<   2014年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

先月、遂にジョージのアップルレコード在籍時のアルバムがリイシューされましたね。
一応、「2014年最新リマスター」と謳われております。
電子音楽盤2枚も織り込んだボックスセットも出てるとのことでしたが、とてもじゃないけど高価過ぎる。
散々迷って、すでにリイシュー済の『All Things Must Pass』と『Living in the Material World』をスルー。『Dark Horse』と『Extra Texture』をバラで購入することにしました。
で、まずは『Dark Horse』から。

c0166634_19275098.jpg

旧規格盤で死ぬほど聴いておりましたが、最新リマスターの出来...どうなんでしょう。
音圧は上がってますが、迫力に欠ける気もします。
まぁ、内容が良いのであまり気にしないことに(笑)。

主教色が強いとか、声が酷いとか。何故か全然気にしないで楽しく聴き込んできました。
ポップで良いじゃないですか!全曲!
出だしのインストから、超名曲「Far East Man」も含め大好きです。
ビートルズのメンバーのソロアルバムです、語り尽されてますし...もうとにかく素晴らしい!
...としか言えない(苦笑)。

ただ、一つ文句を付けるなら、輸入盤のコスパ的に仕方ないのは分かりますが、裸のディスクをパッケージして欲しくない(泣)。取り出した時に傷が何か所か。ステレオで聴いても音に問題はなかったので、まぁよしとしますが。
by ryo_1989 | 2014-11-29 19:36 | 買ったCD | Comments(6)

『実』 / FLOWER FLOWER

2012年を最後に活動休止を発表した「YUI」。
その「YUI」が「yui」となり、バンド「FLOWER FLOWER」のG.Vo.として帰ってきました。

c0166634_20087.jpg

正直、彼女をナメていたのかもしれません。
最早、「YUI」はそこに居らず、オルタネイティブロッカーになった「yui」の魂籠った作品。
「ポップ」という概念はほとんど無く、Sonic YouthやPixiesに完全に影響を受けているのだろうな...という作風です。このサウンド、一世を風靡した「J-POPアーティスト」としての彼女が好きなファンは受け止めきれないかもしれません。

ただ、ノイジーなオルタナサウンドは大好物。一回聴いて虜になりました。
聴けば聴く程、じわじわクル感じ。もう少し聴いて、出来を判断しようと思ってます。
by ryo_1989 | 2014-11-27 20:40 | 買ったCD | Comments(2)
今さらZEPリマスターに酔いしれております。

c0166634_22282958.jpg

「ごほっ」と咳き込み、ペイジのギターリフ...
もうこれだけで、何も言うことはないですよね。本当にカッコいい。

「Lemon Song」のジョンジー、「Ramble On」のパーシー、「Moby Dick」のボンゾ...
HR/HM好きでコレ聴いてない奴はニワカですな。

Disc2も良かったです。
ただ、「La La」を「未発表曲」って言うのかは分からないですが(苦笑)。
by ryo_1989 | 2014-11-26 22:33 | 買ったCD | Comments(2)
仕事が忙しくて、なかなか更新できませんでした(汗)。

お茶を濁すようですが、いきなり『初めて買ったCDアルバム』の話。
僕はコレでした。

c0166634_22554449.jpg

ビリー・ジョエルの『ニューヨーク52番街』。

あまりよく覚えていませんが、1,2,3曲目のヒットシングルラッシュに惹かれたのかな。
当時は訳も分からず、"売れていれば良い曲"って意識が高かったはず。
洋楽黎明期は、ビートルズでもストーンズでもなく、エルトンとビリーでした。

それでもこのアルバム、死ぬほど聴き倒しました。今聴いても最高にカッコいいのです。
by ryo_1989 | 2014-11-23 23:01 | 音楽の話題 | Comments(4)
イーグルスばかり聴いている毎日ですが、昨日の夜はジャズを聴いて寝ました。
Amazonで安かったので、700円くらいで買ったコレ。

c0166634_1971653.jpg

デイヴ・ブルーベックがディズニーソングをジャズ用にアレンジした名盤です。

「不思議の国のアリス」「星に願いを」「白雪姫」...
まるで最上級の待遇でディズニーランドに招待されたような気分になれますよ♪
1曲1曲、短めのナンバーが続くので、サクサク聴けますし。
今回買ったのは旧規格盤ですが、音圧も高く大満足。
ジャケットのデイヴ・ブルーベックも笑顔で素敵だなぁ(笑)。

先週末、タワレコでコレのリマスター盤が売ってましたけど、どれくらい音質UPしてんだろ。
by ryo_1989 | 2014-11-19 19:10 | 買ったCD | Comments(0)
今まで、リマスター盤&旧規格盤&紙ジャケ...バラバラだったレコしか持ってなかったので...
御茶ノ水ユニオンにて、遂に購入!!!

c0166634_22252798.jpg

コレにスタジオアルバム6枚。
c0166634_22275249.jpg

簡単に聴けるので、しばらくイーグルス祭です(笑)
by ryo_1989 | 2014-11-15 22:29 | 買ったCD | Comments(6)
期待し過ぎたのかなぁ...

c0166634_09350.jpg

「ゲスの極み乙女。」のメジャー1stアルバム。
以前のミニアルバムがどちらも良かったので、期待してましたが...

悪くない、悪くないんだけど印象に残らないんだよなぁ。
所謂キラーチューンもないし、とっ散らかった印象しか残らない。
これで、内容が濃かったら、これからも聴いていこうと思っておりましたが。

ただ、「デジタルモグラ」と「サリーマリー」は佳曲だと思います。

あ、ほないこか嬢のドラミングは流石でした(笑)。
by ryo_1989 | 2014-11-14 00:12 | 買ったCD | Comments(4)
仕事のような勉強、勉強のような仕事。頑張らないといけませんね。
合間合間にCD聴きながら、頑張ります。

って、どうでもいい近況報告を綴りながら、久々にバチッとハマる作品を聴いています。

c0166634_22514041.jpg

The Doobie Brothersの『Takin' It To The Streets』。

個人的にマイケル・マクドナルドが大好きなので(叔父の影響)、彼の音楽要素を存分に含んでいる『Minute By Minute』なんかは堪らないのですが、この『Takin' It To The Streets』はトム・ジョンストン(パトリック・シモンズ)の要素もほんの少し(苦笑)混じった、良い意味でカオスな作風。

ソウルフルなマイケル・マクドナルドとパトリック・シモンズの渋い歌声。
楽曲がどれもドラマチックに感じるアレンジを施してあるのが、ポイントだったりします。
飛び抜けたキラーチューンこそ無いものの、ダンサブルでついつい横ノリしながら聴いていたり...

初期のドゥービーズとは180°違う音楽性ですが、コレはコレでアリ。
...いや、コレはアリ。

ただ、「Long Train Runnin'」や「China Grove」のテイストは皆無です(泣)。
by ryo_1989 | 2014-11-13 22:59 | 買ったCD | Comments(0)

『OK Computer』 / Radiohead

もともとレディオヘッドが大好きで、特に『OK Computer』は何度繰り返し聴いたか分からない程。
んで、持っていた輸入盤はいつの間にかキズだらけになり、2枚目を買い直しました。

c0166634_1821362.jpg

400円だったんので、まぁ良いかな...と。

しかし、本当に凄いアルバム。
初めて聴いた時は"恐怖"すら感じたものの、今では聴いてて心地良くて仕方ない。
特に「Let Down」と「No Surprises」は、凝り固まった脳をマッサージしてもらっている感覚に陥るのです。
トム・ヨークってなんかもう凄過ぎて、簡単には評価できないアーティスト。
「オルタナ」「ポストロック」とかジャンル分けできず、最早「Radiohead」ってジャンルだと。

ジャケットもメロディーも歌詞もサウンドも文句の付けようナシ!
たまに聴くと、泣きそうになる...
by ryo_1989 | 2014-11-12 18:07 | 聴いたCD | Comments(10)
正直、久々に音楽聴いて鳥肌が。
コレ、凄過ぎやしませんか...

c0166634_22313451.jpg

山下達郎さんの『Big Wave』。

全編英詞ですが、特に一曲目の「The Theme From Big Wave」に関しては、もう文句のつけようなど在るはずもなく、ひたすら神懸かったメロディーにうっとり。オリジナルナンバーとThe Beach Boysのカヴァーで占められておりますが、そんな事はどうでもよく、ひたすら聴いていて心地が良い。こんなにも完成度の高い作品に出会ったのは久しぶり。

あ、旧規格盤です。ネットで調べたら、リイシュー盤よりも評価が高かったので。
by ryo_1989 | 2014-11-11 22:36 | 買ったCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo