カテゴリ:Live!Live!Live!( 85 )

確かめに行こう

c0166634_2313332.jpg
 昨日は早起きした甲斐があった!!!

 2月28日にSTUDIO COASTで行われるthe pillowsのライブチケットをゲットできたのだ!1階の立ち見はキツイ。そう思っている人も大勢いるらしい。しかし、2階の指定席、それも1列目(!)を取れた。

 いやぁ、嬉しいわ。ライブまでにじっくりと予習するぞ!
by ryo_1989 | 2011-01-16 23:05 | Live!Live!Live! | Comments(2)
昨日、エレファントカシマシの新春コンサートへ行って来ました!
最近の趣味でもある写真撮影も楽しんできました。

まず、開場2時間前に九段下、到着。
c0166634_22335591.jpg

武道館に来たのはほぼ一年ぶり。お濠があまりにもキレイだった。
c0166634_2235692.jpg

武道館の入り口。
c0166634_2235225.jpg

まだ時間があるので、北の丸公園を散策。
c0166634_2236970.jpg

吉田茂の銅像があるんだよね!
c0166634_22361976.jpg

さて、いよいよ始まりますな!
c0166634_22354075.jpg


開演時間を少しだけまわって、「奴隷天国」からスタート!
富永さんのドラミングが圧巻!!!

ミヤジは最初からエンジン全開。相変わらず素晴らしい表現力!
石森さんのギターもカッコいいな・・・。そして高緑さんと富永さんのリズム隊は最強でしょう!

しかし、こんなにも熱くて、グッとくるライブは初めてだ。
一曲一曲にのめりこみ、ホントに隅っこの席だったけど、落ち着いて見られたから良かったな。
新譜からは全曲(!)演奏されて、新曲への思い入れが感じられた。
お目当ての「笑顔の未来へ」と「桜の花、舞い上がる道を」を聴けたから大満足だし、まさか「赤い薔薇」とか「四月の風」をやるとは思わなかったな・・・古い楽曲も名曲多しだね。

結構な初心者である俺の予習のおかげか、知らない曲は一曲も無かった!
「今日はたくさんいろんな曲、練習したから楽しんで帰ってください!」
っていうミヤジのMCには感動しちゃったよ。
結局3時間、30曲(!)もやったんだよね。もうエレカシ、最高!!!

今までたくさんライブ行ったけど、こんなに充実したライブは初めてだった。
またライブがあったら、是非とも行きたいね。良い席で(笑)。

2011.01.09 エレファントカシマシ@日本武道館 Setlist

01. 奴隷天国
02. 今はここが真ん中さ!
03. 脱コミュニケーション
04. moonlight magic
05. 旅
06. 九月の雨
07. 翳りゆく部屋
08. 歩く男
09. 珍奇男
10. 赤き空よ!
11. 夜の道
12. 赤い薔薇
13. 幸せよ、この指にとまれ
14. ハナウタ~遠い昔からの物語~
15. 彼女は買い物の帰り道
16. ネヴァーエンディングストーリー
17. シャララ
18. 明日への記憶
19. 笑顔の未来へ
20. いつか見た夢を
21. 桜の花、舞い上がる道を
22. 朝
23. 悪魔メフィスト
---encore1---
24. 平成理想主義
25. シグナル
26. 四月の風
27. 俺たちの明日
28. ガストロンジャー
29. ファイティングマン
---encore2---
30. 待つ男
by ryo_1989 | 2011-01-10 22:56 | Live!Live!Live! | Comments(4)

Forever Young

c0166634_0491567.jpg

行って来ました、ディラン!!!
いやぁ~、凄まじかったよ。
登場するや否や、Rainy Day Women # 12 & 35ですよ!もうこの時点で既に理性を失っておりました(笑)。おそらく一生分の「ボビィ~!!!」を叫んでしまった気がします。
ハッキリ言って、歌いだすまで何の曲だかサッパリ分かりません。
アレンジも原曲を留めてないですからね。
しかし、良いんです。神様が間近で歌っていれば!
幸い、Aブロックだったので、ハッキリとディランの顔を見る事が出来ました。
68歳には見えなかったなぁ、やっぱ若いね。

今日のレア曲はForever Young!
The Bandのラスト・ワルツで初めて聴いて以降、大好きな曲です。
まさか生で聴けるとは・・・12,000円払った甲斐があったもんだ。
しかも千秋楽だからか、Wアンコール!それもAll Along The WatchtowerとBlowin' In The Windだったんですよ、もうたまらん・・・。

チケットは確かに高かった・・・でもそれだけの価値はあったよ、確実に。
イケメン・元アイドルロッカー、チャーリー・セクストンも上手かったから良いモノ観たよ。
また来てね、ディラン爺!

セット・リスト
01. Rainy Day Women # 12 & 35
02. It's All Over Now, Baby Blue
03. Most Likely You Go Your Way (And I'll Go Mine)
04. My Wife's Home Town
05. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)
06. Spirit On The Water
07. Cold Irons Bound
08. Desolation Row
09. The Levee's Gonna Break
10. When The Deal Goes Down
11. Highway 61 Revisited
12. Can't Wait
13. Thunder On The Mountain
14. Forever Young
15. Like A Rolling Stone
16. Jolene
17. All Along The Watchtower
18. Blowin' In The Wind
by ryo_1989 | 2010-03-30 01:02 | Live!Live!Live! | Comments(6)
一昨日、クラプトンを観に行ってきたのだよ!
c0166634_2475777.jpg

朝から雨で、気分も萎えていたが、そこはいざ「クラプトンを観に行くぞ!」ってなるとかなり興奮。
まず電車で高田馬場まで行ってレコファン&ブックオフで漁盤。ジャーニーやらマッカートニーやらOCSやらを買って(後日紹介)、九段下へ。
だいぶ雨も納まっていたが、それでも寒い!おかげで若干風邪ひいちゃったじゃないか。
着いて、すぐにパンフを購入。2500円。まぁ中身も充実してて良かったんじゃないかな。
c0166634_2505354.jpg

c0166634_301734.jpg

ドミノスTシャツも欲しかったんだけど、予算の都合でやめた。武道館前にちょっと散財しすぎたな(笑)。なんかDVD&CDも特典付きで売ってたな。買っても良かったんだけどね。実はストラップも欲しかったのだが。
いざ席に着くと、意外と近くて驚く。もちろん真正面でないし、ウィリー・ウィークスの顔すら見えなかったが、あれで7000円(定価9000円)は十分満足。
2階の北東Pだったのだけど、スピーカーが目の前にあって、今まで行ったどのロックコンサートよりも音が良かった。
すなわちカッチョいいギターがしっかり聴けたわけだ。
始まる前のBGMはひたすら60~70年代のポピュラーロック。だってTax Manとかかかってたんだよ!
7時10分に開演。
セットリストはこれ!
01. Tell The Truth
02. Key To The Highway
03. Hoochie Coochie Man
04. I Shot The Sheriff
05. Isn't It A Pity
06. Why Does Love Got To Be So Sad?
07. Driftin' (EC Solo Blues)
08. Travelin' Alone
09. That's Alright
10. Motherless Child
11. Running On Faith
12. Motherless Children
13. Little Queen of Spades
14. Everything's Gonna Be Alright
15. Wonderful Tonight
16. Layla
17. Cocaine
Encore:
18. Crossroads

いやぁ、しかっしギター巧いよな・・・。改めて思ったんだけど、尋常じゃないよ。
声も全く衰えてないしさ。
Why Does Love Got To Be So Sad?はカッコよすぎて、鳥肌がたった。
ブルースの曲はちょっと聴いたことがない曲ばっかで(まともにフロム・ザ・クレイドル聴いてなかった)、新鮮だった。やっぱ、このオジイサン、真のブルースマンだよな。
ドラムのエイブも良かった。とにかく楽しそうに叩くのが印象的。ウィークスも、もはや職人芸。ひたすらグルーブを出す姿勢に好感が持てた。
ドイルさんもなかなか良い縁の下の力持ち的な役割を果たしていたし、クリス・ステイトンはすんげーR&Rしてた。良かったよ。うん。
そう、Wonderful Tonightの印象が大分良くなった。ハイハットをあれだけ効果的に使うと、曲の印象ってかなり変わるものなんだね。
曲の反応もかなり良かったな。余計な手拍子入れる奴もいなかったし。俺の3つ隣は中学生の女の子だったし、改めてファン層の厚さにビックリ。
帰りは早稲田で降りて牛丼食って、ポリスのブートとエアロを買って帰った。
トータルで素晴らしい一日だった。今年一番じゃないかな。雨さえ降ってなかえりゃもっと最高だったけど。
ありがとう、Eric Clapton!
また来てね~、観に行くよ~。
by ryo_1989 | 2009-03-01 03:09 | Live!Live!Live! | Comments(6)

小田さん

そう、昨日、叔父と小田和正のライブに行ってきたんです。

c0166634_2133232.jpg

やぁ~最高でした。

セットリスト

今日もどこかで
春風に乱れて
愛を止めないで
伝えたい事があるんだ
僕らの街で
思いのままに
きかせて
さよなら
たしかなこと
恋は大騒ぎ
もう歌は作れない
メドレー
夏の終り
~眠れぬ夜
~こころは気紛れ
~風に吹かれて
~やさしさにさようなら
~between the word & the heart
生まれ来る子供たちのために
言葉にできない

NEXTのテーマ
Yes-No
ラブ・ストーリーは突然に
キラキラ
こころ
緑の日々
東京の空
さよならは言わない
my home town
ダイジョウブ

またたく星に願いを
YES-YES-YES
君住む街へ

忘れてた思い出のように (アンコール)
今日もどこかで (アンコール)
きっと同じ (アンコール)

ホントに61歳!?と思うほどパワフルなステージ。だってずっと走りまわってるんですよ!
周りはオジサン・オバサンばかりでしたが(若い人も何人か)そんなの関係なく楽しめました。
トークも最高に面白かった。オフコース時代の曲が多すぎる感じもしましたが、当然オフコースナンバーは盛り上がる訳で…。
ソロで一番好きな「まっ白」が聴けず、残念でしたが良い思い出になりました。
アンコールも2回。途中でもう終わりと勘違いして帰る人も多くて、「バッカだなぁ~」なんて思っちゃいました。やはり気が短いのは良いことではないみたいです。
by ryo_1989 | 2008-11-27 21:39 | Live!Live!Live! | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo