<   2014年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

拙ブログに今年も多くのアクセス、本当にありがとうございました。

今年は非常に辛い事も多かったけれど、収穫のある一年でした。

僕の音楽ライフ的には、12月の終わりに遂にアナログライフがスタートした事が一番大きいかな。

それでは、皆様良いお年を。来年も「Life On The Road」をよろしくお願い致します。

ryo
by ryo_1989 | 2014-12-31 09:52 | 日記 | Comments(14)
c0166634_20564730.jpg

実は、CDでも聴いてなかったボスの名盤。
やっぱり、無茶苦茶カッコいいです。
じっくり聴くと、佐野元春や尾崎豊が影響受けたのが丸わかりなのも、趣ありますね。
特に尾崎の「シェリー」は、「Sherry Darling」から来てるのかなぁ...なんて。
残念ながら日本語訳の歌詞カードが入っておりませんでしたが、高校レベルの英語読解能力を頑張って引っ張り出し、自分なりに唄のストーリーを追いかけるのもまた良し。

やはり、アナログは集中して聴けますね。
ステレオの前に正座して聴いちゃう感覚、かなり分かってきました。
by ryo_1989 | 2014-12-29 21:00 | 買ったLP | Comments(0)

『History』 ¥329 / America

c0166634_21204286.jpg

実は持ってなかったので、レコードで。
コレ、ジョージ・マーティンがプロデュースしてたんですね。どうりでビートリーな訳だ。
特に好きなのは「ヴェンチュラ・ハイウェイ」。爽やかなハーモニーが心地良いです。
他にもベスト盤だから当たり前ですが、良い曲しか入ってません。
まさに『アメリカの歴史』。

ディスクユニオン、メンバーズカード制になって購入履歴が残るようになりました。
これは有り難いなぁ、どんだけ散財したか一目瞭然って云う(苦笑)。
by ryo_1989 | 2014-12-28 21:24 | 買ったLP | Comments(2)
年の瀬ですねぇ、何故か今年は妙にクリスマスと正月を意識してしまう師走です。
相変わらず安レコハンターへの道をひた走っており、今日は土曜日ということでレコハン。
午前中に池袋で2枚、午後に中野で3枚。それでも合計¥3,000いってないって云う(笑)。

まずは、プリファブ・スプラウトの1stが¥340。勿論CDで所有してますが、アナログで聴きたくなりました。

c0166634_1746840.jpg

こうやって、じっくりと作品に向きあうと、パディ・マクアルーンの天才っぷりをまじまじと感じます。
また、パディに隠れがちですがバックの堅実なプレイも聴き所だな...と。
いやぁ、スミスに通じる爽やかな深さ。実にカッコいいです。
ジャケット、よく見たらパディの顔(?)なんですね。デカいジャケで見てようやく気付いた(笑)。
by ryo_1989 | 2014-12-27 17:49 | 買ったLP | Comments(0)
CDでは入手し辛い音源が、驚きの価格で聴けるのもLPの良い所でしょうか。
ツイストの1st、CDは廃盤ですが、LPだと¥100です(笑)

c0166634_2452821.jpg

すんげー、カッコイイです。こんなイカしたバンドが日本に存在したことが誇らしい。
シンプルながら、タメの効いたロックンロールは聴いていてカタルシスを感じます。
ベースラインもポップで、キャロルに似たサウンドですかね。
とはいえ、世良さんのシャウトはグッと心にクルものがあります。
イケメンですね~、帯までしっかり付いていて¥100ですから、ホントにレコードライフを満喫しています。

年末年始は仕事が納まれば、セールが待っていますね。
レコードセール、初参戦しようか検討中。
by ryo_1989 | 2014-12-26 02:50 | 買ったLP | Comments(6)
今日は仕事が休みでしたので、kassyさんに教授して頂いたレコードクリーナーと安レコを求め、旅に出ました。まずは、高田馬場で旧規格盤を売り散らかし、資金確保。次に秋葉のヨドバシで無事クリーナーを買い、帰りにまたもや馬場のユニオンでコチラを購入。

c0166634_1931710.jpg

実質イアン・ハンターが抜けた後のMott The Hoople、ブリティッシュ・ライオンズの1st。
メンバーは、
Morgan Fisher — piano, Hammond organ, Korg synthesizer, davolisint
John Fiddler — guitar, vocals
Dale "Buffin" Griffin — drums
Ray Major — guitar, vocals
Pete Watts — bass, vocals
とクレジットされております。

まぁ、シンプルなR&R中心で非常に聴きやすいですね。
コレと言って難しいことはやっていないのですが、「ハンターさん抜けてもヤレるじゃん」...と。
クリーナー効果もあったのか、低音の豊かな「盤質B」でした。
by ryo_1989 | 2014-12-25 19:35 | 買ったLP | Comments(0)
国内盤ではあるものの、CDとはジャケットが違うコレを入手。
安レコなのに、嬉しいです。

c0166634_1332073.jpg

ストーンズの『Beggars Banquet』。

やはり、この頃のストーンズは無敵。
ガレージ、ブルース、サイケのごった煮ですが、ストーンズにしか作れないサウンド。
特に「Jig-Saw Puzzle」の過小評価ぶりには、ほとほと呆れております。
また、世界同時多発テロ9.11のチャリティーコンサートでミックとキースが披露した「Salt Of The Earth」はいつ聴いても泣けるなぁ...

そんな処で、サンタが来る前におやすみなさい。
by ryo_1989 | 2014-12-25 01:37 | 買ったLP | Comments(2)
最近リマスター盤が発売されたコチラですが、アナログの円やかな音で聴きたくて購入。

c0166634_2544138.jpg

これ、絶対過小評価されてると思うのです。
「バンド」としてのWingsの最高傑作だと。
デニー、リンダ、ジョーがそれぞれボーカルを取っておりますが、その楽曲自体が完成度が非常に高く、ポールのナンバーの邪魔になっていない。それどころか素晴らしいアクセントになっている。また、「Let 'Em In」「Silly Love Songs」は言わずもがなの大名曲。「Warm And Beautiful」は流石としか言いようがないし。

LPはボーナストラックが入っていないのが肝。
ボートラが邪魔に感じるCDリマスター盤も時たま在りますからね。
これでしばらくは、2CD最新リマスターは買わないつもりです。
by ryo_1989 | 2014-12-24 02:59 | 買ったLP | Comments(6)
決めました、安レコハンターになることにしました(笑)。
とりあえず買うレコードは値段3桁。今日から、買った安レコ感想文には値段も書いていこうかなと。
まず、第一弾はコレ!

c0166634_23194522.jpg

ドゥービーズの『ドゥービー天国』、100円でした。

泥臭くもポップな音が、レコードの丸く優しい音で非常に心地良いです。
「Black Water」は名曲中の名曲ですね。
「Another Park, Another Sunday」は隠れた秀曲、最高のメロディーライン。
ジャケットが大きいので、眺めながら聴くのも良し。片面20分ちょっとなので、ミニアルバム感覚で聴けてしまうので、飽きることはなさそうです。

アナログに出会えたことで、何か大袈裟ですが人生が豊かになった気がして仕方ないです。
by ryo_1989 | 2014-12-23 23:23 | 買ったLP | Comments(0)
c0166634_21424239.jpg

やっと、レコードプレーヤーを買うことが出来ました。
オーディオテクニカの9,000円のブツでして、LINEでスピーカーに繋いでいます。
c0166634_21434827.jpg

これでLPを聴くことが出来るようになりました。
早速、特価品のLPを購入。所謂「初レコ」はコレ。
c0166634_21444934.jpg

ヴァン・モリスンの『デュプロ・ハニー』。
針を落とした瞬間から、低音の豊かな響きにうっとりです。
これからはCDよりLPを買う機会が多くなりそう。
by ryo_1989 | 2014-12-22 21:46 | 音楽の話題 | Comments(24)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo