<   2015年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

すっかり秋めいてきましたね。一年も残り3ヶ月、本当にあっという間です。
秋になると毎年聴きたくなるのが「Travis」。特に『インヴィジブル・バンド』はジャケも相まって、秋のヘビーローテーションと化しております。

c0166634_47507.jpg

先日記事にした「Teenage Fanclub」と同じグラスゴー出身のUKロックバンド。
アコースティックで優しいメロディーに癒されるんですよ。
特に好きなのが5曲目の「Flowers In The Window」。


正に21世紀のソフトロック。心から名曲だと思えます。

...とここまで書いたところで昨日から続く鼻炎が酷くなってきました(苦笑)。
もうちょっと寝て行ってきます。
by ryo_1989 | 2015-09-30 04:14 | 聴いたCD | Comments(8)
c0166634_572586.jpg

驚きました...キースの23年ぶり(!)3枚目のソロアルバムが発売されました。

正直、『メイン・オフェンダー』でキースのソロはもう最後と思ってましたから。
評判なんか関係なく、即決で買ってしまいました。

聴いてみて、さらに驚き。これ、キースのソロでの最高傑作です!
年期の入った渋いボーカルと味わい深い楽曲...
もう「カッコいい」以外の言葉が出てきません。
このアルバムばかりは、文字で書き起こすのが馬鹿らしくなるのでとにかく聴いて頂きたいです。

ちょっと失敗したのが、タワーで買うと先着でカッチョいいポスターが特典で付いてきたみたい。
自分が買う頃には売り切れてました...むぅ。
by ryo_1989 | 2015-09-29 05:15 | 買ったCD | Comments(4)

『MOONGLOW』 / 山下達郎

昨日はスーパームーンを拝める特別な日。
「月」にちなんで、コレを聴きながらお月様を眺めていました。

c0166634_458512.jpg

達郎さんの『MOONGLOW』。2年前に買ってから愛聴しているアルバムです。

いきなり多重録音アカペラナンバー「夜の翼」から掴みはOK!
続く「永遠のFULL MOON」は達郎さんの長いキャリアの中でも、燦然と輝く大名曲だと思います。
録音が素晴らしいんですよね、音にこだわる達郎さんらしいサウンドです。
バックコーラスの吉田美奈子さんの声が妙に色っぽいです。
「RAINY WALK」のベースは細野晴臣さんだし、バックが妙に豪華。

アルバムで一番好きなのが「SUNSHINE−愛の金色−」。
見事なポップソングでひたすら明るいメロディーにウキウキしてしまいます。

達郎さんのカタログの中でも地味な扱いをされていますが、実は『FOR YOU』よりも好きです。

最近、毎週日曜日に「サンソン」を聴いてます。心から音楽が好きなアーティストなんだなぁ...と。
by ryo_1989 | 2015-09-28 23:59 | 聴いたCD | Comments(4)
今日は休みでしたが、出掛けず最近買ったCDを聴き込んでいました。
ここ数日はほぼFacesか聖子さんですね。今度の水曜日にはビル・エヴァンスが大量に待ち構えていますが。

『Silhouette 〜シルエット〜』、期待にそぐわず、最高に素敵なアルバムでした。

c0166634_2140583.jpg

このアルバムには「チェリーブラッサム」と「夏の扉」と云う二大有名曲が収録されていますが、「チェリーブラッサム」はあまり聴いてこなかった楽曲だったので、とても新鮮に感じましたね。
作品全体から漂ってくるポップで明るい雰囲気が、聴いていてとても心地良いです。
ここから松本隆先生の詩世界が広がっていく訳ですが、「はっぴいえんど」時代では考えられないキュートな歌詞に松本先生の懐の深さを感じます(ただ、まだほぼ全曲が三浦徳子さん作詞ですが)。

アルバム曲で好きなのが、その松本先生作詞の「白い貝のブローチ」。可愛らしい曲です。
ジャケットと共に、ひたすら可愛らしい聖子ワールドにうっとりしていた日曜日でした。
by ryo_1989 | 2015-09-27 21:48 | 買ったCD | Comments(6)
Base Ball Bearは現在三作立て続けに“エクストリーム・シングル”と銘打ち、CD2枚組のシングルをリリースしています。今日記事にするのは、その第二弾。

c0166634_0151044.jpg

1枚は新曲「文化祭の夜」。ダンサブルでファンキーなナンバーでとても気に入っています。
肝は2枚目の最新アルバム『二十九歳』の全編ボーカルレスのインスト盤。
小出氏のボーカルが無くても十二分にカッコ良く、ベボベの演奏力の高さを実感できます。
特にベース関根嬢のブリブリとしたプレイは一聴の価値アリ。
10月には第三弾をリリース予定です。

11月にリリースされる新しいアルバムが楽しみで仕方ありません。
by ryo_1989 | 2015-09-26 23:59 | 買ったCD | Comments(0)
The FacesのリマスターBOX、買ってしまいました!

c0166634_233145.jpg

今、ボーナスディスクを聴いていますが、かなり良い音!
某通販サイトのレビューによると1st,2ndの音質も格段に良くなっているそうです。
無理して紙ジャケ買ってなかったのが、思いがけず吉と出たようです。

実は今月、Facesがロッドのボーカルで一夜限りの再結成をしていたんですね。
ロッドの声は衰えてしまってますが、ロニーが弾いてケニーが叩いてるのがこんなにも嬉しいとは。
本当はマック存命中に実現して欲しかったのですが...
by ryo_1989 | 2015-09-25 23:08 | 買ったCD | Comments(2)
毎年、彼岸が過ぎて秋に移り変わる頃に繰り返し聴くのが、フジファブリックの「赤黄色の金木犀」。

c0166634_20135695.jpg


この曲でボーカルを取っている志村正彦は、もうこの世におりません。
2009年のクリスマスイブに亡くなりました。死因は不明とされてます。病気か自殺か...残念でなりません。

フジファブは2004年から2005年にかけて「春夏秋冬」をテーマにシングルを4枚リリースしました。
で、「秋」のシングルがこの「赤黄色の金木犀」。
とても良い曲ですが、志村の事を考えると聴く度に切なくなるのです。

ちなみにフジファブは現在もギターの山内氏がボーカルに回り活動中です。
by ryo_1989 | 2015-09-24 20:15 | Favorite Tune | Comments(0)

「夏の扉」 / 松田聖子

只今、帰って参りました。途中水曜日恒例のタワー巡回を終えて。
今日は聖子さんの『シルエット』と大滝さんのCMソング集。まとめ買いで相当安く入手できました。

その『シルエット』に収録されている「夏の扉」。
家に帰るまで我慢できず、電車の中YouTubeで鑑賞。実に可愛らしい。

c0166634_1957243.jpg


今から『シルエット』を聴こうかと。楽しみです。
by ryo_1989 | 2015-09-23 19:57 | Favorite Tune | Comments(4)

『Either/Or』 / Elliott Smith

ニック・ドレイクと並び、個人的に歌詞を読み感銘を受けたSSWがエリオット・スミス。
1994年にデビュー。アルバム5枚をリリースし、最後は自らの手であの世へ逝ってしまいました。
自殺したアーティストは数多くいますが、エリオットの場合は作風も相まって、聴いていると本当に涙がポロポロとこぼれそうになることも多々あります。

そんな彼の3枚目のアルバム『Either/Or』。名盤です。

c0166634_18422323.jpg

この次のアルバム『XO』は割かしポップで聴きやすいのですが、コレはひたすら重い。暗い。
ただ、「一人ビートルズ」とも称されるサウンドは非常に美しいです。
特に最後の「Say Yes」。


ロック史上に燦然と輝くアコースティックバラードだと思っています。
中古だと安くなっているので、是非とも聴いて頂きたいアーティストです。
by ryo_1989 | 2015-09-22 18:46 | 買ったCD | Comments(6)
聖子さんキッカケでまたナイアガラを聴き込んでいます。
先月買った、『GO!GO!NIAGARA 30th Anniversary Edition』。これが非常にお気に入りになってます。

c0166634_1663290.jpg

こちら、"大滝さんがラジオ番組をやってみたら..."のコンセプトの元、1976年に発売されたオリジナルアルバムに、30周年仕様で1996年リミックス・マスターをボーナストラックで追加したCDです。
某通販サイトではレビュー数があまり多くないのですが、正直『ナイアガラ・ムーン』よりも好きな作品。
"音楽の趣味は人それぞれ!"と歌ってくれた「趣味趣味音楽」、今の自分の心境にマッチしてしまった(苦笑)「こんな時、あの娘がいてくれたらナァ」、コミカルな「針切り男」、正統派大滝サウンドな名曲「ニコニコ笑って」などなど、聴き処満載。
おそらく1996年リミックスがあまり面白みに欠けるのがレビュー数の少なさに反映してるのかもしれませんが、聴いていて楽しい気持ちになれます。

しかし、大滝詠一さんは偉大な作曲家。次はCMソング集を聴いてみたいと思ってますが、いつになることやら。
そうえいば、大滝さんが亡くなって終結すると思われていたナイアガラ企画盤ですが、シュガーベイブの40th盤が山下達郎さん監修の元、リリースされましたね。アレは驚きました。初めてCD化された時のは持ってるんですけど、興味津々です。
by ryo_1989 | 2015-09-21 16:15 | 買ったCD | Comments(6)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo