『ストレート・シューター』 / バッド・カンパニー

バドカンって嫌いじゃないんですけど、何故か1stとポール・ロジャース脱退後の2枚しか持ってませんでした。
先日800円ちょっとで2ndアルバム『ストレート・シューター』の紙ジャケを見つけたので購入。
c0166634_1255212.jpg

1stの印象が「シンプルなブルースロック」だったのに対し、2ndはサウンドにバリュエーションが出てきた感じ。特にアルバム全編を通してメロディがキャッチーになったような。また、アコギの使い方が抜群に良いです。
ポール・ロジャースも丁寧に歌っていて好印象。一番気に入ったのは「Shooting Star」かな。歌詞が物語になっていて、これは1stに見られなかったポイントですね。
コーラスワークも豊かになってきて、圧倒的に聴きやすくなっているなぁ...と。

バドカン、旧規格でも良いのでどんどん聴いていこうと思います。
ジャケットのセンスも良いですね。
by ryo_1989 | 2016-11-04 22:40 | 買ったCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo