<   2009年 11月 ( 38 )   > この月の画像一覧

Maybe It's You

c0166634_2336621.jpg

土曜日に大泉学園にある皮膚科に行った。
処方箋を書いてもらい、薬を受け取った瞬間、頭に閃きが。
「大泉学園・・・ブックオフがあるぞ!?」
ダメダメ受験生のお手本のような発想である。
で、そういう時に限って、良いブツが手に入ったりする。

そんな訳で3枚程買いました。

その内の一枚、カーペンターズのClose To You。勿論リマスター盤。
家帰ってブックレット見たら、国内盤だったことに気付いたのでした。

塾から帰ってきて聴いてるんですけど、癒されるなぁ~。
カレンの歌声は天使のようだ、リチャードのアレンジ能力も半端じゃないね。
Maybe It's Youって名曲だね。
後期のカーペンターズ(パッセージとか)も500円でゲットできないかな。
受験終わってから探しますか!

当分、更新はブックオフネタが続きそうです。
by ryo_1989 | 2009-11-30 23:41 | 買ったCD | Comments(0)
そろそろ受験シーズン到来でございます。
心配してくださるレギュラーコメンテーターの方にご報告を。

私、ryoはAO入試での受験を第一志望への最優先方式をとして考えておりますが、それに落ちた場合はセンター試験利用、それでもダメな場合は一般入試となります。

AO入試は面接&オープンキャンパスのレポート、自己推薦文を提出して合否が決まるシステムなんです。早い内に合格者が出ることから、「青田買いなのでは!?」と言われてるらしいシステムですが、僕が希望する「臨床心理学科」へ、センター試験より前に内定が出ることから、この受験方式に決めました。

内定が出るのが12月18日。面接は12日です。

要は「決戦」まで一カ月も無いのです!

とにかく出来る限りの事はするつもりです。
なのでブログの更新も朝方(寝る前ですね)だったり、休止する場合もありますが、ご了承ください。
とか言って、昼間の休み時間に...かも(苦笑)。

御用のある方はコチラへ。

ledjimmy1969@yahoo.co.jp
by ryo_1989 | 2009-11-28 22:41 | 勉強 | Comments(6)

Perfect Day

c0166634_3434059.jpg

1972年発表の「名盤」、ルー・リードのTransformerを購入した。
Amazonで950円。
実はもう一枚買っていて、ソレとコレで「輸入盤、二枚買うと10%オフ」を適用させた。
常習手段である(笑)。もう一枚は聴いてからね。

で、このCD。普通にカッコいい。それ以下でもなくそれ以上でもない。
グラムロックの名盤。プロデュースはボウイと大好きなミック・ロンソン。
なるほどね!って感じかな。
具体的に気に入った曲はSatellite of LoveとかVicious。ボウイのジギーに入っていてもおかしくないな、と思った。
Walk on the Wild Sideはちょっと地味かな・・・って印象。これが売れたってのが不思議だ。
一番良かったと思ったのはPerfect Day。コイツは大名曲だな!
歌詞はわからないんだけど(苦笑)。デモバージョンのアコギも秀逸。

ルー・リード、ヴェルヴェッツが苦手なので、どうかなと思ったけど意外と良かったです。
by ryo_1989 | 2009-11-28 03:51 | 買ったCD | Comments(2)

Cocaine

c0166634_1104759.jpg
結局、クラプトンの70年代のアルバムはプラケ&紙ジャケでむちゃくちゃに集めてしまった。
そんなお粗末なコレクターな俺はジワジワと聴きこんでいるのだ。今日はSlowhandをジックリと。

えぇと・・・クラプトン流「産業ロック」と捉えたんだけど、どうなんだろ。
70年代のE.C.アルバムの中でもかなり落ち着いた作品。461とかThere's One In Every Crowdみたいなアルバムもあったけど、アレは「落ち着いている」じゃなくて「リラックスしている」感じを受けるんだよね。レゲエに手を出したりして、いろいろな音楽性のアルバムを出しているけど、それがSlowhandで方向性が定まったっていうか・・・実はかなり好きです、このアルバム(笑)。ジェイミー・オールデイカーも昔から好きなんだけど、The Coreでの「ボンゾ」なプレイはかなりお気に入り。またクラプトンの渋いギターとよく合うのよ!コレは間違いなく70年代E.Cを代表する名盤だってことを再確認したのでした。他のアルバムも勉強の息抜きで少し聴こうっと。
by ryo_1989 | 2009-11-27 01:26 | 聴いたCD | Comments(2)

胸いっぱい

c0166634_0172819.jpg
最近は寝る時、GOING UNDER GROUNDばっかり聴いてます。
とにかく「胸キュン!」なんすよねぇ。なかでも、良い曲が一杯詰まった「TUTTI」と「おやすみモンスター」は大好きで、本当に癒されます。
「おやすみモンスター」なんてタイトルからして良いじゃないですかぁ。ヘボ受験生のピュアな心にズサリと刺さります。特に気に入ってる「おやすみモンスター」の曲は「胸いっぱい」。アルバムの最後を飾る曲なんですけど、疾走感+素晴らしいメロディー・・・もう言う事ナシです。松本のちょっとハスキーな声が曲調にマッチしていて、きっと一生聴き続けるんだろうな...とか考えてます。騙されたと思ってクリックしてみてください!


ね、良いでしょ?
普段、洋楽しか聴いていない方も、このような「純・日本ロック」をたまに聴くのも新鮮かも!
by ryo_1989 | 2009-11-27 00:28 | 聴いたCD | Comments(2)

Anna Lee, The Healer

c0166634_23585332.jpg
昨日は寝る前に、ビーチ・ボーイズのFriendsを聴きました。
このアルバム、穏やかで大好きなんすよね。ちなみに初めて買ったビーチ・ボーイズのアルバムがコレなんです。
どんだけマニアックな所から攻めてるんだ?と言われちゃいそうですが(苦笑)。

Meant for Youから最高なんですよね。たった50秒ちょっとであんなにも感動できるんですからBB5はナメてはいけないんです。Friends~Wake The World~Be Here In The Morning~When A Man Needs A Womanの流れは完璧だと思います。ここまでだったらペット・サウンズにも勝てるのでは!?といつも思ってしまいます。ただB面は少し弱いような気もするんですよね。ただAnna Lee, The Healerは大名曲。コレを聴きたくなって、このCDを再生してしまうんですよね。


クレジットを見て気付くのはメンバー全員でアルバムを作り上げていること。
ブライアンが出しゃばってないのも、良いんですよね。これこそ「真のビーチ・ボーイズ」が作り上げたアルバムと言っても過言ではないのでは!?
「ソフト・ロックの名盤」として近年、再評価されていますよね。
by ryo_1989 | 2009-11-26 00:06 | 聴いたCD | Comments(8)

R.I.P.

c0166634_23445489.jpg

やっぱりバンプの新曲は買ってしまうのであった。
今回は両A面。R.I.P.とMerry Christmasの二曲です。

いやぁ、期待を裏切らないですな。素晴らしい!
フジ君の優しい歌声は良いですね、やっぱり。
R.I.P.は「これぞバンプ!」っていう疾走感溢れる曲。それに対してMerry Christmasはアコースティックな「花の名」タイプの曲。
どちらも名曲!早くアルバムが聴きたいぞ!
by ryo_1989 | 2009-11-25 23:48 | 買ったCD | Comments(0)

Bombtrack

ただいま。模擬講義、受けてきました。いやぁ、大学の授業の雰囲気って独特だよね。
今日は一般の生徒さんに混じってきたんだけど、ますます志望校に進学したくなったね。
あとはレポート書いて、自己推薦文書いて...ダメだったら一般、もしくはセンター利用なんすけどね。

c0166634_19103432.jpg
昨日の夜は緊張していて全然寝れなくて、布団の中で結構音楽聴いてました。
鬼束の新譜とかレイ先生の2ndとか聴いてたんだけど、一番グッと来たのはレイジの1st!
いやぁ、ミクスチャーロックはやっぱり凄い。カッコいいとかカッコ悪いとかの前に「凄い」。勿論レイジはカッコいいんだけどさ。とにかくグルーヴ、ベースとドラムスが半端ないんだよね。この後聴いたリンプの3rdが霞む程ですよ。Zack De La Rochaのまくしたてるようなボーカルに、キレ味鋭いTom Morelloのギター。うねるうねるTim Commerfordのベースに、ドスドスなBrad Wilkのドラムス。もう言う事ナシ!カッコ良過ぎるよ。買ってから2年近く放置していたのを後悔させるバンドでした。実はアメリカで2ndと3rdも買ってるんだよね。今はレポートの構想を練りながら2nd聴いてるんだけど...
やっぱり凄いわ・・・レイジ。参りました。
by ryo_1989 | 2009-11-23 19:19 | 聴いたCD | Comments(0)

On With The Show

c0166634_0141824.jpg

プログレの大作「曼荼羅組曲」をリリースしたマンダラバンドに元ジャイロのポール・ヤングとイアン・ウィルソンが加わったハード・ポップ・バンド、Sad Cafeの2in1CDを購入した。
The Digのブリティッシュ・ハード・ロックのアルバムガイドでジャケのインパクトが凄くて、ずっと気になっていたバンド。やっとGetすることができました。結局Amazonなんですけどね(笑)。
で、中身なんですが...買って良かった!すげぇカッコいいじゃないですか!
いわゆる「B級ハードロック」なんだけど、そのB級感が心地良いです。
コーラスも女性シンガーに頼るのではなくメンバーが担当しているのポイント高し。
更にギターが巧いんですよね。
Disc1のFanx Ta-Raはアーシー感さえ漂いますね。
で、Disc2のMisplaced Idealsはビートが効いてて、Mr.Big(UK)とかThin Lizzyが思い浮かびました。
ただAORの雰囲気もあるし、これはハイセンスですな。

まだまだ集めたいB級ハードって山ほどあるんですよね。
受験終わってバイトでもしたら結構集められるかな???

そんな訳で明日は志望校の模擬授業なんですね。科目は臨床心理です。レポート書いて、自己推薦文書いて、受かるといいけど(汗)。
頑張ります!
by ryo_1989 | 2009-11-23 00:14 | 買ったCD | Comments(2)

50,000アクセス達成

c0166634_23565471.jpg

seesaaからエキサイトに移転して一年と四カ月、遂に50,000アクセスに到達しました!
最初は100アクセスすら届かない日もございましたが、今では平均190人程の方が読んでくださってるようです。感謝感謝ですな。
これからも内容無茶苦茶、もはや「カオス」なブログ、Life On The Roadをよろしくお願いします。
by ryo_1989 | 2009-11-22 00:00 | 機械 | Comments(14)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo