『フィレス・レコーズ・プレゼンツ・トゥデイズ・ヒッツ』

只今、クラプトンのコンサートから帰宅しました。
二日連続でレジェンドを生で観ると云うとても贅沢な二日間でした(財布はかなり寂しくなったけど:苦笑)。

レポートの前に最近買った廉価盤をご紹介。
c0166634_23303149.jpg

フィル・スペクターがプロデュースしたガールズグループのベスト盤です。
曲目は以下の通り。

1. Then He Kissed Me - The Crystals
2. Da Doo Ron Ron - The Crystals
3. Oh Yeah, Maybe Baby - The Crystals
4. Zip-A-Dee-Doo-Dah - Bob B. Soxx and The Blue Jeans
5. Why Do Lovers Break Each Others Hearts? - Darlene Love
6. Not Too Young To Get Married - Darlene Love
7. Be My Baby - The Ronettes
8. Wait Til' My Bobby Gets Home - Darlene Love
9. (Today I Met) The Boy I'm Gonna Marry - Darlene Love
10. My Heart Beat A Little Faster - Darlene Love
11. Playing For Keeps - Darlene Love
12. Puddin' N' Tain - The Alley Cats

怒涛の名曲群であります。
個人的にメロディーは勿論、ハル・ブレインのドラムスが最高に好きなのです。
今、「好きなドラマーランキング」作ったら確実にベスト10に入るくらい。

最近、出先で大滝詠一さんをよく聴きますが、聴く度にフィル・スペクターへのオマージュを発見して楽しくなります。このフィレスのガールズグループ廉価盤シリーズは7,8枚(あれ、もっとだっけ?)リリースされてますが、手っ取り早く聴いちゃいたいときにお勧めなのはこのベストです。こんな素敵な音を¥1,000で聴けちゃう時代に生まれたことを喜ばしく思います。
by ryo_1989 | 2016-04-11 23:59 | 買ったCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo