カテゴリ:ランキング( 67 )

日本人編の次はイギリス!60's~現在まで節操なくいきたいと思います。

では、こちらへ!
by ryo_1989 | 2015-10-03 00:41 | ランキング | Comments(6)
久々にランキング企画行ってみましょうか。
前回は洋邦混ぜてドラマーランキングやったんですけど、あまりにも節操ないのでまずは日本人編。

では、こちらへ!
by ryo_1989 | 2015-10-02 00:08 | ランキング | Comments(6)

好きなギタリスト TOP30

去年立て続けに投稿していた、「好きなミュージシャン」ネタ。
2015年度シリーズにちょっとだけ取かかろうと思います。
まずはギタリスト、それでは。

第20位 George Harrison (The Beatles)
c0166634_0582588.jpg

最近やけにジョージのギターが気になるのです。弾きまくるのではなく、好きなフレーズを厳選して弾いている感じがたまらなくカッコいいと。

第19位 Jimmy Page (Led Zeppelin)
c0166634_115987.jpg

正直、そこまで上手いとは思わない(個人的な感想です、すいません)のですが、ドラマティックなフレーズを弾かせたら右に出る者はいないんではないか...位に思っています。また、プロデューサーとしても素晴らしいアーティストだなぁ...とつくづく。

第18位 Jim Hall
c0166634_161827.jpg

一番好きなジャズギタリスト。ビル・エヴァンスとの共演盤は死ぬほどリピートしております。

第17位 Stephen Cropper (Booker T. & the M.G.'s)
c0166634_193522.jpg

アトランティックレコードの巨匠。正確なカッティングが白眉であります。

第16位 Ira Kaplan (Yo La Tengo)
c0166634_113631.jpg

今年になってハマった、アメリカンインディーズバンド「Yo La Tengo」のギタリスト。
ノイジーかつフリーキーなギターが最高にクール。

第15位 仲井戸 麗市 (RCサクセション)
c0166634_1163839.jpg

チャボ。RCのライブ盤を聴いてファンになりました。
先日、『シングル・マン』の特番に出演しておりましたが、まだまだ若いビジュアルで安心(笑)。

第14位 湯浅 将平 (Base Ball Bear)
c0166634_12203.jpg

切れ味鋭いリフを武器に、Base Ball Bearのサウンドの核となっています。
これまたライブ盤聴いて、ファンになりました。

第13位 山下 達郎
c0166634_1242659.jpg

ソングライターとしての評価はされてもギタリストとしては過小評価気味。
滅茶苦茶ギター上手いんです。

第12位 Johnny Marr (The Smiths)
c0166634_1272239.jpg

地味ですが、信じられない程キレイなバッキングが大好きです。

第11位 Eric Clapton
c0166634_1303829.jpg

去年、現役最後のライブを観れた事。ジジイになったら自慢できそうです(笑)。

ここで30位~21位をザーッと。

第30位 David Gilmour (Pink Floyd)
第29位 Ritchie Blackmore (Deep Purple,Rainbow)
第28位 Paddy McAloon (Prefab Sprout)
第27位 加山 雄三
第26位 川崎 亘一 (the band apart)
第25位 Dave Davies (The Kinks)
第24位 Berton Averre (The Knack)
第23位 Wilko Johnson (Dr. Feelgood)
第22位 Elmore James
第21位 Brian May (Queen)

第10位 Angus Young (AC/DC)
c0166634_144818.jpg

マルコムの分まで頑張ってもらいたい...

第9位 橋本 絵莉子 (チャットモンチー)
c0166634_2293490.jpg

最近出たアルバムが信じられないくらい良い出来でした。そろそろ感想文書こうかな。

第8位 Ian Bairnson (Pilot)
c0166634_147514.jpg

パイロット、大好きなんです。どこまでもポップなフレーズは聴いていて本当に良い気分になります。

第7位 Paul Kossoff (Free)
c0166634_150432.jpg

ビブラートを利かせたフレーズは官能的ですらあります。先日アンディ・フレイザーが亡くなり、存命するフリーのオリジナルメンバーは残り二人になってしまいましたね...

第6位 Pete Townshend (The Who)
c0166634_1524457.jpg

高校生の頃にWhoを生で観れたことが、既に人生のハイライトになりかけております。

第5位 フジイ ケンジ (The Birthday)
c0166634_1545082.jpg

丁寧なバッキングとメロディアスなソロパート、たまらないです。
チバとの相性も抜群かと。

第4位 John Anthony Frusciante (Red Hot Chili Peppers)
c0166634_1565762.jpg

大好きなギタリストだから4位にランクインしたものの、前衛的なソロアルバムには付いていけなくて(苦笑)。

第3位 鈴木 茂
c0166634_158291.jpg

今年は正月から茂さんのギターばかり聴いている気が。
特に『HOSONO HOUSE』でのギター、ツボを押さえた最高の演奏です。

第2位 Keith Richards (The Rolling Stones)
c0166634_159445.jpg

最近の音源聴くと、流石に衰えを感じてしまうけど、キースは外せないよなぁ...

第1位 浅井 健一
c0166634_211466.jpg

個人的に日本一ギターが上手いアーティストだと思ってます。
去年の10月にライブ観に行ったけど、本当に上手かった。
早く新譜が聴きたいのです。

というわけで、30人挙げてみました。正直30人全員1位にしたい程みんな好き。
でも、それじゃあ企画が成立しないので、こんな感じです(苦笑)。
宜しければ突っ込んでやってください。
by ryo_1989 | 2015-05-24 02:31 | ランキング | Comments(6)

Paul McCartney ベスト30

ポールのリベンジ公演が迫ってきました。自分も何とか一日だけ観に行けそうです。
というわけで、ポールの楽曲(ビートルズ時代を含む)で好きな曲を30曲挙げてみようと思います。

30. 「Take It Away」 from 『Tug Of War』'81

29. 「Yesterday」 from 『Help!』'65 (The Beatles)
28. 「Let It Be」 from 『Let It Be』'70 (The Beatles)
27. 「The Back Seat Of My Car」 from 『Ram』'70
26. 「My Love」 from 『Red Rose Speedway』'72 (Paul McCartney & Wings)
25. 「Magneto And Titanium Man」 from 『Venus And Mars』'75 (Paul McCartney & Wings)
24. 「Ob-La-Di-,Ob-La-Da」 from 『The Beatles』'68 (The Beatles)
23. 「With A Little Luck」 from 『London Town』'76 (Wings)
22. 「Wonderful Christmastime」'79
21. 「Pipes of Peace」 from 『Pipes of Peace』'83


「Take It Away」はリンゴとスティーブ・ガッドのツインドラムスの駆け合いが大好きな曲。
「Yesterday」「Let It Be」といったド定番も、聴き飽きたものの外せませんね。
やはりポールはドラマティックなメロディーに惹かれます、「Pipes Of Peace」は典型的なパターンかな。

20. 「My Brave Face」 from 『Flowers In The Dirt』'89

19. 「Drive My Car』 from 『Rubber Soul』'66 (The Beatles)
18. 「All My Loving」 from 『With The Beatels』'63 (The Beatles)
17. 「Young Boy」 from 『Flaming Pie』'97

16. 「Temporary Secretary」 from 『McCartney Ⅱ』'80
15. 「Anyway」 from 『Chaos And Creation In The Backyard』'06

14. 「Hey Jude」'67 (The Beatles)
13. 「Listen To What The Man Said」 from 『Venus And Mars』'75 (Paul McCartney & Wings)
12. 「Getting Closer」 from 『Back To The Egg』'79 (Paul McCartney & Wings)
11. 「Hello Goodbye』 from 『Magical Mystery Tour』'67 (The Beatles)

割と最近('90年代以降)の曲も好きなのが多いです。
『Chaos And Creation In The Backyard』は大名盤。「昔のポールは好きだけど最近の聴いてないなぁ...」って方にお勧めです。やはり天才は老いても天才に変わりありませんから。
「My Brave Face」は"初来日の思い出の曲"って方もいらっしゃるのではないでしょうか。
では、上位10曲です。

10. 「Coming Up」 from 『McCartney Ⅱ』'80
9. 「Band On The Run」 from 『Band On The Run』'73 (Paul McCartney & Wings)
8. 「Live And Let Die」'72 (Paul McCartney & Wings)
7. 「Treat Her Gently/Lonely Old People」 from 『Venus And Mars』'75 (Paul McCartney &Wings)
6. 「Silly Love Songs」 from 『Wings At The Speed Of Sound』'77 (Paul McCartney & Wings)
5. 「Daytime Nightime Suffering」'79 (Paul McCartney & Wings)
4. 「Carry That Weight」 from 『Abbey Road』'69 (The Beatles)
3. 「Misery」 from 『Please Please Me』'62 (The Beatles)
2. 「Martha My Dear」 from 『The Beatles』'68 (The Beatles)
1. 「Beautiful Night」 from 『Flaming Pie』'97


というわけで1位は過小評価にも程がある名曲「Beautiful Night」です。
ビデオもメロディーもサウンドも文句無し。2002年に来日した時に死ぬほど聴いてました。

御年72歳。とりあえず日本に来てくれるだけで嬉しいです。楽しみに待ちましょう。
by ryo_1989 | 2015-03-16 00:00 | ランキング | Comments(12)
今日、明日、明後日と有明で乃木坂46が大きなライブを行います。
1月の1stアルバム発売に辺り、Disc2に収められるカップリング曲Best10が発表される模様。

というわけで、誰も興味ないであろう、『個人的、乃木坂46カップリング曲 Best 10』

コチラ!
by ryo_1989 | 2014-12-12 18:40 | ランキング | Comments(0)
早くも7月最後の日。暑いですが、ここの所は充実しておりますが...来年から地獄ですかね(苦笑)

さて、また一週間空きましたが...
「好きな日本人シンガー ベスト10 2014年Ver.」!!!

第10位 中元日芽香 (乃木坂46)
c0166634_22184921.jpg

乃木坂にハマって、ちょうど1年。やはり外せないのは"ひめたん"
ファンの中では、乃木坂の中で歌が上手いと評判なんです。
そして、何より「推しメン」ですし(苦笑)。

第9位 佐野元春
c0166634_21311466.jpg

佐野さんも、ファンになってから日が浅いですが相当聴き込んでいます。
やはり2ndアルバムの完成度は恐ろしいモノがありますね。『カフェ・ボヘミア』も大好きです。

第8位 草野マサムネ (スピッツ)
c0166634_21323555.jpg

スピッツはリリースされたアルバムは全て揃えています。声質も勿論好きですが、彼の描くエヴァーグリーンなポップソングのクオリティたるや。もう草野さんって良い曲しか描けないアーティストなのかも。

第7位 加藤ひさし (ザ・コレクターズ)
c0166634_21355367.jpg

50歳代半ばで、あのハイトーンボイス。クアトロに何度もライブ観に行ってるんですけど、サウンドの表現方法が絶妙なんです。そして、書く詞も素敵だし...新譜も最高でした♪

第6位 荒井岳史 (the band apart)
c0166634_2138890.jpg

英語の発音は下手だし、ハッキリ言って歌唱力もあまり...でも惹かれるんです。
『Scent of August』ってアルバムを是非とも聴いて頂きたいです。素晴らしいアルバムですから。

第5位 やくしまるえつこ (相対性理論)
c0166634_21403262.jpg

「相対性理論」しか聴いていない時期がありました。その声に萌えながら(...)勉強頑張ってました。

第4位 山中さわお (the pillows)
c0166634_21425196.jpg

日本が誇る「ロックスター」山名さわお。
さわおさん、MC面白いし高音も出るし...何より最強のソングライター。またライブ行きたいです。

-------------------------------------------------------------------------------------------
TOP3の前に...納まりきれなかったので、30位から!

第30位 沢田研二 (ex.ザ・タイガース)
第29位 YUI
第28位 中島みゆき
第27位 志磨遼平 (ex.毛皮のマリーズ、ドレスコーズ)
第26位 湯川潮音
第25位 宇多田ヒカル
第24位 デイヴ平尾 (ザ・ゴールデン・カップス)
第23位 尾崎豊
第22位 角田ヒロ (ex.フードブレイン)
第21位 浅井健一 (ex.Blankey Jet City)
第20位 タケカワユキヒデ (Godiego)
第19位 藤井敬之 (音速ライン)
第18位 桜井和寿 (Mr.children)
第17位 岸田繁 (くるり)
第16位 曽我部恵一 (ex.サニーデイ・サービス)
第15位 忌野清志郎 (ex.RCサクセション)
第14位 山下達郎
第13位 鬼束ちひろ
第12位 甲本ヒロト (ex.ザ・ブルーハーツ、ザ・ハイロウズ、ザ・クロマニヨンズ)
第11位 早川義夫 (ex.ザ・ジャックス)

-------------------------------------------------------------------------------------------
第3位 藤原基夫 (BUMP OF CHICKEN)
c0166634_2252391.jpg

まず、とんでもないイケメン。どうやら10代女子のセックスシンボルらしい。納得。
ところが男子もメロメロになる低音ボイス。どんなに駄曲でも彼の声が乗れば、名曲に。
先週の「ミュージック・ステーション」凄かったなぁ...

第2位 小田和正
c0166634_2281866.jpg

たたでさえ、とてつもない良い曲なのに、とてつもない小田さんの良い声が被さるケミストリー。
何年か前に叔父と小田さんのライブ行って、号泣した記憶が...

第1位 チバユウスケ (The Birthday)
c0166634_22113429.jpg

僕の中での神様。
チバのシャウトで、人生変わった気がします(大袈裟)。
とにかくロックンロールし続けて欲しい、それだけで十分です。

さて、あっちこっち抜けてるのは毎度のことで申し訳ないですが、突っ込んでいただけたら幸いです。
ちょっと、J-POPに傾き過ぎたかな(汗)。
by ryo_1989 | 2014-07-31 00:00 | ランキング | Comments(4)
ちょっと間隔が空いてしまいましたが、ランキング企画をもういっちょ!

「好きな鍵盤弾き ベスト10 2014年Ver.」!!!

第10位 Billy Joel / 「The Stranger」
c0166634_14494993.jpg

生まれて初めて買ったCDが、ビリー・ジョエルの『52nd Street』でした。
最近は聴く機会も減りましたが、自分にとって大切な鍵盤弾きです。

第9位 坂本龍一 / 「energy flow」
c0166634_1454383.jpg

日本が世界に誇る音楽家。
ガンに勝ってくれ!もう一度、教授のピアノが聴きたいのです。

第8位 Tommy Flanagan / 「In A Sentimental Mood」
c0166634_1513915.jpg

最近、聴けば聴く程好きになるピアニストが現れました。
トミー・フラナガンの「In A Sentimental Mood」は何回聴いても美しく素晴らしい楽曲。
夜中についつい聴いちゃうピアニストの一人です。

第7位 Billy Preston / 「Get Back」(The Beatles)
c0166634_1551679.jpg

ビートルズ好きなら、プレストン嫌いなファンいないんじゃない???
...なんて書きたくなる、ファンキーな鍵盤弾き。やはり、『Let It Be』での貢献度は凄まじい!

第6位 Steve Nieve (ex.The Attractions) / 「Oliver's Army」
c0166634_15101462.jpg

コステロの盟友、スティーブ・ナイーヴ。
転がるようなポップなピアノに、何度ワクワクしたことか。
今でも「Oliver's Army」でのプレイは大好きで、よく聴きます♪

第5位 Ian McLagan (ex.Small Faces,The Faces) / 「Stay With Me」(The Faces)
c0166634_1513594.jpg

マックの明るい気質と、R&Rの神髄を極めたピアノが大好きです。
ストーンズの'81アメリカツアーでのMVPはマック!

第4位 John Paul Jones (Led Zeppelin) / 「No Quarter」
c0166634_15165088.jpg

生意気かもしれませんが、ジョンジーはベーシストよりも「鍵盤弾き」として評価してしまいます。
あの凄まじいグルーヴは、ジョンジーの真骨頂。未だに元気なのも嬉しいのです。
写真をベース持ちにしているのは、わざとですので(汗)!

-------------------------------------------------------------------------------------------
TOP3の前に...納まりきれなかったので、30位から!

第30位 小田和正 (ex.オフコース)
第29位 金澤ダイスケ (フジファブリック)
第28位 Keith Jarrett
第27位 Wynton Kelly
第26位 Brian Wilson (ex.The Beach Boys)
第25位 Keith Emerson (Emerson, Lake & Palmer)
第24位 Greg Laurie (ex.Santana,Journey)
第23位 Garth Hudson (The Band)
第22位 Gilbert O'Sullivan
第21位 Thelonious Monk
第20位 Ben Folds
第19位 Max Middelton
第18位 Brian Auger
第17位 Dave Brubeck
第16位 Richard Wakeman (ex.Yes)
第15位 Richard Wright (Pink Floyd)
第14位 John Lennon (ex.The Beatles)
第13位 Paul McCartney (ex.The Beatles)
第12位 Elton John
第11位 Jon Lord (Deep Purple,White Snake)

-------------------------------------------------------------------------------------------
第3位 ミッキー吉野 (Godiego) / 「銀河鉄道999」
c0166634_15315140.jpg

過小評価されているぞ!ミッキーさんのオルガンのポップなフレーズが最高に好きです。

第2位 Bill Evans / 「We Will Meet Again (For Harry)」
c0166634_15341946.jpg

ジャズピアニストの中で一番好きです。「We Will Meet Again (For Harry)」を聴くと、毎度のことながら涙腺緩むし、気が滅入っている時の『Moonbeams』は個人的に抗鬱剤として使っています。

第1位 Freddie Mercury (Queen) / 「Don't Stop Me Now」
c0166634_15382177.jpg

とうとう一周して、このお方が優勝です。
僕の音楽原体験はQueenの「Don't Stop Me Now」でした。
ブライアンのギターが全く現れないながら、スピード感に溢れた「Don't Stop Me Now」でのピアノ。
9月に出る'74ライブ音源が楽しみで仕方ない!!!

さて、こんな感じになりました。
ピアノ、オルガン、シンセはUK,USに好きなアーティストが多い証拠ですな♪
by ryo_1989 | 2014-07-25 00:00 | ランキング | Comments(8)
こんな拙いランキングにコメント頂き、本当にありがたいです。
ドラマー、ギタリスト...と来たら、やはりやっていかなきゃ。

「好きなベーシスト ベスト10 2014年Ver.」!!!

第10位 Bill Wyman (ex.The Rolling Stones) / 「19th Nervous Breakdown」
c0166634_23443560.jpg

ベースラインが目立つ曲では弾かせてもらえないけど、プライベートは派手だった〝サイレントストーン”
御年77歳(!)まだまだ、カッチョイー!!!

第9位 John Entwistle (The Who) / 「The Real Me」
c0166634_23465066.jpg

『四重人格』で大好きになったベーシスト。シンガーとしても大好きです。
「Summertime Blues」での〝アレ”がたまらんのです。

第8位 Scott LaFaro (Bill Evans Trio) / 「My Foolish Heart」
c0166634_23514413.jpg

すいません、またエヴァンス絡みなのですが...伝説のジャズベーシストです。
交通事故により、若くして亡くなりましたが、それもまた伝説の一部なのかも。

第7位 Paul McCartney / 「Coming Up」
c0166634_23565041.jpg

どうか、あと一度で良いから生で観たい!!!

第6位 岸部一徳 (ザ・タイガース) / 「シーサイド・バウンド」
c0166634_003946.jpg

GSには名ベーシストが付き物。タイガースでのプレイは、シンプルながら味があって大好きです。

第5位 ルイズルイス加部 (ザ・ゴールデン・カップス) / 「ヘイ・ジョー」
c0166634_031539.jpg

初めて「ヘイ・ジョー」を聴いて、プレイに鳥肌が起ったのを、ハッキリと覚えています。
カップスはメンバーの老齢化により、メンバー全員でライブを行い辛い状況ですが...
もう一回、カッチョいいブルースを聴きたい!

第4位 James Lee Jamerson (Motown Records) / 「You Can't Hurry Love」
c0166634_0103341.jpg

モータウンの1,000円シリーズ。キッカケはソコでした。
知らんかった、こんなに凄いベーシストがいたなんて。凄過ぎる...

-------------------------------------------------------------------------------------------
TOP3の前に...納まりきれなかったので、30位から!

第30位 中川敬輔 (Mr.Children)
第29位 Noel Redding (ex.Jimi Hendrix Experience)
第28位 スティーブ・フォックス (Godiego)
第27位 Jack Blues (Cream)
第26位 田村明浩 (スピッツ)
第25位 Greg Lake
第24位 John Wetton
第23位 Paul Chambers
第22位 C.J.Ramone (The Ramones)
第21位 Jean-Jacques Burnel (The Stranglers)
第20位 Gene Simmons (KISS)
第19位 Sting (ex.The Police)
第18位 John Deacon (Queen)
第17位 Alan Lancaster (ex.Status Quo)
第16位 Krist Novoselic (ex.Nirvana)
第15位 山口達也 (TOKIO)
第14位 Geezer Butler (Black Sabbath)
第13位 照井利幸 (ex.Blankey Jet City)
第12位 Ron Carter
第11位 Roger Waters (Pink Floyd)

-------------------------------------------------------------------------------------------

第3位 Mel Schacher (Grand Funk Railroad) / 「Got This Thing On The Move」
c0166634_231984.jpg

GFRが3人だった頃のメルのグルーヴは、本当に凄過ぎる。
重く太く滑らかに...

第2位 Donald "duck" Dunn (Booker.T & The MG's) / 「La La Means I Love You」
c0166634_0421469.jpg

全てはアトランティックが1,000円でリイシューしたからだ。
アレでベースラインの聴き取り方が変わってしまったじゃないか。

第1位 細野晴臣 / 「夏なんです」
c0166634_0462848.jpg

本気でYMOを聴き出したり、夏だからって「はっぴいえんど」を聴き倒したり。
母方の叔父が細野さんの大ファンで、音源もかなり聴けたし。
だから、中古屋でまず「は」の棚を物色するようにもなった。素晴らしい出会い方だったかも。
とにかく「ニワカ」なんだけど、もっと音を聴いてみたいから1位です!

さて、こんな感じになりました。去年と大分変わったなぁ。
良いように言うと、広く浅く聴けている証拠(?)なのだと思います。
by ryo_1989 | 2014-07-18 00:00 | ランキング | Comments(19)
只今、帰宅。頭の中はブログ記事制作で一杯(おい:苦笑)。

ってなわけで...

「好きなギタリスト ベスト10 2014年Ver.」!!!

第10位 Jimmy Page (Led Zeppelin) / 「Stairway to Heaven」
c0166634_18595557.jpg

最早、日本人と化したペイジさんですが、プロデュース能力だけならブッチギリの1位。
しかし、ギタリストとしてはちょっとミスタッチが多いような...なんて書いたら叩かれそうですが...
いや、「天国の階段」のソロは鳥肌モノ!

第9位 Johnny Winter / 「Tobacco Road」
c0166634_193454.jpg

嘘ではなく、昨日から何位にランク付けしようか悩んでた最中の訃報。
悲しすぎます...
R.I.P.

第8位 John Anthony Frusciante (ex.Red Hot Chili Peppers) / 「Can't Stop」
c0166634_1955026.jpg

元Red Hot Chili Peppersのフルシャンテが8位。
独創性の高い...というかオリジナルにまったく忠実に演奏しない(笑)スーパーギタリスト。
ジョシュでは物足りない!帰ってきて、フルシャンテ!!!

第7位 Noel Gallagher (ex.Oasis) / 「Don't Look Back In Anger」
c0166634_1985844.jpg

偉大なる馬鹿兄弟のお兄ちゃん。
メロディアスな楽曲にシューゲイザーな音を乗せる点では、飛び抜けていると思います。

第6位 Thurston Moore (Sonic Youth) / 「Teenage Riot」
c0166634_19163164.jpg

アヴァンギャルド寄りのオルタナギタリストと言えば、サーストン!
2m近いギタリストですが、小技にも対応。キム・ゴードンとの絡みは何回聴いても興奮します。

第5位 川崎亘一 (the band apart) / 「led」
c0166634_19192651.jpg

日本が生んだバッキングの天才です。認知度は限りなく低いですが、個人的にマジで天才だと...

第4位 フジイケンジ (The Birthday) / 「なぜか今日は」
c0166634_1922565.jpg

「元マイ・リトル・ラヴァー」という驚愕の経歴を持つロックギタリスト。
魅力は「馬鹿正直」「丁寧」過ぎるギターワークです。

-------------------------------------------------------------------------------------------
TOP3の前に...納まりきれなかったので、30位から!

30位 John Lennon (ex.The Beatles)
29位 Paul Kossoff (Free)
28位 陳信輝 (ex.パワーハウス)
27位 Dave Hill (ex.Slade)
26位 David Paton (Pilot)
25位 小出祐介 (Base Ball Bear)
24位 鈴木茂 (ex.はっぴいえんど)
23位 David Gilmour (Pink Floyd)
22位 ジョニー大倉 (ex.CAROL)
21位 浅井健一 (ex.Blankey Jet City)
20位 Pete Townshend (The Who)
19位 Yngwie Malmsteen
18位 Angus Young (AC/DC)
17位 Brian May (Queen)
16位 橋本絵莉子 (チャットモンチー)
15位 Mick Ronson (ex.Spiders from Mars,Rolling Thunder Revue)
14位 Larry Carlton
13位 Andy Partridge (XTC)
12位 Ritchie Blackmore (ex.Deep Purple,Rainbow)
11位 Mick Taylor (The Rolling Stones)

-------------------------------------------------------------------------------------------
第3位 Keith Richards (The Rolling Stones) / 「Happy」
c0166634_1957440.jpg

ロックファンでキース嫌いな人って、もしかしていないのでは!?
...世界最強のリズムギタリスト。いつまでも転がり続けて欲しいです。

第2位 Eric Clapton / 「I Shot The Sheriff」
c0166634_1959488.jpg

2月の武道館ラストライブでの「I Shot The Sheriff」のギターソロに感動。神様です。
あの日のブート、一生手放しませんよ!

第1位 Stephen Cropper (Booker.T & The MG's) / 「I Can Dig It」
c0166634_19584575.jpg

じっくりとパートごとに音を聴くようになり、その職人のようなカッティングだったり、切れ味鋭いソロパートに大感動。これぞ「プロフェッショナル」だな...と思いました。

さて、明らかに突っ込み所が2,3箇所ある気がしますが(笑)、あくまでも独断と偏見に準じてランキング作ってみました。どうか突っ込んでください(汗)。
by ryo_1989 | 2014-07-17 00:00 | ランキング | Comments(8)
よし、この怠けたブログに喝を入れよう!
一年半ぶりに帰ってきた!

「好きなドラマー ベスト10 2014年Ver.」!!!

第10位 Paul Motian (Bill Evans Trio) / 「My Foolish Heart」
c0166634_22593013.jpg

ビル・エヴァンスにゾッコンでして、やはり外せないですね。
去年は10位にトニー・ウィリアムスがランクインしてたけど、最近マイルス聴いてないし、コチラで!
残念ながら、去年80歳で鬼籍に入られました。残念過ぎます。

第9位 Tommy Ramone (The Ramones) / 「Sheena Is A Punk Rocker」
c0166634_856551.jpg

マジで訃報聴いて、久々に泣きそうになりました。
確かに荒い演奏かもしれないけど、スピード感ったら半端ないですよね。
もうオリジナルRamonesは全員いなくなってしまいました。
カッコいいパンクを聴かせてくれてありがとう...そんな気持ちで一杯です。

第8位 Bev Bevan (Electric Light Orchestra) / 「10538 Overture」
c0166634_2393121.jpg

ドタバタしたタムの叩きっぷりが、ジェフ・リンの作るメロディーにハマっていましたね。
Electric Light Orchestra以外のバンドでも、その持ち味を存分に活かしていて、やっぱり大好きなドラマーです!

第7位 Roger Taylor (Queen) / 「I'm In Love With My Car」
c0166634_23113374.jpg

「元祖・イケメンドラマー」、そしてロッド・スチュワートを彷彿とさせるハスキーボイス!
Queenのロック担当はロジャーとブライアン!
フレディ亡き後も、元気に活動していて嬉しい限り!新譜も買ったよ♪

第6位 Ringo Starr (ex.The Beatles) / 「A Day In The Life」
c0166634_23133113.jpg

いつまでもチャーミングでポップなお爺ちゃん(笑)。
そろそろまた新譜も出るんですよね!
ビートルズを背負っているのは、ポールだけじゃないぞ!...でランクイン。

第5位 Jamie Oldaker (ex.Eric Clapton's Tulsa Tops) / 「Swing Low Sweet Chariot」
c0166634_2317312.jpg

歴代ドラマーの中で、一番クラプトンと相性が良かったんだと思います。
スネアの響きがドライで素敵なんすよね!

第4位 Ian Paice (Deep Purple,White Snake) / 「You Fool No One」
c0166634_23193126.jpg

初めて『Live In Japan』を聴いた時の感動が忘れられません。
よく二の腕が吊らないよな...と感心しておりました(笑)。
未だに現役バリバリ、カッチョイイ爺さん!

-------------------------------------------------------------------------------------------
TOP3の前に...

20位 Dave Mattacks (Fairport Convention)
19位 Keith Moon (The Who)
18位 クハラカズユキ (The Birthday)
17位 Steve Jansen (Japan)
16位 Bill Bruford (Yes,King Crimson,UK,Asia)
15位 佐藤シンイチロウ (the pillows)
14位 Abraham Laboriel Jr. (Paul McCartney Band)
13位 Hal Blaine (The Beach Boys:『Pet Sounds』)
12位 Tony Williams (The Miles Davis Quintet)
11位 Neil Conti (ex.Prefab Sprout)
-------------------------------------------------------------------------------------------

第3位 Cozy Powell (Rainbow,Jeff Beck Group) / 「Stargazer」
c0166634_2338688.jpg

バスドラの重みが、ボンゾと同じレベルで凄まじい。
HR/HM業界を渡り歩いた、名ドラマー。「Stargazer」(Rainbow)のイントロはいつ聴いても、鳥肌モノ。

第2位 中村達也 (ex.Blankey Jet City) / 「冬のセーター」
c0166634_2339308.jpg

見事なまでの「和製ボンゾ」。
スネアのリムショット、重すぎるバスドラ、タトゥーまみれの凶暴なシンバルワーク...
日本が世界に誇れるドラマーでしょう。

第1位 John Bonham (Led Zeppelin) / 「Achilles Last Stand」
c0166634_23413166.jpg

前ランキングから一年経っても、その地位は揺らぎません。
もう、なんちゅーか...反則気味ですよね(苦笑)。

皆様の好きなドラマーはランクインされていたでしょうか?
by ryo_1989 | 2014-07-16 00:00 | ランキング | Comments(12)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo