<   2015年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

今日、神保町ユニオンに寄って¥100コーナーを物色するとユーミンのLPが4枚!
しかし、CDで買ってしまった『NO SIDE』とkassy63さんに頂いた『リインカーネーション』と既に持ってる『昨晩お会いしましょう』の3枚...が!よく見ると『DA・DI・DA』を発見!!!

c0166634_1934787.jpg

帯も綺麗だし、盤面も傷ナシ!
帰ってきて聴いて、その内容の素晴らしさに更に感動!

「もう愛は始まらない」で切なく始まったと思ったら、「2人のストリート」でもう名盤の匂いプンプン。
A面の「BABYLON」「SUGAR TOWNはさよならの町」も勿論良いんだけど、個人的にB面です!
B面、完璧な出来じゃないですか!
「メトロポリスの片隅で」も名曲だし、何と云っても「月夜のロケット花火」。ミドルテンポのゆったりしたナンバーに心躍ります。「シンデレラ・エクスプレス」もメロディーが良くて、「いやぁ...やっぱユーミンすげぇわぁ...」と。
「青春のリグレット」で盛り上げて、「たとえあなたが去って行っても」で〆るアルバムの構成も完璧。

正直、荒井時代を除いて一番好きな作品かも。
ただ、まだまだ聴いてないユーミンのアルバムが多過ぎるので、引き続き掘り出してみます♪
by ryo_1989 | 2015-10-31 19:14 | 買ったLP | Comments(2)
相変わらず乃木坂大好きオジサンでございます。
NEWシングル、勿論全タイプ購入です。

c0166634_0163271.jpg

今回は表題曲、カップリング、共に良曲がズラリと揃いました。
特に「何度目の青空か?」を想起させる「今、話したい誰かがいる」は大名曲。


カップリングではアンダーメンバーが歌う「嫉妬の権利」とまさかのクラブサウンド「ポピパッパパー」がお気に入り。生写真ではまいやん(白石麻衣ちゃん)と生ちゃん(生田絵梨花ちゃん)を当てるヒキの良さ。
c0166634_10284328.jpg

今年は流石に紅白行けるでしょ!
25歳のオジサンは、これからも乃木坂を応援し続けます!
by ryo_1989 | 2015-10-31 10:30 | 買ったCD | Comments(2)
チバユウスケ率いるThe Birthdayの新譜がリリースされました。

c0166634_1075083.jpg

シングル「I KNOW」「MOTHER」から予想は付いていたものの、ゴリゴリのR&Rサウンド。
とんでもなく骨太で、カッコいいっちゃあカッコいいのですが、もうちょっとポップな要素が欲しかったかな。
要はキャッチーな曲がほぼ無いのが、あまり気に入らない原因で。
フジイのギターの良さが出るのって、メロディアスなフレーズですからねぇ...

とは言え、1年ちょっと振りの新譜、まぁまぁ楽しんでます。
「SOMBREROSE」が一番気に入ってる曲かな。チバの歌心が前面に出た名曲だと思います。

ただ、次はちょっと路線をシフトして欲しいかな...『I'M JUST A DOG』の衝撃よ、もう一度!
by ryo_1989 | 2015-10-30 23:59 | 買ったCD | Comments(0)
最近、頻繁に『ペット・サウンズ』を聴いている。理由はよく分からない(苦笑)。
c0166634_64284.jpg

今までは「素敵じゃないか」と「God Only Knows」ばかりだったが、最近はコレ。

ちなみに誰も興味無いですけど、女性のヘアスタイルはロング派です(笑)
オー、キャロライン、ノー♪
by ryo_1989 | 2015-10-29 06:07 | Favorite Tune | Comments(4)
息苦しくて寝られない夜が続いております...
幸い仕事に支障はきたしていないものの、息苦しさと戦う毎日です。
漢方も試していますが、即効性のあるモノではありませんからね。
今は耐えるべき時なのでしょうか。
小さい頃から小児喘息を患っていたので、ストレスが弱い部分に出ているだけか...
病院で呼吸器を調べましたが異常ナシ。
もしかして自律神経が狂っているのか...サッパリ分かりません。
c0166634_615134.jpg

by ryo_1989 | 2015-10-28 06:15 | ひとりごと | Comments(11)
10月いっぱいで「アイドリング!!!」が解散(正確には全員卒業)します。

あ、本文のタイトルはアイドリング!!!卒業メンバーを送る際の定番曲。
説明無しだとイタ過ぎますね(苦笑)。

48G以外で唯一現場に足を運んだアイドルグループでした。
ありがとう、アイドリング!!!


by ryo_1989 | 2015-10-28 00:58 | 音楽の話題 | Comments(0)
「奇才」志摩遼平、またしても傑作を生み出してしまいました...

c0166634_081640.jpg

「ドレスコーズ」こと志摩遼平の新作です。
元グラムロックバンド「毛皮のマリーズ」のフロントマンとは思えない極めてポップな音ですが、とにかく一曲一曲のメロディが素晴らしい!
バンドメンバーを全員辞めさせ一人になった志摩が活き活きとしております。
特に「メロウゴールド」、これが大名曲。ちょっと草野正宗風なメロディが心地良いです。

結局、志摩がやりたかった音ってひたすらポップな音だったんでしょうね。
マリーズ時代のギラギラなグラムサウンドを捨て、シンプルで聴きやすいメロディを作りたかったんだと。
某通販サイトではあまり評価が高くありませんが、自分は支持します。
やはり、志摩遼平は凄いソングライターです。

しかし、ここへ来て、まさかここまでポップな音造りをするとは思わなかった...
「贅沢とユーモア」のスタジオライブ映像があったので、貼っておきます。これも名曲です。


by ryo_1989 | 2015-10-28 00:17 | 買ったCD | Comments(0)

『Ghost Stories』 / Coldplay

個人的に、ここ数年で発表された美しいアルバムの代表として、Coldplayの『Ghost Stories』が挙がります。

c0166634_1555493.jpg

最近、ダイエットの為に夜散歩をしているのですが、雲の無い星が見える日に空を眺め歩きながらコレを聴いていると本当に泣きそうになってしまいます。

確かにポップで聴きやすいColdplayも良いんですけど、この作品は聴き通すと、まるで一本の映画を観ている感覚に襲われます。「Always In My Head」~「Oceans」まで貯めに貯めて、「A Sky Full of Stars」で一気にクライマックスへ。ラストの「O」が鳴り響く辺りでもう号泣寸前。
1曲1曲は地味なんですが、アルバム一枚で1曲と捉えて頂きたい。

ハッキリ言ってColdplayの最高傑作は間違いなくこのアルバムです。
『Viva La Vida』もキャッチーで良いんですけど、もうこのドラマチック性には勝てませんよ。
クリス・マーティンが作る45分の物語、是非とも味わっていただきたいです。
(歌詞は自分でも聴きとれるレベルの簡単な英文ですので、輸入盤でも十分だと思われます)
by ryo_1989 | 2015-10-27 02:10 | 聴いたCD | Comments(2)
疲れた時に聴くトラッド/フォークは沁みます...
Fairport Conventionの2ndは大好きなアルバムです。

c0166634_142172.jpg

ここからサンディ・デニーの出番となります。ホントに澄んだキレイ歌声に癒されます。
そして、何と云ってもリチャード・トンプソンのキレキレなバグパイプギター。これはもう「トラッド」ではなく「ロックンロール」なギターなんです。2曲目の「Mr Lacey」なんて完全に土臭いロックンロールナンバーですからね。
そしてディランの「I'll Keep It With Mine」をサラッとやり切ってしまう辺りも彼らの度量の大きさを感じます。

「Meet On The Ledge」は彼らの代表曲。ホント、良い曲です。


でもやっぱり、フェアポートはまだまだ聴き込みが足りてませんな。
UKトラッドは奥が深過ぎて、まだまだ勉強中であります。
by ryo_1989 | 2015-10-26 23:59 | 聴いたCD | Comments(0)
ちょっとバタバタしておりました。久々のまとめ更新です。
...とはいえ、最近はいつもの勢いに比べCDを買ってなくて(いつもが買い過ぎなんです:苦笑)聴いたCDの感想文記事がちょっと多めになるとかならないとか(笑)。

昨日はコレを聴きながら寝ました。

c0166634_1194940.jpg

エルトン・ジョンの『ピアニストを撃つな』。懐かしいなぁ、初めて買ったエルトンのアルバムです。
「ダニエル」と「クロコダイル・ロック」ばかり取り上げられがちですが、他にもいっぱい良い曲入ってます。
歌詞は気持ち悪いけど(苦笑)「僕には先生が必要」なんてなかなか良い曲ですし、いつもに増してブルージーなエルトン先生を堪能できます。
大好きなドラマー、ナイジェル・オルソンのタイトなプレイも必聴です。
ポップな曲よりも渋めなナンバーの方が多めかな。

そういえば、今度エルトン先生来日しますね。チケット代の高さに呆れ気味ですが。
by ryo_1989 | 2015-10-25 23:59 | 聴いたCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo