<   2015年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

モーモールルギャバンの新譜、『シャンゼリゼ』。

c0166634_22575719.jpg

悪くはないけど、実にモーモーらしくないサウンド。
もう「悲しみは地下鉄で」「コンタクト」レベルの名曲は望めないのかなぁ...
聴き込めば印象も変わってくるかもしれないけど、地味過ぎてなぁ...

ただメロディーはなかなか秀逸な曲もあって、「まだまだ追いかける価値はあるな」と。
なんか大人になりましたね、良い意味でも悪い意味でも。
とにかくもう少し聴き込んでみます。ちょっと志村存命時のフジファブリックみたい。


by ryo_1989 | 2015-06-30 23:01 | 買ったCD | Comments(0)
ラモーンズで一番好きな曲。


本当に好きで、何回聴いたか分からない。短いから本当に何回聴いたか分からない。

ラモーンズは一回聴き始めると病的に止められないから、朝起きてから夜寝る直前まで聴くことも多々ありますね。自分は3rdアルバム『Rocket to Russia』が最高傑作であると思ってます。「どれ聴いても同じ」ようで、かなり違う所がたまらなく好きです。
by ryo_1989 | 2015-06-29 21:43 | Favorite Tune | Comments(0)
4thの『14番目の月』。もうクドイですけど、「荒井」時代に駄作ナシ。名盤です。

c0166634_21293438.jpg

これ、買う時少し勇気のいるジャケットでした(自意識過剰ですが:苦笑)。

楽曲に関しては「さざ波」が一番好きです。本当に地味なんですけど、あの魅力的なメロディーにヤラしまいます。表題曲のアップテンポなサウンドも聴いていて心地良いので、大好き。
「中央フリーウェイ」は一般的に評価が高いのですが、自分はちょっとピンと来ないかな。

なんでしょう、この作品は楽曲単位でなくアルバムとしての完成度が非常に高いと思っていて、全編通して聴かないと気が済まないレコード。そういう意味では「荒井」時代の"最高傑作"と云っても過言ではないかもしれません。これからの季節、このサウンド合うんですよねぇ(笑)。
by ryo_1989 | 2015-06-28 23:59 | 聴いたCD | Comments(6)

『COBALT HOUR』 / 荒井由実

ユーミンの3rdアルバム『COBALT HOUR』。これも結構好きな曲が多いのです。

c0166634_21205176.jpg

1曲目の「COBALT HOUR」~名曲「卒業写真」...もうこれで勝負アリ(笑)。
この2曲はとにかく鈴木茂さんのギターが大好きで、地味ながらも確実にサウンドの肝であると思います。
「卒業写真」のギターソロ、本当に名演ですよね。

「ルージュの伝言」はそこまで好きじゃないのですが、名曲であることには変わらないし、これまた名曲「雨のステイション」もたまりません。ジャケットとは似つかない渋い楽曲が揃ってますが、相変わらず捨て曲なんて見当たらないし、初めて聴いて7,8年経つけど飽きないんですよね。

最近、荒井由実ばかり聴いていて、今日中古屋で買ったのがキャロル・キングの紙ジャケ。
何か女性SSWに癒されっ放しなのであります、とほほ。
by ryo_1989 | 2015-06-27 23:59 | 聴いたCD | Comments(0)
最近、またU2のアルバムを聴き返しています。
今まで初期を聴く機会が多かったのですが、2000年以降のアルバムがたまらなく好きになってきまして。
『How to Dismantle an Atomic Bomb』は大傑作ですね。

c0166634_7491736.jpg

1曲目の「Vertigo」は、確かiPodのCMで使われていたような記憶がありますが、U2史上最も分かりやすいオープニングナンバー。とんでもないキャッチーさです。


更に「Miracle Drug」~「Sometimes You Can't Make It On Your Own」と名曲が続きます。
個人的にアルバムで一番好きな曲が「City Of Blinding Lights」。


これまた、夜のニュース番組で使われていたような(うろ憶え)。

とにかく全曲ドラマチックで洗練されたサウンド。
もしかして『アクトン・ベイビー』よりも好きかも...と思い始めました。
by ryo_1989 | 2015-06-26 23:59 | 聴いたCD | Comments(0)
以前記事にしたJ-POPのバンド、「Galileo Galilei」のNEWシングルを入手しました。

c0166634_7383640.jpg


今回は意外にもスローなナンバーで攻めてきました。
今までアップテンポで疾走感のある楽曲が多かったので、少しビックリ。
ただ、ちっとも悪くないし逆にクセになります。
カップリング2曲は凡作に思えますが、表題曲は良い出来です。
一応DVD付きの限定盤を買っちゃいました。次のアルバムは割かし分かりやすいサウンドかも。
by ryo_1989 | 2015-06-25 23:59 | 買ったCD | Comments(0)
前々から欲しかった、はっぴいえんどのベスト盤をようやく聴くことができました。

c0166634_22262028.jpg

収録曲
1. はいからはくち
2. 風をあつめて
3. 抱きしめたい
4. 12月の雨の日
5. 氷雨月のスケッチ
6. 風来坊
7. 花いちもんめ
8. 夏なんです
9. 飛べない空
10. 春よ来い
11. さよなら通り3番地
12. かくれんぼ

「はいからはくち」は小坂忠さんがコーラスで参加した別テイク。鈴木茂さんのギターにファズがかかってて、非常にサイケデリックな仕上がり。「かくれんぼ」はライブ音源が使用されていて、こちらも細野さんのベースがブイブイ唸ってて非常にカッコいいです。
オリジナルアルバムは3枚しかないけど、なんとなくはっぴいえんどのサウンドを把握したかったらこのベスト盤がお勧めです。

個人的に夏は、はっぴいえんどの季節。『風街ろまん』フル回転まであと少しとなりました。
by ryo_1989 | 2015-06-24 22:30 | 買ったCD | Comments(2)
もう原盤に拘らずに、アナログで欲しかったキャロル・キングの『つづれおり』。
たまたま寄った神保町のユニオンで安く手に入れることができました。

c0166634_2224789.jpg

しかし、なんて素敵なレコードなんだろう...何回聴いてもそう感じます。
特に1~4曲目までは、ポピュラー音楽史において稀に見る奇跡的な流れ。
「I feel the earth move」~「So far away」~「It's too late」~「Home again」...
初めて聴いたのは中学三年の夏だったけど、未だに新鮮に感じます。

ただ、このアルバムは大分マシなんだけど、キャロル・キングの全盛期のレコードって録音が悪いんだよな。
リマスターしても改善されない音って絶対あると思うから、そこは残念です。
まぁ、「味」と云ってしまえばそうなんですけどね(苦笑)。
by ryo_1989 | 2015-06-23 22:31 | 買ったLP | Comments(2)
ELOのLP、コツコツ集めております。
CDで既に聴いている作品も、改めてじっくりと聴くことが出来て新鮮であります。
自分が最初に買ったELOの作品がコレでした。

c0166634_0542998.jpg

『Time』。御多分に漏れず、ドラマ「電車男」のテーマ曲「Twilight」が聴きたくて買ったのです。

しかし、これまたとんでもないクオリティ。ここまで良かったっけ!?
捨て曲が1曲も無い、素晴らしいコンセプトアルバムですよね。
ジェフ・リンの才能にはひれ伏するばかりで御座います(笑)。
LPだとボーナストラックが無いので、より作品そのものが味わい深く感じます。

で、LP聴いた後にCDで聴くと、また違って聴こえるから不思議。
by ryo_1989 | 2015-06-22 00:59 | 買ったLP | Comments(4)
昨日は久々にブランキー・ジェット・シティの『METAL MOON』を聴いたのですが、やはり何度聴いても1曲目の「おまえが欲しい」の歌詞が凄すぎる...

c0166634_044494.jpg

「神様 あなたは純粋な心を持っていますか
こんな事を聞いたこのオレにあなたはバツを与えますか
信じるって一体どんな事なんだい
オレは何も信じてなんかいやしないぜ

I Want You, Baby オレが死ぬまで
ずっと一緒にいてほしいだけさ
I Love You」

たった数行のフレーズででこんなにも衝撃を与える曲、コレ以外に聴いたことありません。
勿論サウンドも抜群にカッコいいですし、ブックオフで¥500で並んでますから是非是非。
6曲収録のミニアルバムですが、日本のロック史上に燦然と輝く名盤だと思ってます。
by ryo_1989 | 2015-06-21 23:59 | 聴いたCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo