カテゴリ:買ったCD( 1213 )

名前だけは知ってた「神聖かまってちゃん」のメジャー1stに手を出してみました。
c0166634_0143532.jpg

う~ん...ちょっと分からないなぁ...
気持ちが病んでる時に聴くべきバンドなのかもなぁ...
ただ1曲目の「ロックンロールは鳴り止まないっ」のメロディーとかはポップで良いな、と素直に思えたけど。
もうちょっと聴き込んでみます。実は2ndも買ってしまったので聴き込まざるを得ないです(苦笑)。
by ryo_1989 | 2016-08-10 00:16 | 買ったCD | Comments(0)

『Hurt』 / Syrup16g

Syrup16gは2008年に一度解散したバンド。そして再結成...
再結成が上手くいくバンドとそうでないバンドってあると思います。
僕は正直シロップに関しては100%成功したとは言い切れないように思うのです。
c0166634_23353661.jpg

復活作の『Hurt』です。2014年リリース。

う~ん、好きなサウンドではあるんだけど「Syrup16g」の音ではない気がします。
逆を言えばシロップのアルバムではなかったら名盤だと。
全体的にどうも軽過ぎるのです。歌詞もサウンドも。サウンドに関しては軽いことがプラスに働いている曲が何曲かあるのですが、『COPY』や『coup d'Etat』と云ったオルタナの大名盤の事を考えるとあの鬱屈とした重々しいサウンドに魅力を感じていただけに残念かも。
ただ、軽いことがプラスに働いたと思うのが「宇宙遊泳」。疾走感溢れる爽快なナンバー。
この1曲があったのが救いです。

やはり自分は『COPY』と『coup d'Etat』の方を聴き込んじゃうかな、今後は。
でも一味違ったシロップが聴きたい時も来るはずだから、その時はコレを。
by ryo_1989 | 2016-08-04 23:33 | 買ったCD | Comments(0)

『coup d'Etat』 / Syrup16g

先日買ったSyrup16g、聴き込む内にどんどん違う作品が聴きたくなりユニオンをウロチョロ。
新宿ユニオン本館B1Fでメジャー1st『coup d'Etat』の再発盤を手頃な価格で見つけたので確保しました。

c0166634_23514218.jpg

2nd『COPY』はある程度洗練された作品だという事が分かりました。この1st、とにかく鬱屈としております。
もう聴いていて息苦しくなってくる程。「My Love’s Sold」からラストの「汚れたいだけ」までこれでもかと鳴り響くシューゲイズなギターの轟音と澱み切った歌詞。五十嵐隆のシャウト...
特に「手首」って曲。

疾走感に満ちたサウンドとは裏腹に人間の醜い部分をこれでもかと叩きつけられた気がしました。

凄いバンドを聴き始めてしまったようです。引き続き聴き込み次第違うアルバムを探しております。
by ryo_1989 | 2016-07-29 23:59 | 買ったCD | Comments(0)

『COPY』 / Syrup16g

先日御茶ノ水ユニオンで買ったのが、Syrup16gの『COPY』。
Syrup16g、前から気になっていたバンドだったのですが何故かアルバムは一枚も持ってませんでした。
今回彼らのメジャー2ndが¥1,100だったので思い切って購入。
c0166634_22475779.jpg

日曜日の朝に3回通して聴きましたが、とても疲れるサウンド。でも心地良い疲労感。
なにか人間の深い深い闇を具現化したような歌詞に惹かれてしまいました。
3曲目の「生活」。

「君に言いたい事はあるか そして
その根拠とは何だ
涙流してりゃ悲しいか
心なんて一生不安さ」

人間、心なんて一生不安なんです。自分の奥底にあった既成事実を浮き彫りにされてしまいました。
勿論メロディ、サウンド共に疾走感溢れカッコいいのですが、やはり歌詞の重みが凄い。
また、ラストの「土曜日」。

「土曜日なんて来る訳ない
ただ迷っているばかり
風と砂漠の城
またうつろに彷徨って
暮れる
土曜日なんて来る訳ない
ただ望んでいるばかり
肌と火薬の色
また不器用に逆らって
負ける
かわるがわる
途切れる汗
吹き飛ばされる昨日
他の誰にも代われない
君と僕の顔が
土曜日なんて来る訳ない」

「土曜日なんて来る訳ない」...意味不明なようであり物凄い共感できる感じ。
今まで自分なりに色々な日本のロックを聴いてきたつもりですが、ここまでじわっと重い歌詞を歌うバンドは初めてでした。You Tubeに音源も乗っかってましたが、CDを買って歌詞カードを眺めながら聴いてほしいアルバムです。名盤。
by ryo_1989 | 2016-07-26 22:56 | 買ったCD | Comments(0)
先日記事にしたシェルビー・フリントの2ndアルバム。
「天使の歌声」とも称される素晴らしいボーカルが魅力的。1stが気に入ってすぐさま買ってしまいました。

c0166634_143032.jpg

この2ndでは、ストリングスを多用して1stよりドラマチックな仕上がりになっています。ビートルズの「Yesterday
」のカヴァーもなかなか良い出来ですし、持ち前の美しい声をより引き立たせるアレンジは白眉です。
また、このアルバムのラストにも「Angel On My Shoulder」が。普通だったら食傷気味になりそうな構成ですが、何度聴いても感動的なバラードなので許せてしまいます。

ジャケットも含め、とにかく「美しい」の一言に尽きます。
あまりにも気に入ってしまったので、「Angel On My Shoulder」のオリジナルシングル盤が欲しくなってきた今日この頃です。
by ryo_1989 | 2016-07-20 01:10 | 買ったCD | Comments(0)
「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音氏による別プロジェクト「indigo la End」の『あの街レコード』を買いました。

c0166634_150884.jpg

ゲスではプログレッシブでテクニカルなサウンドを展開している川谷氏ですが、indigo la Endでは正統派J-POPを聴かせてくれます。爽やかで切ないメロディーはゲスとはまた一味も二味も違い、とても新鮮。
一方セリフだけのトラックもあり、あれはゲスと同じく苦手だな...と。

川谷氏と云えば、不倫スキャンダルのイメージが色濃く付いてしまいサウンドそのものの良さが伝わり辛くなったのが本当に残念。もう紅白に出れることは未来永劫無いでしょうし、新譜をリリースする度にどんなに内容が良くても多方面から叩かれることでしょう。音楽の質とクリエイターのパーソナルな部分なんて、「正直そこまで重視すべきものなのかなぁ?」とは思います。確かに不倫は絶対に良くない事(結婚もしてない20代が偉そうなクチ叩いて申し訳ないですが)。でも実際、第一線で活躍するアーティストに前科が付いているケースなんて五万とあるし、倫理的には大きく間違ってはいるけれどソレはソレ、コレはコレであって、作品の評判自体が落ちてしまうってのは何だか悲しいです。

とはいえ、こちらは金を払ってアーティストの音を聴いている訳ですから作品の内容は叩かれるべきだと。
例の『両成敗』、まだ聴いていないのでそちらも近々聴いてみようと思います。
by ryo_1989 | 2016-07-18 02:21 | 買ったCD | Comments(0)
もう最近廉価盤と特価品しか買ってません(笑)。
「ストレスが溜まるととにかく一枚でも多くCDが欲しい、新しい音を聴きたい=廉価盤&特価品で心の隙間を埋める」って作業を繰り返してます。
ただ、廉価盤だからと云って舐めてはいけません。アトランティック、モータウン、チェスから出ているカタログはどれも名作揃い。大体一枚¥1,000で最新リマスターが施されてますから、良い音で良い作品を格安で買える喜びですよ。ここの所はワーナーのオールディーズ物にもハマってます。

さて、そんな廉価盤シリーズのおかげでサム&デイヴのオリジナルアルバムをほぼ揃えることが出来ました。
最後に買ったのが一番玄人好みしそうな1st。
c0166634_2213571.jpg

安定の大当たり。ソウルのカッコ良さが全て詰まったようなアルバムでした。

そんなわけで7月に入っていつも以上にCDを買い込んでます。久々に「狩り」カテゴリ使おうかなぁ。
by ryo_1989 | 2016-07-14 22:16 | 買ったCD | Comments(0)
細野さんのライブの影響でオールディーズのCDばかり買ってます、最近。
その細野さんがカヴァーしていた「Angel On My Shoulder」が入った、シェルビー・フリントのデビューアルバムを購入しました。お得意の廉価盤狩りです。
c0166634_23114536.jpg

本当に美しい歌声に癒されます。

細野さんの演奏はブルージーなアレンジだったので、まるで別の曲を聴いているよう。
シェリー・フェブレーといいシェルビー・フリントといい、50年代後半から60年代前半の女性シンガーの声は本当にキレイでうっとりしてしまいます。
何回も書いてますがこれだけ素晴らしい歌が入った作品を良い音で安く買える時代に生まれて幸せです。
「Angel On My Shoulder」1曲だけで元が取れるので見かけたら是非是非。
すぐさま2ndアルバムをAmazonでポチってしまいました(笑)。
by ryo_1989 | 2016-07-12 23:17 | 買ったCD | Comments(0)
ちょっと前の話になってしまいますが、乃木坂の2ndアルバムを購入しました。

c0166634_2221644.jpg

なんと全5種類(!)しかも収録曲が違う(!!)と云うオタク泣かせの規格。
流石に全タイプ買ってしまうと破産してしまいます(笑)。
タイプA~Cまでの付属DVDが2014年夏のコンサート(自分も参戦しました)を分割で収録していて、タイプDのみマネージャーが撮ったプライベート映像だってことで、タイプDを選択。他の盤に収録されている曲はiTSでDLしました。

売り方は賛否両論ありますが、新曲はどれもクオリティ高いです。
特になぁちゃん(西野七瀬ちゃん)の「光合成希望」は大名曲!西野ソロ曲はどれもマイナー調の楽曲だったので、アップテンポな明るいナンバーで安心しました。

しかし、最新ライブDVDは2万超え...ガチ勢は財布の中身が寂しくなるのは必至ですね(泣)。
by ryo_1989 | 2016-07-01 22:31 | 買ったCD | Comments(2)
細野さんを観に大阪へ行く途中にスマホでポチってたのがコレ。

c0166634_0581581.jpg

レッチリの5年ぶりの新作となる『ザ・ゲッタウェイ』。

まず1回通して聴いた感想は「地味...」(笑)。しかしこれがまさかのスルメ盤で、聴けば聴くほどハマっていくのです。賛否両論あるようですが、前作『I'm With You』が派手過ぎたのかと。フルシャンテの後任であるジョシュのギターは実にメロウでまるで『カリフォルニケイション』の頃のギターワークそのもの。若干二番煎じ的な曲はあるものの個人的にはかなり気に入りました。
また、フリーのベースがここ10年で一番跳ねてる気もします。80年代ほどではないけれどファンキーなベースにアンソニーの哀愁漂うボーカル...最高です。

あと、日本盤を買ったのですが輸入盤で十分でした。ボートラ無いしね。
レディオヘッドもほぼ同時に新作を出していて、そちらも聴き込んでる途中。
次の記事はレディへかな。
by ryo_1989 | 2016-06-30 01:05 | 買ったCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo