タグ:アトランティック1,000円シリーズ ( 21 ) タグの人気記事

もう最近廉価盤と特価品しか買ってません(笑)。
「ストレスが溜まるととにかく一枚でも多くCDが欲しい、新しい音を聴きたい=廉価盤&特価品で心の隙間を埋める」って作業を繰り返してます。
ただ、廉価盤だからと云って舐めてはいけません。アトランティック、モータウン、チェスから出ているカタログはどれも名作揃い。大体一枚¥1,000で最新リマスターが施されてますから、良い音で良い作品を格安で買える喜びですよ。ここの所はワーナーのオールディーズ物にもハマってます。

さて、そんな廉価盤シリーズのおかげでサム&デイヴのオリジナルアルバムをほぼ揃えることが出来ました。
最後に買ったのが一番玄人好みしそうな1st。
c0166634_2213571.jpg

安定の大当たり。ソウルのカッコ良さが全て詰まったようなアルバムでした。

そんなわけで7月に入っていつも以上にCDを買い込んでます。久々に「狩り」カテゴリ使おうかなぁ。
by ryo_1989 | 2016-07-14 22:16 | 買ったCD | Comments(0)
アトランティックを代表するR&Bシンガーと云えば、挙がるのは大抵オーティス・レディングかウィルソン・ピケットでしょうかね。ですが隠れた名シンガー、ダレル・バンクスをご存じでしょうか?

c0166634_23144217.jpg

32歳という若さでこの世を去った、名ディープ・ソウル・シンガーであります。
アトコレーベルで活動していましたが、そのアトコに残したレコードもこの一枚だけ。
本当に「知る人ぞ知る」シンガーだったようです。

とんでもなく後追いの自分も耳にはとてもポップに聴こえます。
メロディーとアレンジのお蔭でとても聴きやすくなってるんですね。
バックの演奏はまさかMG'sには敵わないもののシャープでカッコいい。
情報もライナーノーツ以外ほとんど無くて、記事にしていいものか分かりませんが、アトランティックの廉価盤で安く良い音で聴けるので書いてしまいました。是非是非。
by ryo_1989 | 2015-09-09 23:59 | 買ったCD | Comments(0)
Amazonのレビューで評価が高かったので、前から気になっていたサム・ディーズのアルバムを買いました。

c0166634_19114058.jpg

ほとんどの曲を自らコンポ―ズしており、またその楽曲の出来も素晴らしいです。
哀愁漂う渋い曲が多く、キラーチューンこそないものの捨て曲が見当たりません。
もろサザンソウルテイストな作品ですが、メロディーがしっかいりしている分、とても聴きやすい。
彼自身の声もとても耳触りが良く、アルバム通して大変気持ちよく聴き通せます。

このアルバムは日本初CD化されたものであり、アナログは長い間廃盤で高値で取引されていたそう。
そんなアルバムをリイシューしてくれたアトランティックレコード、良い仕事しましたね。
by ryo_1989 | 2015-05-16 23:59 | 買ったCD | Comments(0)
コチラはもっとR&B寄り。

c0166634_1633021.jpg

マージー・ジョセフって女性ソウル・R&BシンガーのCDね。

ちょっと濃すぎたかな(苦笑)。
ベティ・ライトよりもソウルフルだし、アレサ・フランクリンをもっと渋くした感じ。
コレも気分によってはドハマりするんだろうけどなぁ...
真夏の寝苦しい夜とかに聴くべき音楽でした。
by ryo_1989 | 2015-05-10 16:08 | 買ったCD | Comments(0)
最近はレコード買う機会が増えちゃってますが、廉価CDも随時入手しております。
特に今日まで(だっけ?)タワーレコードで「3枚買うと¥1,500引き」ってのを重宝していて、それってアトランティックとモータウンもちょこちょこカバーしてるので、かなりの枚数半額で購入してしまいました。
そんな中から一枚。

c0166634_15561894.jpg

Betty Wrightの『I Love The Way You Love』。

実は恥ずかしながら彼女の存在を知りませんでして、目から鱗状態で聴いてます。

いやぁ~、カッコイイ!
ただただソウル路線を追いかけるのではなく、ロックファンに優しい(?)ソリッドなサウンド。
Amazonのレビューにも書いてありましたが、ジャミロクワイが好きな方にもお勧め。
生バンドのグルーヴィーな感じとか、AORを先取りしたような、今聴いても全く古臭くないっす。
今でいうとコリーヌ・ベイリー・レイとかそんなような。

とにかく¥1,000だし、得した感しかありませんでしたね。
by ryo_1989 | 2015-05-09 23:59 | 買ったCD | Comments(2)
最近またアトランティックの廉価シリーズを集め始めました。
¥1,000と手を出しやすいうえに最新リマスターってのは大きい。
今日も仕事帰りにウィルソン・ピケット。先日はコレ。

c0166634_22431189.jpg

ロバータ・フラックとダニー・ハサウェイのデュエットアルバムです。

やはり大好きなシンガーが二人で音楽作れば悪いはずがないのです。
どこか都会的なのに、少し匂ってくる泥臭さ。何とも文字では表現し難いですが、素晴らしいです。
特に「Where Is The Love」。コレは白眉。もう語り尽くされている名曲ですが、改めて最高。
真夜中に小さい音で(近所迷惑にならない程度)かけると、それは至福の時間を味わえます。

ロバータ・フラックのソロよりも好きかもしれない、奇跡の共演盤です。
by ryo_1989 | 2015-04-02 22:48 | 買ったCD | Comments(0)

『Otis Blue』 / Otis Redding

オーティス・レディングはソウルミュージックの中でも割と聴き込んでいるの方なのですが、今日は『Otis Blue』のステレオリマスター盤を買いました。

c0166634_20312261.jpg

もともと5CDのモノ箱を所有していましたが、バックの「ブッカー・T&MG's」の演奏をよく聴き取りたくて買っちゃいました(とはいえ安価の¥1,000ですが)。

いや、なかなか良いリマスタリング作業してる感じ。
スティーブ・クロッパーのギター、ドナルド・ダック・ダンのベース、アル・ジャクソンのドラムス。
どれもとても際立って聴こえますね。
特にクロッパーのカッティングの切れ味の鋭さに脅威を感じます。
また、楽曲が良いですね。サム・クックからストーンズまで、オーティスのドスの利いた歌声が楽しめます。

タワーで一枚¥1,000がキャンペーン価格で三枚で¥1,500でした。「買い」ですな。
by ryo_1989 | 2015-03-29 20:36 | 買ったCD | Comments(0)
もういっちょ!
オーティス・レディングのオリジナルアルバムに嫌いなアルバムなんか無いのは世の真理ですが、一番好きなのはコレなのであります。

c0166634_23364027.jpg

ZEPがインスパイアに成功した「Nobody's Fault But Mine」は勿論のこと、ブラック・クロウズのカヴァーでお馴染み「Hard To Handle」、オーティス節炸裂な「Champagne And Wine」等々、捨て曲など見当たらず。

しかし、コレもアトランティックの廉価盤の恩恵を預かっているのです。
気づけば、相当枚数1,000円シリーズ買ってまして、ちょっといくら何でももうちょと聴き直さないと。
by ryo_1989 | 2014-06-09 23:40 | 聴いたCD | Comments(3)

Move On Up

ストーンズとクラプトン...バイト代を使い果たす勢いでチケットを手に入れたので...

アトランティックの1,000円R&Bは、本当に助かります。

しかし、何年振りかでほとんどCD買ってないんですけどね(笑)。
でも、カーティス・メイフィールドの『Curtis』には手を出さざるを得ませんでした。

c0166634_22555763.jpg

ブラックミュージックの入口としては、最も妥当かもしれませんね。
あらゆるカヴァーを生んだ「Move On Up」。8分と長尺なナンバーながら、一切飽きません。
また、ストリングスの使い方も抜群なんだな♪
カーティスのファルセットをフューチャーした楽曲も多数収録、最高にクールでホットです!
by ryo_1989 | 2014-02-27 22:59 | 買ったCD | Comments(2)

Somewhere Before

例の1,000円シリーズ(アトランティック、モータウン)、ロックだけに止まりません。
というより、ジャズなんです。ロック以前にリリースされていました。

先日、この盤を1,000円で買いました。

c0166634_045730.jpg

キース・ジャレット・トリオの『Somewhere Before』です。

正直、ジャズピアノでよく聴くのは、ビル・エヴァンスくらい。

ピアノトリオ(3人編成)が好きで、店頭で見かけたジャケットのカッコ良さと、店内POPに惹かれて。

これが、大正解!ディランの「My Back Pages」なんか、感動して涙しそうになりました。
2曲目の「Pretty Ballad」、フリージャズ的な「Moving Soon」...
ジャズの醍醐味が凝縮されている気がします。
全編に渡り、ノスタルジーで爽快感あるサウンドで通して構成されていて、非常に素敵♪
ソロでのキースしか知らないので、目から鱗でした。

この「アトランティックジャズ 1,000円」シリーズ、なかなかお勧めですよ!
by ryo_1989 | 2013-11-06 00:08 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo