<   2009年 05月 ( 53 )   > この月の画像一覧

Alcohol

c0166634_22503389.jpg
友達と呑んできました。
・・・え、まだ19歳だぞ!?って・・・まぁいいでしょう(苦笑)。
行ったのは「牛角」。
とりあえず3~4人前の盛り合わせを頼みましたが、やはり足りずに追加注文。
ハラミに、鶏モモ、カルビを平らげてきました。
呑んだのは梅酒とウーロンハイ。梅酒は家でちょくちょく呑んでましたが、ウーロンハイは初体験。
いや~なかなか美味いじゃないか。
只今、ベロベロです(笑)。
まぁ大学入ってからの「呑みのリハビリ」とでも考えよう。
しかし「~ハイ」の類があんなに美味いとは思わなかった。

今月はこんな締め方で。
6月も頑張ろう~
by ryo_1989 | 2009-05-31 22:54 | 日記 | Comments(4)
c0166634_8374592.jpg
気づけば、明日で5月も終わり。
何とか今月は毎日ブログを更新できそうです。
エントリ数も過去最多。
エキサイトに引っ越して9カ月・・・ここに来て、Life On The Road、調子に乗り始めました(笑)。
今後の目標としては、一日200アクセス。今までの最高記録は151アクセス。
届きそうで届いていないんですね~。
コメントも大変励みになるし、やっぱり嬉しいモノなので、お暇であれば何か足跡を残していただければ嬉しいな。
これからもどうぞよろしくお願いします!
by ryo_1989 | 2009-05-30 08:36 | ひとりごと | Comments(8)

Ladies Of The Road

c0166634_250158.jpg
King CrimosnのIslands、俺はこのアルバムが大好きだ。
Redまでのクリムゾンだけで考えると、とんでもなく静かなアルバムだし、決してカッコよくはない。
でも「美しい」のだよ、ひたすら。
まずジャケが美しい。フープルのAll The Young Dudes、ストーンズのUK盤1stに並び、俺の好きな三大ジャケである。やっぱりひたすらドラマティックなのが良いよね、アートに関しては。



で、内容。
Formentera Ladyはボズ・バレルのか細いが、芯のある声が聞けるメロディアスなナンバー。
この曲がアルバムを象徴している感じも。
Sailor's Taleは逆にフィリップのメタルなギターが堪能できる。
でもRedのようなへヴィな感じじゃないんだよね。
一転、太いサクソフォンがカッコいいLetters。地味だけど良い曲だと思うよ。
ところでイアン・ウォレスが全然ドラム叩いてない気がするの、俺だけ(苦笑)?
Ladies Of The Roadは俺がこのアルバムで一番好きな曲。
ビートルズmeetsクリムゾンって言うと、わかりやすいかな?
メロディアスだけどコーラスワークがキレイで、正にビートリーなのね。
手数は少ないけどウォレス、やっと叩き始めました(笑)。
ベスト盤にも必ず入ってるよね。大賛成だけどさ。
5曲目はクラシック風でちょっと馴染めません。
そして、わずか6曲目の表題曲でアルバムは終わる。
とにかくひたすら美しいのだよ。
全てのプログレの中でも指折り三本には入るでしょ?
メル・コリンズのサックスが凄いフューチャーされてるよね、ブラスロックの要素もあるな。
by ryo_1989 | 2009-05-30 03:08 | 聴いたCD | Comments(0)

Faces of John Lennon

ジョン・レノンが素晴らしいアーティストだったというのは当たり前の話だが、
この男、ルックスも最高だったのである。

c0166634_2364818.jpg
←まずは幼少期、小学校4年生頃の写真。
やっぱり幼さはかなりあると思うけど、すでに顔が出来上がってる感じがしない?
イケメンになりそうな感じがかなり出ている。

c0166634_2382271.jpg
ビートルズ初期の頃→
カッコいいよね、外人特有のホリの深さが良い方に出てるよ。
ちょっとピート・タウンゼントに似ている気も・・・

c0166634_2395650.jpg
←中期、マジカル・ミステリー・ツアーあたり。
ヒゲがダンディーさを醸し出している。もうさすがに若いとは言えないけど、カッコいいよな。
サイケな衣装に合う顔だなぁといつも思う。

c0166634_2312137.jpg
→同じ頃の写真だが、俺はこのレノンが一番カッコいいと思っている。
ソロになってからも良い写真はたくさんあるが、抜群のルックス。
oasisのリアムに似ている感じ。ってかもともとリアムってジョンの子供みたいな似方だよね。
こんな丸眼鏡が似合う奴ってそういないぜ!

c0166634_23152029.jpg
←ソロ期のレノンはひたすら渋い。
(高倉健+ブラッド・ピット)÷2。

c0166634_23171979.jpg
→亡くなる直前。
なんかこいつ、自分が早死にするっていうのを、知ってたんじゃないかってな具合にオーラが重い。

もし2009年の今、生きていたらどんな顔だっただろうか。
少なくともポールよりはカッコいい「ジジイ」ではあったと思うのだよ。
by ryo_1989 | 2009-05-29 23:23 | 音楽の話題 | Comments(6)

あれから・・・

c0166634_22152334.jpg
父親の浮気発覚から二週間近く経過しました。
心配してくださった方にご報告を。
とりあえず父とは普通に会話できるようになりました。
多少の気まずさはあるものの、テレビの事だとか、僕の勉強の進み具合の事はね。
父親からも謝罪の言葉がありましたし。
「俺は何があろうとお前の父親だ」・・・って言われました。
だから許すことに決めたのです。

ただ心配なのが妹。
僕の2つ下なのですが、「アレ」以来、父と会話をしていない様子なのです。
もちろん事情は完全に知っています。
やはり「男の子」である僕はすぐに元に戻れそうですが、一番多感な高3の「女の子」にはショックが大き過ぎたのかもしれません。
普通に何も無くても、これくらいの年齢の「女の子」は男親とあまりコミュニケーションを取らないじゃないですか。
だから心配です。
母が悩んでる様子も見ているだろうし、我が家が揺らいだ状況はヒシヒシと感じているはず。
家族が元通りになるにはもうちょっと時間がかかりそうです。
by ryo_1989 | 2009-05-28 22:24 | ひとりごと | Comments(2)

No Surprises

c0166634_2151478.jpg
結局昨日も寝つけず、昼夜逆転になってしまっている。
幸い塾で授業が無かったので、2時から自習に行き、少し居眠りをした。
また今夜も寝られないだろう。
ホントだったらひたすら勉強なのだろうが、そんな集中力は毛頭ないのだよ。

昨日の真夜中にRadioheadのOK Computerを聴く。
買った時からずっと好きなのはLet DownとNo Surprisesの2曲。特に好きなのがね。
Airbagのカッコよさは俺には分からないし、Paranoid Androidも良いんだか悪いんだか・・・って感じ。
あ、Karma Policeは良い曲だって思うけどね。
で、そのLet Down。
ヘッドフォンで聴くとより良いと思うのだけど、美しいメロディーとアルペジオのギターが実に心地よいんですよね。ミックスが良いんだろうね。



それとNo Surprises。
ミスチルの曲のような鉄琴の使い方が抜群。寝る時に聴くと癒されますな。



僕のブログを見てくださってる方にはあんまり馴染みの無いバンドかもしれませんが、ちょっと聴いてみると意外と気に入るかも^^;
by ryo_1989 | 2009-05-28 22:02 | 聴いたCD | Comments(2)

Batman

c0166634_2241946.jpg
300円でゲットしたプリンスの「バットマン」。
結構前に「1999」が馴染まず売却してしまったのですが、「サイン・オブ・ザ・タイムス」を入手して、かなり気にってしまったところでの「バットマン」でした。
「やっぱりネチッこくて気持ち悪い感じかな?」なんて思ってましたが、なかなか良いじゃないですか!
プリンス特有の粘っこさはあんまりなくて、ひたすらポップ。
これなら聴きやすいね。
通の方達がよくおっしゃる「プリンスのギター=最高」っていうのはあんまり分からないけど(このアルバムではあんまり弾いてない)、曲自体がキャッチーなモノばっかりで気に入りました。ファンク色はかなり薄めかな?
でもタイトル曲はカッコいいね!
R&Bの上物を聴いてる感覚に陥ります。
今度、プリンスのアルバムが紙ジャケ&SHM-CDでリイシューされるみたいですが、何枚か買ってみようかな。・・・ヴィンセント君、やっぱり「パープル・レイン」からかい?
by ryo_1989 | 2009-05-27 22:48 | 聴いたCD | Comments(8)

Girls On Film

c0166634_21114260.jpg
Duran Duranの1stアルバム(リマスター盤)を500円で入手。
早速聴いていますが、良いですね~。
完全にNWな音ですが、ギターのエッジも鋭いしポップというより完全にロックですな。
ちょっとXTCの1st & 2ndに似ているかも。
Duran Duranのアルバムも少しずつ集めていて、「リオ」「ノートリアス」「ビック・シング」まで揃えました。
アイドルバンドだからと言って、聴かず嫌いしている方は損ですよ~。
PVもカッコいいね!MTVド真ん中!!!


by ryo_1989 | 2009-05-26 21:17 | 聴いたCD | Comments(4)

Beautiful Night

最近・・・と言ってもここ10年間で一番好きなポールの曲はこれ。



Beautiful Nightです。97年発表のアルバム「フレミング・パイ」に収められてます。
あ~12年前か・・・もうそんなに経つのね^^;
やっぱり、凄まじくドラマティックなPVはポールの得意技。
「ひとりぼっちのロンリーナイト」に通ずるモノがあるよね。
そして何と言ってもリンゴが全編に渡って出演していること!
「俳優、リンゴ・スター」、演技が自然だね。ヤァヤァヤァの時から、芝居させたら一番上手いよ。
ドラムも叩いていて、ビートルズが復活したかのようです。
曲調もお得意のハピネス・イズ・ザ・ウォームガン方式。
いきなりフォークロックな感じに持って行くところはやっぱり天才ポール。凄いです。
最近(ここ10年)のポールは、大名曲こそ作れていないものの、粒ぞろいな佳曲をたくさん発表してますな。
無理は言わないけど、また日本に来てほしいな。
チケット代、呆れるほど高くても観に行くよ~
by ryo_1989 | 2009-05-26 21:07 | Favorite Tune | Comments(4)

Another Ticket

c0166634_22505836.jpg

これって何で過小評価されてるんだろう???ってか無視されてるに等しい感じじゃん。
全然悪いアルバムじゃないよ!
参加してる人たちも、キーボードがクリス・ステイトン、もう一人のキーボードがゲイリー・ブルッカー、そうプロコル・ハルムの人ですよ!ドラムスはヘンリー・スピネッティー。通な方だと結構良いメンツだってわかるでしょ?
ファンキーだし最高にカッコいいのだよ、この方たち。
曲も粒ぞろい。特にCatch Me If You Can。



ね?良いでしょ。無視されるべきでないよな、このアルバム。
80年代後期のAORなエリックより全然カッコいいと思うんだけど。
by ryo_1989 | 2009-05-25 22:50 | 聴いたCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo