先日久しぶりに渋谷へ遊びに出掛けました。
途中改修工事を終えたディスクユニオンへ寄ったのですが、相変わらず敷地が狭く感じ、御茶ノ水や新宿と比べると「う~ん(苦笑)」みたいなね。
しかし、せっかく寄ったので何か買って帰ろうと思い物色しているとこんなブツが。
c0166634_0355896.jpg

デクスター・ゴードンの『アワ・マン・イン・パリ』。未開封新品で¥900ちょっとのところ、色別カードの割引で¥600程度で購入できました。
メンツはデクスター・ゴードン(ts)、バド・パウエル(p)、ピエール・ミシェロ(b)、ケニー・クラーク(ds)。
此方ジャズは好きですが知識に乏しく、リズム隊は門外漢。ただ流石にバド・パウエルは知っておりましたが。

とりあえず、昨日寝る前に聴いたのですがなかなかカッコいい盤ですね。
特にケニー・クラークのドラムスがスリリングで最高。
また演奏しているナンバーはスタンダードばかりですが、デックスが吹くとこんなになるのか...と感嘆しました。
あと、やはり個人的にワンホーンが好きなんだと再確認。分かりやすくて素敵です。
ジャケットもカッコいいですし、またお気に入りのジャズを発見できました。
Amazonで調べたらボートラ付きのCDもあるみたいですが、だらだら収録時間が長いジャズの音盤は苦手なのでこのスッキリした規格が最適だと思い、心の中でガッツポーズです。
# by ryo_1989 | 2016-10-04 00:45 | 買ったCD | Comments(0)
欅坂は1stシングルだけ買ったものの、やはり乃木オタなもんでいまいちハマり切れずにいまして。
本当はAmazonで2ndも全タイプ予約していたんですけど、キャンセルしちゃいました。
で、秋葉のブックオフで通常盤を¥500。
c0166634_23433869.jpg

カップリング含め全トラックiTSで試聴しましたが、やはり2ndはキャンセルで正解だったかも。
正直表題曲しか素直に「良いなぁ...」と思えなくてね。
なんか全国握手会も夏だったから暑くて嫌だったし、これで十分です。

一応「世界には愛しかない」、貼っておきます。

なんか、「平手ちゃん's 欅坂46」になってるような気がして興味が薄れつつあります。
# by ryo_1989 | 2016-10-03 23:41 | 買ったCD | Comments(0)
先日¥200ちょっとで見つけたのでつい買ってしまいました。
テレビで聴いた「LOVE TRIP」が凄い気に入っていたのでね。
c0166634_2332936.jpg

完全に乃木坂寄りになってしまいましたが、AKBも年1ペースで名曲を届けてくれます。

揶揄されることの多い秋元康氏ですが、やはり作詞家としての腕は確かだと思います。
この曲も物凄いセンチメンタルで素敵な曲だなぁ...と。
ただ「しあわせを分けなさい」は「狙ってるなぁ...(苦笑)」とか思っちゃいますが。

そういえば渋谷のブックオフでコレの劇場盤を¥50(未開封新品)を大量に見かけました。
失笑。
良い意味でも悪い意味でも秋元氏はJ-POPシーンを目茶苦茶にしてしまった感が否めません。
# by ryo_1989 | 2016-10-02 23:40 | 買ったCD | Comments(0)
「アイドリング!!!」解散から半年と少し。「まいぷる」こと遠藤舞さんがNEWシングルをリリース。
ずっとまいぷるの新しい歌声を楽しみにしてました!
c0166634_2230582.jpg

表題曲はまいぷる自身も作詞に携わったミドルテンポのバラード。

最初聴いた時はピンと来ませんでしたが、リピートしている内になかなかの良曲に思えてきました。
このような曲調は初めてのような気がします。
カップリング「アルペジオ」は少しテクノっぽいバックにエフェクトされたボーカルが魅力的。
「アイスコーヒー」はアコースティックなバラードでこれもなかなか良い曲です。

やはり歌が上手い!声が好き!アルバム、期待しております。
# by ryo_1989 | 2016-10-01 22:35 | 買ったCD | Comments(0)
自分も流行りに便乗し買ってみました。
c0166634_18171025.jpg

話題のディエゴスティーニから出た「ジャズ・LPレコード・コレクション」なる雑誌。
雑誌とはいえ、180gのLPが付録(?)なのが魅力。初回はマイルスの誇れ高き名盤『Kind Of Blue』。

カッターで上手い事切り離せました。
c0166634_1819263.jpg

レーベルは見事にコロンビアのラベルであります。
c0166634_18202091.jpg

早速自室のしょぼいオーディオシステムで聴いていますが、なかなかの高音質なのでは!?
自分はロックのレコードばかり聴いているので、アナログで聴くジャズは新鮮です。

次回はコルトレーン。¥1,990...真価が問われますね。
# by ryo_1989 | 2016-09-30 18:23 | | Comments(2)
行ってきました、Queen+Adam Lambert!
c0166634_20272682.jpg

天気は両日生憎のお天気。しかし、ライブ開演前にブログ仲間のfmさんとお会いできたことで全く退屈しませんでした。fmさんからは家入レオの新作の音源も頂きとても嬉しかったです!

場内は撮影禁止(涙)ってことでとりあえずセトリを。

1. Seven Seas of Rhye
2. Hammer to Fall
3. Stone Cold Crazy
4. Fat Bottomed Girls
5. Don’t Stop Me Now
6. Killer Queen
7. Somebody to Love
8. Love Of My Life
9. Teo Torriatte (Let Us Cling Together)
10. These Are the Days of Our Lives (22日は「A Kind Of Magic」)
11. Drum Battle
12. Under Pressure
13. Crazy Little Thing Called Love
14. Another One Bites the Dust
15. I Want It All
16. Who Wants to Live Forever
17. Guitar Solo
18. Last Horizon (22日は無し)
19. Tie Your Mother Down
20. I Want to Break Free
21. I Was Born To Love You
22. Bohemian Rhapsody
23. Radio Ga Ga
encore
24. We Will Rock You
25. We Are the Champions

正直な話をします...アダムに良い印象を持っていませんでした。
「やはりQueenはフレディのバンドだ」って思う部分がかなりあって、「上手いのは分かるけどちょっとなぁ...」ってね。でも1曲目の「Seven Seas of Rhye」で意識がハッキリと変わりました。「ブライアンとロジャーのバンドでもあるんだ...」ってね。そこで頭の中で今は無き高田馬場のムトウで『Greatest Hits 1』をレジに持って行った小学校6年生の時の思い出がフラッシュバック。思わず泣きそうになりつつライブはどんどん盛り上がっていきます。
8曲目でブライアンがアコギを持ってセンターステージへ。「Love Of My Life」と「Teo Torriatte (Let Us Cling Together)」を演奏したのです。よく覚えてません。もう夢中で合唱してました。「俺はQueenを観に来たんだ...」
また演出が憎くてね(笑)「Under Pressure」ではスクリーンにボウイが映し出されるし、「Bohemian Rhapsody」では1番の部分だけフレディの歌声が再生されてアダムは引っ込んでました。
「Radio Ga Ga」と「We Will Rock You」では手を叩き過ぎて翌日まで痺れてました(大袈裟ですが:苦笑)。ロジャーの息子もドラム上手かったです、親父の若い頃と同じく超イケメンでした。

とにかくアダムに捉われず観に行って本当に大正解。
ブライアン&ロジャー、本当にありがとう!

お土産タオル。
c0166634_20233926.jpg

# by ryo_1989 | 2016-09-26 20:27 | Live!Live!Live! | Comments(2)
暫くブログを更新してませんでしたが、相も変わらずCD,LPを蒐集する日々です。
しかし、たまには生の音楽も聴かなくては...コステロの弾き語りライブに2日連続で参戦してきました!
場所は昭和女子大の人見記念講堂。駅でいうと三軒茶屋になりますね。
c0166634_18243210.jpg


6日は一人での参戦ではなくブログを通して仲良くさせて頂いているカフェブリュさん、そして初めてお会いするmangohboyさんと御一緒する事となりました!三茶で17:30に待ち合わせ。最近行くライブ行くライブ有名人に遭遇するのですが、今回は駅で萩原健太さん(3回目:笑)、そして開場を待つ列で何とサンボマスターの山口隆さん(!!!)に会ってしまいました。もうコステロを観る前からテンションが振り切れました(着ていたポロシャツの背中に名前入りでサインして頂きました!一生の宝物です:泣)。
c0166634_18244612.jpg

正直弾き語りのライブってあんまり得意ではないのですが、今回のコステロ、2日行って大正解!
本当に大人なライブで、20代半ばにしてようやく"大人"になれた...と云ったら大袈裟ですがホントそんな感じ。
c0166634_18263139.jpg

セットリスト
1. Hurry Down Doomsday (The Bugs Are Taking Over)
2. (Unknown)
3. Accidents Will Happen (Elvis Costello & The Attractions song)
4. Ascension Day (Elvis Costello & Allen Toussaint cover)
5. Church Underground
6. Stella Hurt (Elvis Costello & The Imposters song)
7. Everyday I Write the Book (Elvis Costello & The Attractions song)
8. Shipbuilding (Elvis Costello & The Attractions song) (on piano)
9. Deep Dark Truthful Mirror (on piano)
10. Face in the Crowd (on piano)
11. Unidentified (on piano)
12. Walkin' My Baby Back Home (Broadway Syncopators cover)
13. Ghost Train
14. She (Charles Aznavour cover)
15. Watching the Detectives (Elvis Costello & The Attractions song)
16. I Want You (Elvis Costello & The Attractions song)
17. Blame It on Cain (with Larkin Poe)
18. Nothing Clings Like Ivy (Elvis Costello & The Imposters song) (with Larkin Poe)
19. Clown Strike (with Larkin Poe)
20. Burn the Paper Down to Ash (with Larkin Poe, sung by Rebecca Lovell)
21. Vitajex (with Larkin Poe)
22. That's Not the Part of Him You're Leaving (with Larkin Poe)
23. American Mirror (with Larkin Poe)
24. Alison (inside TV)
25. Pump It Up (inside TV)
26. Side By Side (Cliff Edwards cover) (on piano)
27. Almost Blue (Elvis Costello & The Attractions song) (on piano)
28. My Funny Valentine (Rodgers & Hart cover) (on piano)
29. (What's So Funny 'bout) Peace, Love and Understanding (Brinsley Schwarz cover) (with Larkin Poe)

実に渋いステージでした。コステロが自身の半生をステージのスクリーンに映し出された写真と共に振り返り、アコギ一本、ピアノで弾き語りするスタイルでして、後半は「Larkin Poe」と云うアメリカ人の女性ユニット(拙い英語の聞き取りだとジョージア州出身と言っておりました)との共演。
ドラムセットもベースも無し。シンプルですが物凄い引き込まれてしまいました。
中盤には客席にコステロが降りて、会場中を歩き回るサービス精神旺盛な62歳のコステロ。

唯一残念だったのが、座席後方にいた迷惑な客が奇声を上げ続け、大ヒンシュクを買っておりました。
本当に空気の読めない歓声は邪魔でしかありません(怒)。

18:30に前座のLarkin Poeの演奏が始まり、終わったのが21:30。
長かったですが素敵なライブでした。翌日の7日は「Mystery Dance」「Man Out Of Time」「Veronica」「Beyond Belief」を中心に日替わりセトリを展開。五月蠅い客も居らず快適に観劇できました。
両日出待ちをしようと目論んでいたんですけど、会場が学校内という事もありコステロにサインを貰うことはできませんでした(´・ω・)

お土産Tシャツ。
c0166634_1854376.jpg

さぁ、夏も終わり。次はQueenです。
# by ryo_1989 | 2016-09-10 18:57 | Live!Live!Live! | Comments(4)
色々批判されていたアジカンの新作、ようやく聴くことができました。
c0166634_23201762.jpg

「政治的な歌詞が...」などとネット上で叩かれておりましたが、特別に気にはなりませんでした。
しかし、気になったのは楽曲のクオリティの方。
勿論カッコいい曲もあるのですが、ほとんどの曲に正直まだピンと来ません。
リードトラックの「Easter」も聴き終えた後、あまり印象に残らず...駄曲が無い気もするのですが...
恐らくアジカン恒例の「スルメ盤」なんだと思うことにします。聴き込みが足らないかな。

しかし、コレ聴いてゴッチのソロ聴く気にはなれないなぁ。中古で安かったら話は別ですが。
『君繁ファイブエム』のような衝撃的な作品を待つばかりです。
# by ryo_1989 | 2016-08-26 23:26 | 買ったCD | Comments(2)
先週末、6枚の7inchと一緒に買ったのがジャネット・ジャクソンの『オール・フォー・ユー』。
c0166634_22473013.jpg

自分が音楽を聴き始めた時期に新譜としてリリースされていたアルバムで、当時物凄く欲しかったのですが、それから15年近く経って¥100で入手(笑)。

さて、中身ですが2000年代初期のオーソドックスなR&Bって感じなんですけど16曲目からガラッと雰囲気が変わり素晴らしい展開に。特に「Someone To Call My Lover」って曲がとんでもない名曲でして。


実に爽やかなナンバーで、この1曲だけで元取れた感があります。
ブックオフの¥280棚の定番になっているのが悲しいですが...
# by ryo_1989 | 2016-08-25 22:52 | 買ったCD | Comments(0)
今年で大好きなバンド「THE COLLECTORS」がデビュー30周年を迎えます。
長いキャリアの間にかなりの枚数作品をリリースしてますが、全て買い揃えました。ライブももう7~8回観に行ってるんじゃないかな。そんなコレクターズの90年から99年までのアルバム、デフジャケットでボートラ付きの紙ジャケでリイシューされてるんですよね。この時代のアルバムはどれも名盤なのですが、先日御茶ノ水ユニオンで特に好きな『MIGHTY BLOW』を¥900で発見。この値段ではなかなか見かけないので即購入決定です。
c0166634_22181338.jpg

収録されてる楽曲はどれも良い曲なのですが、1曲目の「クルーソー」は日本のロック史にしっかりと刻まれるべき名曲。YouTubeで音源を探したのですが見つかりませんでした(泣)。
オリジナルは全10曲ですが、ボートラが何と7曲も入っていてコレクターズマニアには堪らない構成になってます。結構あちこちのユニオンでも見かけるので(旧規格でも十分!)聴いて頂きたい。とにかく孤独な人が聴くと自然と勇気が出てくるアルバムです。
# by ryo_1989 | 2016-08-24 22:24 | 買ったCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo