タグ:'70年代 ( 30 ) タグの人気記事

HAPPY END

本日は、もういっちょ!
少し前の話になりますが、山口県から帰ってきて、次の日に買ったCDです。
「はっぴいえんど」のラストアルバム。
『ゆでめん』『風街ろまん』のリマスター盤が、ビンテージ物では考えられない高価でして、実は。
ベルウッドの"40th記念リイシュー"で、彼らのラストアルバム(1,500円!)に惹かれてしまいました。

c0166634_0241520.jpg

既に、発売時には、細野さんや鈴木茂さん等は、個人の音楽制作に突入していました...が!
リトル・フィートのローウェル・ジョージ(!)を始めとした、LAの本場ミュージシャンからのオファーで...
30分ちょっとの短い"ラスト"アルバムをリリースしたのでした。

『ゆでめん』『風街ロマン』のような、圧倒的な完成度ではありませんが、レイドバックした彼らの落ち着いた楽曲は大変クオリティが高い!特にラストを締めくくる「さよならアメリカ さよならニッポン」は非常に趣深い仕上がりとなっております。やはり、天才集団は、手を抜いても(苦笑)凄い作品を作っちゃうんだから、つくづく「才能って凄いな」なんて思っちゃいますね(笑)。

コレ、先週秋葉原タワーに寄った際にも在庫があったみたいなので、素朴な「はっぴいえんど」を聴いてみたい方は、是非是非(って、僕のブログにアクセスして下さっている"通"な皆様に言うべき事でもないか:苦笑)。
by ryo_1989 | 2013-10-11 00:25 | 買ったCD | Comments(2)
只今、諸事情により(ご想像にお任せ致します:苦笑)コレばかり聴いて、寝ています。

c0166634_117748.jpg

沁みる...ホント、良い声してるよなぁ...なんて思っちゃいますね。
やはり、高音が透る女性シンガーは、聴いていて癒されます。

楽曲単位で言うと、「My Old Man」が一番グッときますね。

'70年代の女性SSWは天才ばかり。
リッキー・リー・ジョーンズも良いですよね。

「10CD箱」買って、真剣に聴いていなかった俺が悪いのですが、逆に毎日ジョニの違う一面を覗けるので、まぁ、箱放置も、それはそれで良かった(ことにしよう:汗)のかな。

c0166634_123014.jpg

by ryo_1989 | 2013-10-05 01:23 | 音楽の話題 | Comments(8)

ひこうき雲

山口県へ行く際に買った、レココレの「60~70日本語ロック名盤ランキング」を読みふけた結果。

c0166634_22182499.jpg

荒井由実の1stアルバム『ひこうき雲』、購入です。

いやぁ...ぐぅの音も出ない、大名盤ですね。ちょっとビックリ。

話題のアニメ映画から「ひこうき雲」。もうこの一曲が入ってるだけでも買う価値アリ。
自然と涙があふれる程、素晴らしい名曲。
他にも...いや、全曲素晴らしすぎて、感想文が書けない。

明日、2ndを買ってこようかと検討中です。
by ryo_1989 | 2013-09-16 22:21 | 買ったCD | Comments(14)
2,3年前から、パワーポップに徐々にハマり始めました。
なんていうか、単純に聴いてて楽しいし、ビートルズを彷彿とさせる素晴らしいメロディーも多いし。
そんな中、Sing Singレコードさんがまたもや偉業を成し遂げました。
「Naughty Thoughts」という伝説のパワーポップバンドのリイシュー盤です!

c0166634_23272789.jpg

いやぁ...爽快...
是非とも聴いて頂きたい!!!

...のですが、現在絶賛廃盤中(?)。中古屋で見かけたら、是非とも確保して頂きたいバンドです。

P.S. たった今、地震でカーテンゆらゆら。こわー。
by ryo_1989 | 2013-08-25 23:30 | 買ったCD | Comments(0)

Hotel California

いやぁ、蒸し暑い。蒸し暑い。蒸し暑い。
なかなか寝付けなかった昨晩は、何故かコイツを引っ張り出しました。

c0166634_111758.jpg

もはや、説明不要な大名盤『Hotel California』。

改めて聴いてみると、「Hotel California」と「New Kid in Town」以外は、めちゃくちゃファンキーなんすよね。音に妙な隙間があるというか、ドラムスもシンプル極まりないし。

また、壮大な「Wasted Time (Reprise)」も美しい。

...とまぁ、やはりラスト「The Last Resort」に持っていかれますね。
なんて、素敵なバラードなんだ。

イーグルス、今さら2007年にドーム行くべきだったと大後悔。
あぁ、ポールの抽選もまだ出してないや。
by ryo_1989 | 2013-07-27 01:04 | 聴いたCD | Comments(4)

ステレオ太陽族

昨日は、帰宅後、部屋の片づけ。
ふと、棚の奥から、サザンの『ステレオ太陽族』が出てきました。
高校時代、よく聴いたアルバムでした。懐かしくて、ちょっと前まで聴いていました。

c0166634_0253258.jpg

残念なことに、あまり評価されていないような気もするアルバム。
しかし、捨て曲が無いどころか、クオリティの高い楽曲が揃っています。

「Hello My Love」の"洋楽"感も素敵だし、サザンソウル宜しく「恋の女のストーリー」なんかも好き。
桑田さんのしゃがれ声が最高にカッコいい!!!
「Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)」「栞(しおり)のテーマ」と畳み掛ける、後半も◎。

サザンが再始動した昨今、いつ『ステレオ太陽族』を再評価する?

...今でしょ!
by ryo_1989 | 2013-07-03 23:59 | 聴いたCD | Comments(2)

夜は静か 通り静か

ベルウッドレーベルのリマスター廉価盤シリーズ。
欲しかったのは2枚だけ。ハリー細野さんの『Hosono House』。

あとは、コレね!
c0166634_2222134.jpg

はちみつぱいの『センチメンタル通り』。

先日、神保町の古本屋で、ジャパニーズロックのディスクガイドを購入。
ランキング形式で、なんとこのアルバムが4位!(ちなみに1位は、はっぴぃえんどでした)。

いざ、聴いてみると、まさにThe Band(ロビー・ロバートソンがいる)の世界。
渋いですが、その渋さが気持ち良い。"ルーツミュージックの教科書"と言っても過言ではないでしょう。
後にムーンライダーズを結成する鈴木慶一がフロントマン。
脇を支えるのは、渡辺勝のキーボードに和田博巳のベース。
これで悪いわけがありません。

ジャケットも含め、「古き良き日本語ロック」といったところでしょうか。
The Bandが好きな方なら、一聴で好きになると思いますよ♪
by ryo_1989 | 2013-05-10 22:27 | 買ったCD | Comments(2)
先日、高校&予備校で使ってたテキストを、ブックオフに売りに行きました。
すると意外に高値で買い取ってくれて。結構使い込んでたのに(笑)。

で、400円のサービス券まで貰って(!)ホクホクに。
調子に乗って、コレを買っちゃいました!
c0166634_1411721.jpg

"伝説のジャパニーズR&Rバンド"キャロルの『リマスターベスト』。
前々から欲しかったのですが、定価で3,000円ちょっと。
それがサービス券使って、1,100円(!)ですからねぇ...

さて、早速iPhoneにぶち込み、聴き込んでおります。
やはり永ちゃんのベースに限りますな、キャロルは!
ジョニー大倉の甘い歌声も、非常によろしいのでございます。

内海さんと岡崎さんも「縁の下の力持ち」(内海さんは最高のギタリスト!)としてバンドを支えます。
リマスター効果で音質も最高。
ちなみに、曲目は...

1. ファンキー・モンキー・ベイビー
2. ルイジアンナ
3. 二人だけ
4. やりきれない気持ち
5. 涙のテディ・ボーイ
6. GOOD OLD ROCK’N’ROLL
7. 憎いあの娘
8. ハニー・エンジェル
9. カモン・ベイビー
10. ヘイ・タクシー
11. 愛の叫び
12. 夏の終り
13. ミスター・ギブソン
14. 0時5分の最終列車
15. 彼女は彼のもの
16. CAROL(子供達に夢を)
17. レディ・セブンティーン
18. ズッコケ娘
19. 番格ロックのテーマ
20. 恋の救急車
21. コーヒー・ショップの女の娘
22. ラスト・チャンス
23. ホープ
24. 甘い日々
25. 緊急電話

完璧な選曲。
しばらく、ロケンローな日々が続きそうです。
by ryo_1989 | 2013-05-03 01:47 | 買ったCD | Comments(6)

時代

昨日のNHK「SONGS」は、中島みゆきさんの「時代」がテーマでした。
何気なく観ていたのですが、歌詞とメロディーを聴いていたら、自然と涙が。


もう、今日だけで30回以上再生。
ホント、「名曲」とはこのような素晴らしい唄のことを言うのでしょう。

言葉はいりません。ホント、素晴らしい。
by ryo_1989 | 2013-04-07 22:43 | Favorite Tune | Comments(4)
最近、家に居る時は、部屋で野球ゲームをしながら、音楽聴いてます。
特にヘッドフォンで音量大きめだと、サウンドのディテールに気づいて面白いんですよね。

昨日は、ハリー細野(細野晴臣)さんの「Hosono House」をじっくりと。
c0166634_0204192.jpg

日本ロックの大名盤であり、細野さんの最高傑作と評される事も多々あり。
「カッコいい曲」ではなく、「良い曲」が一杯に詰まった、最高の作品です。

正直、初めて聴いた時はピンと来なかったのですが、二周目からキましたね。
松任谷正隆の鍵盤、鈴木茂と駒沢裕城のギター、林立夫のドラムス...
完璧の布陣が奏でる、グルーヴィーな音にうっとり。
細野さんのボーカルも、実に味わい深いのです。

さて、この盤はベルウッド40周年記念の2012年リマスター盤。
同じシリーズの、はちみつぱい「センチメンタル通り」も、欲しくなったり(笑)。
by ryo_1989 | 2013-04-03 00:28 | 聴いたCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo