<   2010年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

無条件☆幸福

俺の偏屈趣味もとうとうヤバい領域に入って来ました。
アイドルのCD、AKBじゃないっす...アイドリング!!!です(爆)。
c0166634_22221551.jpg

きっかけはこれまた友達。

友達R 「なんかさ、最近AKBよりアイドリング!!!がキテるんだよねぇ」
俺 「マジか、曲聴いたことないわ」
R 「無条件☆幸福、聴いてみ?」
俺 「なんだそのタイトルw」

R 「俺、そん中のスーちゃんと、三宅ひとみちゃんが好きなんだよね」
俺 「俺はAKBアイドリング!!!の時にルーリーと外岡ちゃんが良いと思ったね」

この見事に気持ち悪い会話。AKBより何倍もヤバいところに足突っ込んじゃった気分だ(笑)。

で、見事に「無条件☆幸福」にハマってしまうのだった。


家へ帰って速攻ツタヤへ。
モットーが無いのがモットー。影響されやす過ぎるのである。
レンタルはしてないみたいだった。だから・・・買っちゃった、テヘ。
アイドリング!!!の2ndアルバム、Petit-Petit。

やっぱり「無条件☆幸福」と「職業: アイドル。」 (アレ? MIX)が良いね!

ってなわけで月曜日にライブ行って来ます、友達と。
もうなんか大学入って、テンション&ノリがおかしくなってきてます。
Can't Stop♪
by ryo_1989 | 2010-04-30 22:32 | 買ったCD | Comments(7)

(She's Just A) Fallen Angel

忙しくて、あんまりレコード屋に行けてない(嘘)から、最近はAmazonの「輸入盤、2枚で10%オフ」をよく使います。
先週はアトミック・ルースターといっしょにStarzの1stを買いました。
c0166634_2037738.jpg

Starzといえば、KISS、Queenと共にプチブレイクしたパワーポップバンド。
しかしKISS、Queenに比べ、知名度は圧倒的に低いし、結果売れ残った形になってしまったかわいそうなバンドです。
だからと言って、音楽性は大したことないなんて大間違い!
ハードなギターサウンド、親しみやすいメロディー...なかなかカッコいいバンドなんです。
ボーカルの声も艶があって結構好きですね。やっぱり、ちょっとポール・スタンレーに似てるかも。

CD化されたのもかなり遅かったStarz。
こういった良いバンドが埋もれている、70'sクラシックロック界は奥が深くて楽しい!
by ryo_1989 | 2010-04-29 20:43 | 買ったCD | Comments(2)

Numb / Encore

吉祥寺のユニオンでリンキン・パークの最新ライブ盤を1,000円で入手。
c0166634_23163885.jpg

DVD付きだけど、こういうのってCDばっか聴いちゃうよね。

この盤はOne Step Closer、In The End、Crawlingといった1stからの曲や、Breaking The Habit、Numb、What I've Done、Bleed It Outといった2nd&3rdからの楽曲も充実。
リンキン好きな人は必ず楽しめると思います。

しっかーし。キモはJay-Zとの共演!
Numb / EncoreとJigga What / Faintはスタジオテイク以上にカッコ良く仕上がってます!
Jay-Zは最近だと一番好きなラッパーだなぁ。
by ryo_1989 | 2010-04-28 23:23 | 買ったCD | Comments(0)

True

先週の土曜日に中野へ行ったことはmixiにも書きました。
そこで買ったアルバムにズッパマリ。スパンダ―・バレエのTrueです。
c0166634_2150428.jpg

紙ジャケ、リマスターで1,000円でした。これまた良い買い物。

ジャンルはいわゆるニューロマ。
ところが、ところどころにファンクの要素があったり、勿論ポップだし、聴きやすいです。
その上、当然ながらかなりカッコいい。
アレンジが抜群なんですよね。演奏もかなりクオリティが高い。
デュラン・デュラン、カジャ・グー・グー、ABCと共にニューロマ界を代表するバンド。流石です。
Trueは今でもCM等で使われてる、クラシカルなナンバー。
ゴージャスなムードと、美しいメロディーが最高です。

80'sだと、スミス以外あんまり聴く機会ってないんですが、このバンドをきっかけに聴きこもうと思いました。
by ryo_1989 | 2010-04-27 21:58 | 買ったCD | Comments(0)

Make Believe It's Your First Time

もう一枚は、Voice Of The Heart。
カレンの死後、リチャードによって作られた最後のオリジナルアルバム。
c0166634_2138555.jpg

こちらは1,000円。勿論紙ジャケです。

Made In Americaに比べると、曲の出来は今ひとつ(な印象でした)。そんな中でもMake Believe It's Your First Timeは、とてもドラマティックな演奏にカレンの声が相乗効果で迫ってくる大名曲。
ホント、こんな名曲をポンポン生み出せる、コンポーザー・リチャードは凄過ぎる!

カレンも死を悟っているような、味わい深いボーカルです。

本当にカレンの人生は「太く短く」だったんだなぁ・・・と思います。
今、生きていたらいくつだったんだろう。
もっと元気に素晴らしい音楽を作ってほしかった。
ジャケットの頬がこけたカレンには、表現し難い悲しさを感じます。

今さら、R.I.P。
by ryo_1989 | 2010-04-26 21:43 | 買ったCD | Comments(1)

Touch Me When We're Dancing

昨日、中野のユニオンで後期カーペンターズのアルバムを2枚買いました。
一枚はカレン存命中、最後のアルバムとなってしまった、Made In America。
c0166634_2175090.jpg

紙ジャケで800円(ユニオンでは全中古品200円引きでした)。かなり良い買い物でしょう。

さて登下校時のBGMとして聴いてみましたが・・・

ホント、拒食症という病にかかっているとは思えないボーカルです。
艶があって、品がある。さらに高音もよく出ています。
Touch Me When We're Dancingでのカレンの声&コーラスは極上モノでございます。

Because We Are In Love (The Wedding Song)は歌詞カードを見ながら聴くと、涙が流れそうになるほど美しい名曲。

カーペンターズのアルバムというと、A Song For YouやNow & Thenですが、少し過小評価気味な後期のアルバムも捨てがたい魅力を持っていることが分かって、なんだか、幸せだなぁ。
by ryo_1989 | 2010-04-26 21:12 | 買ったCD | Comments(5)

New World (My America)

昨日、飲む前に買ったCD。
c0166634_1891863.jpg

ご存じ、60's UKソフトロック界の伝説的なバンド、ゾンビーズの再結成アルバムです。
ユニオン吉祥寺店にて1,400円でした。

「再結成」と言っても、実はこのアルバムにロッド・アージェントは参加していないんです。
だからと言って、「ダメか?」と問われたら、速攻で「No!」と叫び出してしまうほど、クオリティの高いポップ・ミュージックアルバムでした。

ロッドはいませんが、コリン・ブランストーン&クリス・ホワイトは参加してるので、安心して心地良いポップソングを聴くことが出来るんですね。1曲目のNew World (My America)や、プリファブ・スプラウトのカヴァー、When Love Breaks Downなどなど「極められた」楽曲ばかり。

60年代のゾンビーズしか聴いたことがない、ブリティッシュ・ビートファンにもマジでおススメですよ!

しっかし、独レパトワのディジパックはホント、信用性高いわ・・・。
by ryo_1989 | 2010-04-25 18:16 | 買ったCD | Comments(2)

Crucify The Dead

2週間前くらいに、新宿のタワーで買ったCD。
c0166634_17503155.jpg

ご存じ、元ガンズの天才ギタリスト、スラッシュの初ソロアルバムです!!!

え~とね、スラッシュ自身は歌ってません(笑)。
全17曲を色々なシンガーとコラボしております。
またそのメンバーが豪華なんですよね。

オジー・オズボーン、ファーギー、アダム・レヴィーン(マルーン5)、イギー・ポップ、デイヴ・グロール(!)&ダフ・マッケイガン(!!!)。変わりどころでは、B'zの稲葉も参加してます。

とにかく全編、非常に分かりやすいハードロック。
ロック好きな人だったら、必ず気に入る楽曲があるでしょう!

でもやっぱり、アクセル・ローズとの共演が見たいよねぇ。
オリジナルメンバーでのガンズが見たいぞ!!!
by ryo_1989 | 2010-04-25 17:54 | 買ったCD | Comments(4)

Love Is Good

c0166634_2257638.jpg
 吉祥寺で友達と飲んだあと、徒歩で帰宅。その間、プリティーズのFreeway Madnessをじっくりと聴く。買ってから、しばらく放置した挙句、今日に至るまで良さがわからなかったアルバム。それが、帰宅後の現在では、自分の中で「大名盤」になっているのだから音楽は不思議である。

 気分かもしれないけど、1曲目のLove Is Goodからグッと引き込まれる。このマイルドな音質と、メロディーの良さが相乗効果。すごい心地良い。Havana Boundの見事なR&R加減もツボ。何故に今まで、良さに気が付かなかった!?
 
 他にもPeter、Over The Moon、Onion Soupと佳曲満載。師匠、スイマセン、最高です。ボートラのライブ音源も!Havana Boundのソロ回しとか・・・ヤバい、70'sプリティーズ、馬鹿にできんよ。
by ryo_1989 | 2010-04-24 23:05 | 聴いたCD | Comments(0)

Hiway Man

先週の日曜日に、吉祥寺のユニオンでゲットしたブツ。
ブルー・チアーのオリジナル・ラストアルバム、Oh! Pleasant Hopeです。
c0166634_21201842.jpg

紙ジャケで1,250円。普通のCDショップではめったにないであろうCDですね。

ブルー・チアーと言えば、1stが一番有名でしょうか。
爆音のSummer Time BluesはWhoに負けず劣らず圧巻でした。
またサイケロック界を代表するバンドでもあります。

実はリリースされたオリジナルアルバムは全部で6枚。
僕も1枚目以降はまったくわからないのですが、この6thはなかなかの秀作でした。

ハッキリ言って、1stの爆発的なグルーヴはありません。
どちらかというと、レイドバックサウンドで、「聴かせる」感じです。

しかし、これがなかなか良いんですよ!
コレ!...といった曲はありませんが、9曲全てカッコいいのです。

どうやら、日本でCD化されたのはつい最近らしい・・・過小評価ってやつですか!?
1st以外、知らない方。1stが嫌いな方。どちらにも是非聴いて欲しいアルバムでした。
by ryo_1989 | 2010-04-23 21:26 | 買ったCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo