タグ:Elvis Costello ( 2 ) タグの人気記事

暫くブログを更新してませんでしたが、相も変わらずCD,LPを蒐集する日々です。
しかし、たまには生の音楽も聴かなくては...コステロの弾き語りライブに2日連続で参戦してきました!
場所は昭和女子大の人見記念講堂。駅でいうと三軒茶屋になりますね。
c0166634_18243210.jpg


6日は一人での参戦ではなくブログを通して仲良くさせて頂いているカフェブリュさん、そして初めてお会いするmangohboyさんと御一緒する事となりました!三茶で17:30に待ち合わせ。最近行くライブ行くライブ有名人に遭遇するのですが、今回は駅で萩原健太さん(3回目:笑)、そして開場を待つ列で何とサンボマスターの山口隆さん(!!!)に会ってしまいました。もうコステロを観る前からテンションが振り切れました(着ていたポロシャツの背中に名前入りでサインして頂きました!一生の宝物です:泣)。
c0166634_18244612.jpg

正直弾き語りのライブってあんまり得意ではないのですが、今回のコステロ、2日行って大正解!
本当に大人なライブで、20代半ばにしてようやく"大人"になれた...と云ったら大袈裟ですがホントそんな感じ。
c0166634_18263139.jpg

セットリスト
1. Hurry Down Doomsday (The Bugs Are Taking Over)
2. (Unknown)
3. Accidents Will Happen (Elvis Costello & The Attractions song)
4. Ascension Day (Elvis Costello & Allen Toussaint cover)
5. Church Underground
6. Stella Hurt (Elvis Costello & The Imposters song)
7. Everyday I Write the Book (Elvis Costello & The Attractions song)
8. Shipbuilding (Elvis Costello & The Attractions song) (on piano)
9. Deep Dark Truthful Mirror (on piano)
10. Face in the Crowd (on piano)
11. Unidentified (on piano)
12. Walkin' My Baby Back Home (Broadway Syncopators cover)
13. Ghost Train
14. She (Charles Aznavour cover)
15. Watching the Detectives (Elvis Costello & The Attractions song)
16. I Want You (Elvis Costello & The Attractions song)
17. Blame It on Cain (with Larkin Poe)
18. Nothing Clings Like Ivy (Elvis Costello & The Imposters song) (with Larkin Poe)
19. Clown Strike (with Larkin Poe)
20. Burn the Paper Down to Ash (with Larkin Poe, sung by Rebecca Lovell)
21. Vitajex (with Larkin Poe)
22. That's Not the Part of Him You're Leaving (with Larkin Poe)
23. American Mirror (with Larkin Poe)
24. Alison (inside TV)
25. Pump It Up (inside TV)
26. Side By Side (Cliff Edwards cover) (on piano)
27. Almost Blue (Elvis Costello & The Attractions song) (on piano)
28. My Funny Valentine (Rodgers & Hart cover) (on piano)
29. (What's So Funny 'bout) Peace, Love and Understanding (Brinsley Schwarz cover) (with Larkin Poe)

実に渋いステージでした。コステロが自身の半生をステージのスクリーンに映し出された写真と共に振り返り、アコギ一本、ピアノで弾き語りするスタイルでして、後半は「Larkin Poe」と云うアメリカ人の女性ユニット(拙い英語の聞き取りだとジョージア州出身と言っておりました)との共演。
ドラムセットもベースも無し。シンプルですが物凄い引き込まれてしまいました。
中盤には客席にコステロが降りて、会場中を歩き回るサービス精神旺盛な62歳のコステロ。

唯一残念だったのが、座席後方にいた迷惑な客が奇声を上げ続け、大ヒンシュクを買っておりました。
本当に空気の読めない歓声は邪魔でしかありません(怒)。

18:30に前座のLarkin Poeの演奏が始まり、終わったのが21:30。
長かったですが素敵なライブでした。翌日の7日は「Mystery Dance」「Man Out Of Time」「Veronica」「Beyond Belief」を中心に日替わりセトリを展開。五月蠅い客も居らず快適に観劇できました。
両日出待ちをしようと目論んでいたんですけど、会場が学校内という事もありコステロにサインを貰うことはできませんでした(´・ω・)

お土産Tシャツ。
c0166634_1854376.jpg

さぁ、夏も終わり。次はQueenです。
by ryo_1989 | 2016-09-10 18:57 | Live!Live!Live! | Comments(4)
先日、新宿のユニオンでコステロの1stを発見。リイシュー盤だけど、¥720と安かったので思わず。

c0166634_17552270.jpg

初めて「Welcome To The Working Week」を聴いた時に鳥肌が起ったのを今でもハッキリと覚えています。衝撃的でした。それにレコードで聴いても「Alison」は大名曲ですね。素晴らしいバラードです。

個人的にアナログで積極的に集めているのがキャロル・キングとELOとコステロ。
リイシュー盤ですが、音は非常に良かったです。
やっぱりCDの小さいジャケットよりもLPのデカいジャケットを眺めながら聴いた方が良いに決まってる。
次は2ndを狙っています。
by ryo_1989 | 2015-11-28 23:59 | 買ったLP | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo