『アワ・マン・イン・パリ』 / デクスター・ゴードン

先日久しぶりに渋谷へ遊びに出掛けました。
途中改修工事を終えたディスクユニオンへ寄ったのですが、相変わらず敷地が狭く感じ、御茶ノ水や新宿と比べると「う~ん(苦笑)」みたいなね。
しかし、せっかく寄ったので何か買って帰ろうと思い物色しているとこんなブツが。
c0166634_0355896.jpg

デクスター・ゴードンの『アワ・マン・イン・パリ』。未開封新品で¥900ちょっとのところ、色別カードの割引で¥600程度で購入できました。
メンツはデクスター・ゴードン(ts)、バド・パウエル(p)、ピエール・ミシェロ(b)、ケニー・クラーク(ds)。
此方ジャズは好きですが知識に乏しく、リズム隊は門外漢。ただ流石にバド・パウエルは知っておりましたが。

とりあえず、昨日寝る前に聴いたのですがなかなかカッコいい盤ですね。
特にケニー・クラークのドラムスがスリリングで最高。
また演奏しているナンバーはスタンダードばかりですが、デックスが吹くとこんなになるのか...と感嘆しました。
あと、やはり個人的にワンホーンが好きなんだと再確認。分かりやすくて素敵です。
ジャケットもカッコいいですし、またお気に入りのジャズを発見できました。
Amazonで調べたらボートラ付きのCDもあるみたいですが、だらだら収録時間が長いジャズの音盤は苦手なのでこのスッキリした規格が最適だと思い、心の中でガッツポーズです。
by ryo_1989 | 2016-10-04 00:45 | 買ったCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo