<   2011年 10月 ( 63 )   > この月の画像一覧

本日は午前中から「新宿→御茶ノ水→秋葉原」の定番コース。
昼飯は、節制するつもりで、「富士そば」の「かけそば」で済ませました。
c0166634_0404352.jpg

「富士そば」って、実は初めてだったんだけど、260円で十分満足できるのね!
これは驚き。
そばも固過ぎず、柔らか過ぎず。具はネギとわかめだけど、Simple is the Bestだ♪
ダシ汁も全部飲みほして、ごちそうさま!

いやぁ~、イイネ、「富士そば」!また来よう。
by ryo_1989 | 2011-10-31 00:39 | | Comments(8)

Heat Of The Moment

凄い凄いと聞いてはいたが、ここまで凄いとは・・・。

そんな呟きをしてしまうほど、完成度が高くてビックリしました。
c0166634_19105673.jpg

Asiaの1stを、例の「3枚で1,000円キャンペーン」で入手。
さっそく聴いていますが、これは恐ろしいまでの完成度ですね。

まず1曲目からキラーチューン、Heat Of The Momentです。
ジョン・ウェットンの声もクリムゾン時代とはまるで別人のよう。
ひたすらポップにポップにしているのが良いんでしょうね。
カール・パーマーのドラムサウンドも「80'sの音」ですが、タイトで良い感じ。
逆に、スティーブ・ハウはYES時代よりも弾いてないかな???

Time Again、Cutting It Fine、Here Comes The Feeling...
捨て曲は一切ナシ!全曲シングルカットできますね。

いやぁ、これで333円か・・・やっぱり新宿ユニオン、良い仕事してるわ。
by ryo_1989 | 2011-10-30 19:14 | 買ったCD | Comments(6)

River of Brake Lights

ストロークスのメイン・ボーカル&ギタリスト、ジュリアン・カサブランカスのソロアルバムをゲット。
Amazonでふら~っとしていたら、991円。
輸入盤2枚注文で10%引き(これ重要!)だから定価より更に安いよね。
c0166634_17275956.jpg

全8曲、40分ちょっとの短いアルバムですが、ジュリアンの作るサウンドは本当に素晴らしいですね!
まんまストロークスの楽曲もあれば、ピコピコ電子音が鳴るポップソングも。
更にRiver of Brake Lightsではこれでもかと、ハードロッキンなゴリ押し。
それぞれの曲に特徴があって、何回聴いても新しい発見。
これはストロークスのアルバムより、聴く回数多くなりそう。
最高です!

実は同じくストロークスのアルバート・ハモンド・Jrのソロアルバムも入手。
もうちょっと聴き込みます♪
by ryo_1989 | 2011-10-29 17:32 | 買ったCD | Comments(2)

Starless

しっかし、凄い曲だな・・・と初めて聴いてから、8年経ってもそう感じる。
もう「プログレ」だ「クリムゾン」だなんて定義はいらない。

中盤で高速にうねりまくる、ジョン・ウェットンのベース。
ギラギラとリフ爆発させる、ロバート・フリップのギター。
もはや神懸かっている、ビル・ブラフォードのドラムス。


「完璧」という言葉がこれほど相応しい楽曲なんてあるだろうか。

夜寝る時にStarlessを聴く。
どんなに眠くても鳥肌が起つ。
by ryo_1989 | 2011-10-29 00:33 | Favorite Tune | Comments(2)

AKB48 推しメン ベスト5

明日は土曜日。ということは今日は金曜日。金曜日の深夜は、「AKB48のオールナイトニッポン」!

別に理由もないし、ただ単に今体調がそこそこ良いから(?)行きましょう!

「AKB48 推しメン ベスト5」!

第5位 仲谷明香
c0166634_22145220.jpg

なかやん好きになったのは、結構最近なんだけど・・・
声優業のクオリティーは個人的にAKB1な気がします。
素朴でカワイイ、チャットモンチーのえっちゃんに通じる所がありますね。

第4位 柏木由紀
c0166634_22173346.jpg

前回のランキングでは1位だった気もしますが・・・
まぁ、いいや。カワイイ。安定の(?)第4位。

第3位 松井咲子
c0166634_22205041.jpg

隠れた美人さんランキング(?)堂々の1位!
ピアノも弾けて、しゃべり面白くて、才色兼備加減がえらいことになっています。
キレイでございます。

第2位 佐藤亜美菜
c0166634_22254861.jpg

かわええ。ニコニコ動画で声優の白石稔さんと共演してるんだけど、それが面白過ぎる。
そして、ラジオもやってるんだけど、声がカワイ過ぎて焦る。
言いたくないけど言う。萌え。

第1位 横山由依
c0166634_22302053.jpg

育ちの良さが言動に表れている。マジメで謙虚。
そして、はんなり京都弁はキラーチューン。
カワイイです。ショートにして更にかわいくなった。
メディアで見る限り、性格もおしとやかでイイネ。

ざーっと、こんな感じです。
なんかテレビに出まくっているメンバーはあまりいないランキングになってしまった。
でも、推します。
推します。頑張れ。
by ryo_1989 | 2011-10-28 22:37 | ランキング | Comments(0)

Speak Like A Child

相変わらず新宿で安レコを漁る休日。
やっぱり「3枚で1,000円」はお得感たっぷりです。
先日は何と、333円で紙ジャケをゲット。
しかも、メジャー級です。
c0166634_17132645.jpg

スタイル・カウンシルの1stミニアルバム。
Long Hot Summer、Speak Like A Childという2大名曲。
そして、グルーヴが心地良いThe Paris MatchとMick's Up。
全編で35分弱と、短いミニアルバム。だけど十分名盤認定です♪

ジャム・スタカン・ウェラーソロは基本的に安くゲットできてイイネ。
しかもハズレがないというね。

ジャムもSetting Sunsは持ってないから欲しいな。
by ryo_1989 | 2011-10-28 17:15 | 買ったCD | Comments(0)

Tabibito In The Dark

先日、休みの日の朝4:00に家を出て、神田明神へ。
何故か?それは僕にもわからないです(笑)。久々の早朝散歩でございます。

朝4:45の新宿駅。
c0166634_029223.jpg

そして、到着♪
c0166634_0292864.jpg

c0166634_0293491.jpg

いやぁ、この空気大好きです。
また機会があったら行きたいくらい。

そして、例のソーセージエッグマフィンへと繋がります。

iPodからは、Base Ball Bearの「yoakemae」と「Tabibito In The Dark」が流れていました。
そんなベボベのニューアルバム「新呼吸」が楽しみ。
by ryo_1989 | 2011-10-28 00:31 | 放浪 | Comments(0)

Wave of Mutilation

ブログには全然書いてないのですが、ピクシーズのアルバム集め、コンプリートしました♪
やっぱり、一番気に入ったのは「Doolittle」です。
Debaser、Here Comes Your Man、Monkey Gone To Heavenと名曲だらけ。

特にWave of Mutilationの完璧加減には、参ってしまいました。


親しみやすいメロディー、狂暴なバンドサウンド、キム・ディールのコーラス・・・
もうたまらないです。

「Surfer Rosa & Come On Pilgrim」では前衛的な程にパンク。
「Bosanova」では貫禄を見せつける。
「Trompe Le Monde」ではとんでもなくポップに。

ピクシーズってバンドはのめり込めばのめり込むほど、ヤバさがありますね。
カッチョ良いバンドです。
by ryo_1989 | 2011-10-28 00:11 | Favorite Tune | Comments(0)

My Yiddshe Mama

先日、吉祥寺のユニオンにCDを売りに行きました。
確か全部で、3,000円くらいで売れたんだけど・・・その3,000円で別の盤を購入(笑)。
これじゃ意味は無い(爆笑)!
しかし、素晴らしい買い物ができまして。
一枚聴き終えたので、記事にします。

まずはThree Man Armyの2ndアルバム。
c0166634_17371986.jpg

ベースのポール・ガーヴィッツ、ギターのエイドリアン・ガーヴィッツ、ドラムスのトニー・ニューマン。
この3人からなるThree Man Army。
1stは既に所有していたので、迷わずゲットです。

さて、この2ndアルバムですが、まずは手数の多いトニー・ニューマン。
彼はジェフ・べック・グループ~メイ・ブリッツとして仕事をしてきたドラマー。
もはや、ハードロックをやることに対して、貫禄すら感じさせます。
エイドリアンのギターもナイフのように鋭いリフを奏で、素晴らしいギタリストですね。

ただ、楽曲の完成度は3rd(タイトルは何故か「Two」)に軍配が上がるかな。
いっしょに買ったので、もうちょっと聴き込んで、記事にします。

そして、レーベルはWounded Bird Records。
これまたB級ながら侮れなさ過ぎる名盤をリイシューし続ける、素晴らしいレコード会社なのです。
by ryo_1989 | 2011-10-27 19:53 | 買ったCD | Comments(0)

世紀末の隣人 / 重松清

先日、ブックオフで買った、重松清の異色ルポルタージュ、「世紀末の隣人」を読み終えました。
c0166634_2405273.jpg

「池袋の通り魔事件」「音羽の幼女殺人」「和歌山カレー事件」など、20世紀末に起こった大きな事件をもう一度取材し直して、その真相を突く、といったコンセプトの下、小説家・重松清の「番外編」とも言える異色な作品です。

やはり一流の小説家、一字一字がとにかく興味深い。
「え!?そんな観点から事件を見るのか!?」と驚かされてしまいました。
それと共に、懐かしいといったら語弊があるでしょうが、改めて事件史を振り返ざるを得ない気がします。
「和歌山カレー事件」の章なんかは、事件が及ぼした、「後遺症」とも言える、生々しい描き方。
何が彼らに罪を背負わせたのか。また被害者・加害者のバックグラウンド。
全て読み終えて、考えさせられる所が大いにありました。

一章一章が端的ですので、読みやすいです。見かけたら、是非。
by ryo_1989 | 2011-10-27 02:48 | | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo