<   2012年 05月 ( 47 )   > この月の画像一覧

Debaser

ロック界における「狂気」とは、まぁスゴイもので。
フロイドは勿論、ヴェルヴェッツ、言ってみればジョン・レノンもそうなんだけど。

ピクシーズのDebaser程、良い意味で「狂気」を感じる、それも最高にカッコいい曲ってあんまりないよね。


"世界一カッコいいデブ"ブラック・フランシスは本当にヤバい奴だ。
Wave Of MutilationとHere Comes Your Manも最高だ。

「Doolittle」ってアルバムは本当にヤバい。
まだまだ聴き込みが足りないから、iPodにピクシーズを全部ぶち込んだ。
明日から、ヤバい日々が続きそうだ。
by ryo_1989 | 2012-05-31 01:44 | 音楽の話題 | Comments(2)

Try To Wake Up To A Morning

昨日、寝しなに、頭の中でこの曲が流れていました。
ゴダイゴのTry To Wake Up To A Morning。



やっぱりゴダイゴって、ロックバンドとして過小評価され過ぎだと思う。

レココレで、唯一特集組まれてないなんて、おかしいじゃないか。
タケの発音抜群のボーカルも、ミッキー吉野のグルーヴィーなオルガンも、浅野さんのオシャレなギターワークも、スティーブ・フォックスのグルーヴィーなベースも、トミー・シュナイダーのパワフルなドラムスも・・・もっともっと評価されて欲しい。そして、未聴な方はすぐにでも聴いて欲しい。

例えて良いのかわからんが、サザンともタイマン張れるバンドだと思うのだがなぁ・・・。

今、何が欲しいって?ゴダイゴの紙ジャケボックスだよ(笑)!!!
by ryo_1989 | 2012-05-31 00:57 | 音楽の話題 | Comments(2)

Together Again

iPodの整理中に、ふと懐かしい曲を聴いてみた。
ジャネット・ジャクソンのTogether Again。


いやぁ、久々に聴くと、なかなか感慨深いものがあるなぁ。

洋楽初心者の頃によく聴いていました、ジャネット。
確か当時、最新の「ALL FOR YOU」ってアルバム、すごい欲しかった記憶が。
小学生だったから、月に1,2枚アルバム買うのがやっとで、泣く泣くスルーしたような・・・。

マイケル兄さんばかり評価されるけど、妹も十分素晴らしいアーティスト&ダンサー。
ブックオフで「ALL FOR YOU」、探そうっと♪
by ryo_1989 | 2012-05-30 02:39 | Favorite Tune | Comments(0)

Catch the Rainbow

こちら東京は、夕方、ゲリラ豪雨がありました。
・・・ってことで・・・
10階に住んでいるので、キレイな虹を撮ることができました!
c0166634_132955.jpg

めったに見れないから、大興奮。

高層階に住むのって、デメリット多いと思うけど、コレはメリットだよな♪
by ryo_1989 | 2012-05-29 01:35 | 日記 | Comments(4)

5 Colours In Her Hair

秋葉のブックオフで買ってきたCDを聴いています。
いやぁ・・・久々にヒットです。McFlyの1stです。
c0166634_22474499.jpg

大学の友人が大好きで、名前こそ知っていましたが、ココまで気に入るとは思わなかったです。

まず脳裏に浮かんだのが、ビートルズの1st。
いや、過大評価ではないですよ(苦笑)!マジで彷彿とさせるんです。
1曲目の5 Colours In Her Hairは、テレビでもよく耳にする超絶ポップチューン。
サビ以外のメロディーラインが、まるで「Lennon/MaCartney」。

さらに、畳み掛けるように続くグッドメロディーにはホント、完敗ですよ(汗)。

「こんなに凄いバンドだったんだ・・・」
そんなことを思い、Twitterをいじくっていると、McFlyのファンの方がフォローしてくださっているではないか。リプライで会話をしていると、
「2nd~4thが素晴らしい、5thは別バンドみたい(笑)」
とのこと。
「勿論、1stも最高!」ってことで、これは久々に集め甲斐のあるバンドを見つけてしまった!

ブックオフへ行くのが楽しくなるよね(笑)。
by ryo_1989 | 2012-05-28 23:00 | 買ったCD | Comments(4)

Steppin Out

昨日は寝しなに、クリームの「Live Cream, Vol. 2」を。
c0166634_23482676.jpg

流し始めて後悔しました。これじゃ、興奮しちゃって寝れないじゃないか(笑)!

ジンジャー・ベイカーの硬いドラミングも、ジャック・ブルースの歪みまくったベースも、クラプトンの"スローハンド"なギターも、どれもカッコ良すぎて感想文書くのが嫌になるくらいだ(苦笑)。
特にこのライブ盤の「Vol. 2」は、熱い熱いインプロ演奏がこれでもかと展開されていて、自然と手に汗握って聴いてる自分がいます。アドリブとは思えない、完成度の高いサウンド♪

中でも、白眉なのは13分にも及ぶSteppin Outでしょう。
もう、3ピースが出すグルーヴの領域を、遙かに超えています。

クリームはオフィシャルで納まらず、ブートのライブ音源にも手を出していますが、ハズレが無い!
それなのにスタジオ盤はスタジオ盤で、ポップでキャッチーなもんだから、本当にすごいバンドだ!
by ryo_1989 | 2012-05-28 00:03 | 聴いたCD | Comments(0)
今日も良い天気でしたね、お出かけ日和です。
どこへ行ったかって?
・・・いつものところ、二日連続(笑)。

昼は松屋で、新作牛丼を食べました。
c0166634_2020679.jpg

「豚しゃぶ丼」の並です。
冷しゃぶに塩コショウがまぶしてあって、さらにポン酢で味を締めています。
また、ネギのシャキシャキした食感が実に良いアクセントになっています。
サッパリとした仕上がりで、更に豚の旨味も味わえて、これで290円は安い。

松屋には、すき屋・吉野家に負けじと新たなアピールを見せつけて欲しいところです。
by ryo_1989 | 2012-05-27 20:29 | | Comments(4)

真夏のSounds good!

今日は午後から「御茶ノ水~秋葉原」へ。
秋葉ブックオフにて、恒例の「AKB48激安新品劇場盤」を購入。
勿論、「真夏のSounds good!」だぜ!!!
c0166634_1372917.jpg

「ポニーテールとシュシュ」「Everyday、カチューシャ」に続く、夏歌ですね♪

うん、俺、結構好きです。
「ポニシュ」も「エビカツ」もなかなか好きだったけど、「真夏のSounds good!」も良いじゃん。
結構賛否両論あるみたいだけど、キャッチーでメリハリの付いた楽曲構成は、流石やすす先生。

スペシャルガールズの「3つの涙」は微妙だったけど、「君のために僕は…」も佳曲じゃないかな。

あ、それと、この劇場盤には選挙権が入っていません。
名曲「ぐぐたすの空」が入ったType-Bを買って、咲子さんに一票入れようかな。

どこにそんな金があるというのだ、俺よ。
by ryo_1989 | 2012-05-27 01:44 | 買ったCD | Comments(4)

Spaceman

ロックバンド「ジャーニー(Journey)」といえば、どのような曲が頭に浮かぶでしょうか。
Open Arms?Any Way You Want It?
それは、スティーブ・ペリーがボーカリストとして加入した後の話なんですよね。

昨日聴いたのは、スティーブ・ペリー加入前の3rdアルバム「Next」。
c0166634_192837.jpg

バンドのメンバーは、ニール・ショーン(G.Vo)、グレッグ・ローリー(Key.Vo)、ロス・ヴァロリー(B)、エインズレー・ダンバー(Dr)の4人。
そう・・・あのサンタナのバックバンドから発展したグループだったのです。

3rdまでのジャーニーは、スティーブ・ペリー加入後のキャッチーでメロディアスなポップ路線とはかけ離れたサウンドを展開するバンドでして、インストナンバーだったりスペーシーな演奏重視のバンドでした。

特筆すべきなのは、エインズレー・ダンバーのドラムス。
このリマスター盤で聴くと、それはそれはド迫力。
特にタムとシンバルワークは、そんじょそこらのドラマーには鳴らせない音だと思います。
ニール・ショーンも素晴らしいギターソロを奏でております。チョーキングが実に巧い!

プログレハードが好きな方にはお勧めですね。カンサスとかを好きな方は、絶対気に入ると思いますよ♪
by ryo_1989 | 2012-05-27 01:22 | 聴いたCD | Comments(6)

Looking For Love

先日、Amazonをぶらついていると、MSGの2ndが525(!)円。
ちゃんとしたリマスター盤&ボートラでこの価格は、スルー出来るはずもなく、ポチ(笑)。
c0166634_1335446.jpg

いやぁ・・・最高。

どうやら旧規格では、しょぼい音だったらしいコージーのドラムスが素晴らしい!
コージーのバスドラのキック音とスネアの鳴り方って、ボンゾとタイマン張れるよね。

勿論、シェンカーもキレキレ。あなた、よく指が吊りませんね(笑)。
ボートラのライブ音源でのギターソロは、まさしく「神」そのもの。

ゲイリー・バーデンの喉の調子も良くて、高音がキレイに出ています。
またリマスターの効果か、クリス・グレンのベースもブンブン唸っていて、言うことナシ!
Looking For Loveは「HR/HM史上に燦然と輝く名曲」と言っても過言ではないはず。

こんなの聴いちゃうと、テッド・マッケイナーの演奏がチャチく聴こえちゃう。
やっぱ、コージー・パウエルってすっげぇドラマーなんだなぁ・・・。
by ryo_1989 | 2012-05-27 00:53 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo