象を受けるのが不思議。
「ようこそ輝く時間へ」から上質なシティポップスが展開されます。「ランチタイムが終わる頃」とか結構気に入って、こんな地味な曲なのに完成度の高さに驚かされます。
一番好きなのは「DANG DANG」。サビがポップで良いですね。ダンダンと♪
他にも「私のロンサム・タウン」はジャパニーズAORの大傑作だと思うし、「昔の彼に会うのなら」の切ない歌詞も素敵。そう、とてつもなく"素敵"なアルバムでした。

次は『悲しいほどお天気』か『NO SIDE』、どっちにしようか悩んでます。
by ryo_1989 | 2015-08-25 15:32 | 買ったCD | Comments(4)
c0166634_2254383.jpg

プラケで持っておりましたが、あまりにも好きで紙でも買ってしまいました。
『つ"ず"れおり』の間違いは有名ですよね。紙でもしっかりと再現(笑)。

しかし、本当に捨て曲が無いアルバムです。
特に1~4曲目までの流れは完璧。よくぞここまで名曲を集めたものです。
個人的にボーナストラックはいらないと思うのですが、そういう時はレコードで聴く...としましょう。
某通販サイトでもレビュー数が半端じゃないですね。旧譜では驚異的。
本当に偉大なアルバムです。
by ryo_1989 | 2015-08-12 22:10 | 買ったCD | Comments(2)
c0166634_22212752.jpg

では、遡ってニックの1stアルバム『ファイヴ・リーヴス・レフト』。

実に瑞々しい作品だと切に思います。2ndのようにビートこそ効いていないけど、リズミカル。
ペンタングルやフェアポート・コンヴェンションがお好きな方は間違いなく気に入られると思います。
何せギターはリチャード・トンプソン、ベースはダニー・トンプソンですから!
デビュー作にして、この完成度...やはり只者ではないですね。
歌詞も既に円熟味を感じさせ、早くに逝ってしまったことが残念でなりません。

自分はこの廉価盤シリーズでニックを知ったニワカですが、それも考えると廉価盤シリーズの偉大さを感じます。三枚で¥3,000...これだけ感動を与えてくれたのですから。
by ryo_1989 | 2015-08-07 22:27 | 買ったCD | Comments(4)
せっかくですから全て記事にしたいと思います。
これまた名盤、2ndアルバム『ブライター・レイター』です。

c0166634_22195680.jpg

3rdはアコギとピアノのみのスタイルでしたが、2ndは少しビートが効いています。
ドラムスのパートが入っている楽曲が何曲かあるんですよね。
味わい深い3rdと比べると、個人的に「カッコいい!」と感じてしまうのですが、どうでしょうか。

しかし、自分はやはり美しい「Northern Sky」が好きです。
深い深い歌詞と澄んだメロディー。"癒し"とはこのような曲を聴くことを云うのだと思います。
また、ジャケットも尖っているニックが素敵で気に入っています。

この廉価盤、対訳がしっかり付いておりますので小説を読む気持ちで聴いて頂きたいです。
by ryo_1989 | 2015-08-06 22:27 | 買ったCD | Comments(0)
c0166634_22404099.jpg

"孤高のSSW"ニック・ドレイクの最高傑作にして、ラストアルバム。
アコギとピアノ、歌。全てニックだけで演奏しています。
芸術的な歌詞と繊細なメロディー。1曲目の「pink...pink...pink...」の呟きには狂気すら感じます。
ポップじゃないし、カッコいいわけでもない。でも、何処か魅了されてしまう。そんなアルバム。
彼は26歳で亡くなりました。死因はオーバードーズ。抗鬱剤の過剰摂取。
評価されたのは死後。とても美しいアルバムですが、背景には悲劇が隠れています。

今なら廉価で1st~3rdまで¥3,000で買えちゃいます。
浸りたい方は是非是非。
by ryo_1989 | 2015-08-05 22:46 | 買ったCD | Comments(4)
これまた特価品。¥100(笑)。

c0166634_23271868.jpg

ジョン・レノン・マカラー。本名だそうです(じゃないと、腹立つかも:笑)。
これが大当たり!感覚としてはディランの1stに似ています。
歌詞は対訳が付いていないので分からないのですが、実にカッコいい!
尖がってる感じが最高で、これで¥100は儲けモンでした。
by ryo_1989 | 2015-07-31 23:29 | 買ったCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo