<   2012年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧

昨年、スミスのリマスター盤がボックスセットでリリースされましたが、とうとう単体でも再発です。
現在、経済状態がカッツカツなので、とりあえず「Queen Is Dead」だけゲット。
ちなみに、ユニオンで1,000円(!)と驚きの単価。
c0166634_0541310.jpg

表題曲からいきなり音圧劇的アップ!これは興奮しますね。
アンディ・ルークのベースがブリブリ鳴っております、Frankly Mr Shanklyが圧巻!
マーク・ジョイスのドラムスも高音が効いているからか、何倍もグルーヴィーに聴こえます。
この音質でThere Is A Light That Never Goes Outは涙モノです。

欲を言えば、デジパックにしてほしかった気もしますが、まぁこの音質ですから文句は言えません。
モリッシーの声は艶やかに、ジョニー・マーのギターも繊細なサウンドになってますらね。

「Meat Is Murder」もいっちゃおうか、検討中♪
by ryo_1989 | 2012-04-30 00:57 | 買ったCD | Comments(2)

Sonik Kicks

週末なんて、あっという間だね。
俺の大学は4/30,5/1,2まで授業があるから、GWな感覚が一切無い。
と言っても、5/1はthe pillowsのライブ♪楽しみだ!

さて、買っといて聴けてなかったCDをご紹介。

"UKロック界のゴッドファーザー"ポール・ウェラーの新譜「Sonik Kicks」を1,500円でゲット!
c0166634_06981.jpg

ウェラーのアルバムを新品で買うのは、実はこれが初めて。
内容がカッコ良すぎるのにも関わらず、ブックオフばかり頼っていたからね(汗)。

今回のウェラーさん、なんと"テクノ"しております。ビックリ。
初聴時から、いきなりのピコピコ電子音。そして、貫録のサイケサウンド。
メロディーはキャッチーではないけど、聴けば聴くほど良さが分かってくるアルバムなのは間違いない。
勿論、ギターの音色が実にカッコ良いのはいつも通りだし、疾走感もたまらない。
キラーチューンが無い分、味のある作品になっております。
そうだな、ケミカル・ブラザーズが好きな方は、絶対に気に入ると思われます。

それにしても、ジャケがカッコ良すぎる。なんだ、このイケメンおじさん!
by ryo_1989 | 2012-04-30 00:10 | 買ったCD | Comments(4)

Phoner To Arizona

ブラーのフロントマン、デーモン・アルバーンの覆面バンド、Gorillazの「The Fall」を聴きました。
c0166634_174736.jpg

超名盤1st「Gorillaz」、傑作2nd「Demon Days」、スルメ3rd「Plastic Beach」。
そんな立派な作品をリリースしていく中、デーモンがツアー中にiPadで作った音をまとめたアルバム。
正直、グッと来るキラーチューンはゼロ。全曲総じて地味なんですよね。
では、それが悪いか?と言われたら一概にはそう言えないんです。

あくまでも"番外編"な作品なので、気構えて聴く必要はありません。
ただリラックスして、"音"をひたすら楽しめばいい。
ピコピコ鳴る電子音とか、ちょっと爪弾いただけのアコギの音色とか。
聴いている内に自然と気持ちよくなる瞬間が訪れるはず!

先日、シングルベストをリリースした、ゴリラズ。
次は本気出して、素晴らしい作品が聴けることを願って止まないのです。
by ryo_1989 | 2012-04-29 01:15 | 聴いたCD | Comments(2)

Surfin' USA

ビーチ・ボーイズの来日公演のチケット、昨日発売だったのか・・・知らなかったよ(泣)。
「ぴあ」ではS席は既に完売。
「あぁ・・・終わった」と思いつつ、「e+」を覗くと、まだS席が余っている!!!

すぐさまクリック・・・ゲット!!!
うおおおおお!!!

とりあえずpillowsが終わったら、BB5の予習始めよう♪
by ryo_1989 | 2012-04-29 00:52 | Live!Live!Live! | Comments(2)

聖なる館

ポリスで寝付けなかったので、お次はZEP。
以前プラケで持っていた「聖なる館」を紙に買い換えました。
c0166634_2254234.jpg

やっぱ、紙の方が愛着湧くよね♪

内容なんて感想文ですら、書き尽くされてるけど・・・
昨日はベッドから雨音が聞こえたので、The Rain Songが神秘的に聴けたよ。

あと、The Song Remains The Sameのプラントの声にかけられたエフェクト。
あのサウンド好きだ。パーシーの声は中田ヤスタカに加工して欲しいくらい(笑)。

No Quarterでの美しいジョンジーのオルガンには辿り着けず、寝入ってしまったのでした。

写真UPしてみたら、紙にしか付いていない「帯」が良い味だしてるな。
by ryo_1989 | 2012-04-28 02:29 | 聴いたCD | Comments(6)

Synchronicity II

昨日は寝しなに、ポリスの「Synchronicity」をじっくりと。
c0166634_204873.jpg

今さら語るまでもない「傑作」なわけですが、感想文を書かせてもらいます。

Synchronicity Iの独特な疾走感から幕を開けるこのアルバム。
「3人で出し切れるモノをすべて出し切ったアルバム」だと僕は思うんです。
だって、このアルバムってジャンル分けし辛いんですよね。
緩急を使い分けた、まさに「完璧」なアルバム。

実に渋みのあるA面も勿論好きなのですが、やはりB面が素晴らしすぎる!!!"キラーチューン"Synchronicity II、「ポリス最大のヒット曲」Every Breath You Take、個人的にこのアルバムで一番好きなKing Of Pain、ドラマチックに展開するWrapped Around Your Finger、不思議な空気感を持つTea In The Sahara、意外にもブルージーなMurder By Numbers。

ざっと収録曲だけを並べてみても、こんなにも名曲揃いなんですよね。
やっぱりB面が凄まじすぎて、A面の印象が多少薄い(笑)感もありますが、本当「名盤」。
「名盤」とはこのような作品の事を言うんだな、と強く思います。

2007年に東京ドームへ公演を観に行きましたが、カッコ良かったなぁ・・・。
僕はずっとスチュワート・コープランドの手元を見ていました。ドラム叩けないのに(笑)。
by ryo_1989 | 2012-04-28 02:16 | 聴いたCD | Comments(4)

Cymbaline

YouTube記事が続いて、スイマセン。
最近、登下校時はthe pillowsばかり。
帰宅後、すぐにiTunesを立ち上げて、クラシックロックの名曲を摘み聴きする節操ない日々。

今日は帰って、フロイドの「More」を聴きました。
「More」って、フロイドの全アルバムの中でも非常に影の薄い存在。まぁサントラですからね・・・

・・・いや、たかがサントラ、されどサントラだと思うんです!

特に中盤のGreen Is The Colour、そしてCymbalineはフロイド史上、燦然と輝く名曲だ!


フロイドを語るうえで欠かせないキーワード「叙情性」。
"プログレッシブ・ロックバンド"って、ドラマチックなサウンドを奏でられて何ぼだと、個人的には思うわけです。Yesの「危機」だとか、クリムゾンの「Red」も然り。Queenの2ndのB面を聴いて以降、ドラマチックで「叙情性」を感じさせる音楽が大好きになりました。

そんなわけで、この「More」は僕を駆り立てる「叙情性」を多いに含んだ作品。
あー、HMVでリマスター盤が1,000円・・・どうしよ(笑)。
こんだけ語っといて、持ってるCDは旧規格盤なのです(汗)。
by ryo_1989 | 2012-04-27 01:05 | Favorite Tune | Comments(4)

That's Why God Made the Radio

Yahoo!のニュースを見てビックリ。
"20年振りにシングル発表"!?
いやぁ・・・これは期待しちゃうし、来日公演が待ち遠しい♪

とりあえず、BB5で一番好きなアルバム「Friends」の1曲目をどうぞ。


本当、未だに"現役バリバリ感"に胸が熱くなるよ。
いつ日本に来ても良いように、聴き込んでおかなきゃな!
Meant For You、アカペラでやってくれたら、死んでもいい(笑)!
by ryo_1989 | 2012-04-26 01:46 | 音楽の話題 | Comments(2)

Fantasista

Dragon Ashのベーシスト、IKUZONEさんが亡くなられたという。
偶然にも昨日、My iPodにDragon Ashの全音源を詰め込んでいたところだった。

個人的にIKUZONEさんのベストプレイだと思うのが、Fantasistaでのベースライン。
疾走感を帯びながらドラマチックに展開していく中、しっかりとサウンドの支柱になっていた。


コレと、Life Goes On、Grateful Days、Los Lobosは何回聴いたかわからない程、聴いている。
どの曲もIKUZONEさんのベース抜きでは語れない。

まだ46歳・・・早過ぎるよ。
ご冥福をお祈り致します。
by ryo_1989 | 2012-04-25 00:28 | 音楽の話題 | Comments(0)

砂時計

最近は音楽に"癒し"を求めてしまう毎日。
アイドリング!!!の「砂時計」のイントロが大好きです。


やっぱり、ピアノを用いた本格的な「アンビエント」、聴いてみようかな。

・・・大体「アンビエント」って何だ(笑)!?
by ryo_1989 | 2012-04-24 23:58 | Favorite Tune | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo