<   2014年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今日は秋葉に遊びに出かけましたが、突然の豪雨。改めて、日本は天災が多いな...と痛感しました。

ちなみに聴いていたのが、ブルーハーツの3rd。最近好きで、通学途中によく聴いてます。

c0166634_19133656.jpg

表題曲の、

「世界中にさだめられた どんな記念日なんかより
あなたが生きている今日は どんなにすばらしいだろう
世界中に建てられてる どんな記念碑なんかより
あなたが生きている今日は どんなに意味があるだろう」

このフレーズだけで涙チョチョ切れます。
また、「青空」。ホント、ジョンの「Imagine」と同じくらい評価されて良い、

「生まれた所や皮膚や目の色で
いったいこの僕の何がわかるというのだろう」

「ノーベル平和賞モノだ...」とずっと思っています。

勿論サウンドはカッコいいんだけど、歌詞に心打たれいつも聴き終わる頃には目が真っ赤なのです。
by ryo_1989 | 2014-06-29 19:18 | 聴いたCD | Comments(2)

『Cafe Bohemia』 / 佐野元春

数週間ぶりに佐野元春ばかり聴いてる、今日この頃。
最初は「2ndが最高傑作だろ!」なんて思ってましたが、『Cafe Bohemia』の魅力に取りつかれました。

c0166634_0325449.jpg

そりゃ、多少はスタイル・カウンシルに影響を受けている所はありますが、そこを批判するのは良くない。
スタカンの2ndは傑作だったけど、佐野さんの『Cafe Bohemia』も傑作であることに変わりはない。
「ワイルド・ハーツ - 冒険者たち」が大好きで、これはポール・ウェラーには作れない名曲ですよ。
トータルアルバムとして、非常によく出来ている作品(ド素人目線)だと思います。

あ、この画像の盤はリマスター(ブルースペックCD)です。
旧規格盤を聴いたことはないですが、良い音。
「スタカン、パクるな!」とかいう方には、この高音質盤を聴き込んで欲しいものですね。
by ryo_1989 | 2014-06-28 00:37 | 聴いたCD | Comments(10)
じめじめしておりますねぇ...ちょうど日常生活でストレスが溜まるのもこの時期。
こんな時はスカッとしたロックを聴くのに限る!

ってことで、フー・ファイターズの最新盤『Wasting Light』を今頃入手(笑)。

c0166634_20393627.jpg

ご存知、フロントマンのデイヴ・グロールは、元ニルヴァーナのドラマー。
スティックをギターに持ち替えて始まったFoo Fighters。
個人的にアルバム全部揃えてるくらい大好きなのであります。

で、まぁ...コレ最高傑作な感じがするんですよ!
いきなり「Bridge Burning」で目茶苦茶なコード進行の激しいハードロックチューンが来たかと思えば、コーラスが美しい「Dear Rosemary」、ポップでキャッチーな「Back & Forth」...
名曲揃い。ぐぅの音も出ません。

いやぁ、久々にフーファイ聴いて元気出ちゃいましたよ(笑)。
by ryo_1989 | 2014-06-27 20:43 | 買ったCD | Comments(2)
INXSってバンドが大好きになったのが、中二の夏。
塾の近くにあったブックオフで『KICK』を250円で購入し、ほぼ毎日聴いていました。
で、興味を持ってボーカルの名前をネットで検索して驚愕。

自殺していたんですよね...

c0166634_19374158.jpg

最初で最後のソロアルバム、つい最近買いました。
声を聴くだけで、涙が出てきそうです。
by ryo_1989 | 2014-06-26 19:39 | 買ったCD | Comments(0)
ブログ書いてない間に、乃木坂活動しておりました(苦笑)。
横浜まで行きまして、所謂「推しメン」である、中田花奈ちゃんと中元日芽香(ひめたん)ちゃんと握手。
ここ数日、気分が落ち込むばかりでしたが、メンタル的にかなり回復しました(笑)。

さて、その花奈ちゃん主演の映画のDVDが7月の頭に発売されます。

c0166634_23244035.jpg

楽しみ。
by ryo_1989 | 2014-06-24 23:26 | 映画 | Comments(4)

『Hunting Party』 / Linkin Park

ご無沙汰してます、生きてます(笑)。
この一週間、忙しくて、Twitterに生息しておりました。
でも、相も変わらず散財中でございます。

さて、まずはリンキン・パークの新譜から取り上げましょう。

c0166634_23122069.jpg

リンキンに1stの荒々しさが戻ってきたのです!!!

...しかし、戻り過ぎです(苦笑)。
メロコアチックにオルタナパンク。リンキンがやらなくても出来た音なのでは!?

(マイク・シノダのラップもイマイチだし)。

ただ、爆音で聴くと、かなりのカタルシスを感じます。
望んでたサウンドではなかったのですが、これが違うバンドのデビューアルバムなら、◎♪

まぁ、4thよりはマシでしょうか。
by ryo_1989 | 2014-06-24 23:16 | 買ったCD | Comments(2)
久しぶりの衝動買い。
新宿に向かうまでに魔が差しました(苦笑)。

c0166634_0423443.jpg

THE BLUE HEARTSの'94野音ライブのリマスター盤。

実はブルーハーツは1st,2nd,3rdまで所有しておりますが、全部旧規格。
当然音質も宜しいとは言えないのですが、ボリュームをまぁまぁ上げて楽しんできました。
しかし、このライブ盤、リマスターされて大変聴きやすくなってます。

どちらかというと、選曲はブルハ後期に偏ってるかな。
でも、「青空」「1000のバイオリン」「TRAIN-TRAIN」のノリにノッてる演奏が凄いカッコいいです。
ヒロトも途中歌詞飛んじゃってますが(笑)許容範囲。逆に臨場感があって楽しいです。

となると、『初期三部作』のリマスター盤が欲しくなるのです。
2nd,3rdはともかく、あの伝説的な1stは常にAmazonでチェック。
by ryo_1989 | 2014-06-15 00:47 | 買ったCD | Comments(0)

『Trio』 / Tommy Flanagan Trio

最近、またジャズがキています。
HR/HMを馬鹿みたいに聴いていた反動でしょうか。
トランペットやサックスなどの管楽器ジャズも素敵なんですけど、僕はやはりピアノトリオ。

先日、新宿タワーで、昔から欲しかったブツをGETしました。

c0166634_23384940.jpg

トミー・フラナガンのピアノトリオ作品です。
癒されるなぁ、そして美しい...
「In The Blue Of The Evening」~「In A Sentimental Mood」まで、ホントNYの摩天楼が脳裏に浮かぶような、最高のアルバム。収録時間が短いのが玉にキズですが、十分元は取れました♪
by ryo_1989 | 2014-06-13 23:41 | 買ったCD | Comments(4)
最近はずっと雨降りっ放し...必然的に仕事が無い時間は音楽聴いてます。
やっぱり、なんだかんだでAmazon使いがちですが、タワレコのポイント貯めるのも好きなんすよね。

でも、安さに勝てない時もある...
Ben Folds Fiveの再結成盤を、800円ちょっとで買いました。

c0166634_23335183.jpg

「ビリー・ジョエル meets ニルヴァーナ」なんて例えられることが多い彼らですが、やはり復活作も安定の美メロナンバーが揃っております。1st,2ndの勢いこそ乏しいものの、温かみのあるサウンド。
捨て曲が無いわけではないですが、個人的に大満足です。
ベンのソロ活動が好きな方には、超おススメ!

さて、カサビアンとリンキン・パークの新譜も気になっているのですが、タワー店舗かAmazonか。
by ryo_1989 | 2014-06-11 23:35 | 買ったCD | Comments(4)
もういっちょ!
オーティス・レディングのオリジナルアルバムに嫌いなアルバムなんか無いのは世の真理ですが、一番好きなのはコレなのであります。

c0166634_23364027.jpg

ZEPがインスパイアに成功した「Nobody's Fault But Mine」は勿論のこと、ブラック・クロウズのカヴァーでお馴染み「Hard To Handle」、オーティス節炸裂な「Champagne And Wine」等々、捨て曲など見当たらず。

しかし、コレもアトランティックの廉価盤の恩恵を預かっているのです。
気づけば、相当枚数1,000円シリーズ買ってまして、ちょっといくら何でももうちょと聴き直さないと。
by ryo_1989 | 2014-06-09 23:40 | 聴いたCD | Comments(3)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo