『DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)』 / 大滝詠一

2013年12月30日に65歳でこの世を去った大瀧詠一さんの新譜(と云って良い物か...)が発売されました。

c0166634_158251.jpg

この"新譜"一応セルフカヴァー集となっております。曲目はコチラ。

1.熱き心に(小林旭、1985年)
2.うれしい予感(渡辺満里奈、1995年)
3.快盗ルビイ(小泉今日子、1988年)
4.星空のサーカス(ラッツ&スター、1983年)
5.Tシャツに口紅(ラッツ&スター、1983年)
6.探偵物語(薬師丸ひろ子、1983年)
7.すこしだけ やさしく(薬師丸ひろ子、1983年)
8.夏のリビエラ ~Summer Night in Riviera~(森進一、1982年) - 原題は「冬のリヴィエラ」
9.風立ちぬ(松田聖子、1981年)
10.夢で逢えたら(吉田美奈子、1976年)

80年代にリリースした純粋なオリジナルアルバムは2枚(『A LONG VACATION』と『EACH TIME』の二大名盤!)、90年代&00年代に至ってはシングルを1枚づつしか出さなかった大滝さんの発掘音源と云うことになるようですが...うぅ、どうなんでしょう(苦笑)。
もしも大滝さんが健在だったら絶対に出ることはなかった音源だと思います。
「セルフカヴァー集」というより「デモ集」と云う方がしっくりくる気が...

とはいえ、聴いていて楽しくなるのは否めません(後ろためさはありますが...)。
特に聖子さんの「風立ちぬ」!これは素晴らしいテイクです。滑らかな大滝さんの歌声に酔いしれることができますし、やはり楽曲の良さが際立ちますね。また、自分が生まれる前に世に出た薬師丸ひろ子さんの曲も非常に新鮮に聴くことができました。超後追いのナイアガラーにはたまらない内容であります。

色々思うところはありながらもリピートしまくってますが、一番気楽に聴けるのはオマケのDisc2だったりして。
1997年の「ナイアガラ・リハビリ・セッション」からの音源。スタジオライブで大滝さんが音楽を心から楽しんでいる様子が手に取って分かります。

まぁ、なんだかんだで楽しんじゃってますが、やっぱりソニーはこれからも未発表音源を小出しにリリースしてくるのでしょうか。天国でこの様子を見ながら苦笑いする大滝さんのお顔が脳裏に浮かびます...
Commented by 240_8 at 2016-03-26 15:05
ついに出ましたね~。本作、賛否両論ありますが、個人的には商業的ないやらしさは感じず、素直に本作、喜んでます。師匠、我々がニヤリとしながら聞いていれば、「バカヤロー」と言いながらも心の中で喜んでいるのでは???
更に言うと、あまりデモ集って感じもしません。私的には師匠の声に和んでしまうので、バックのオケも相応だし、立派なアルバムとして捉えてます!
Commented by ryo_1989 at 2016-03-27 20:39
240さん、こんばんは!
買ってから結構頻繁に聴いてますが、やはり面白いです。単純に大滝先生の歌声が気持ち良いんですよね。聴いている内にコレはコレでアリだな、という気にもなってきました。何はともあれセルフカバー集としては満点の出来。音質も悪くないな…と。しばらくヘビロテです!
Commented by kassy63 at 2016-03-29 12:59
音楽評論家の萩原健太さんが、大瀧詠一さんの家に招かれた際に、大瀧詠一さん自信が他のアーティストに楽曲提供した作品を歌っているデモテープを聞いたそうです。その中のいくつかは、これに収録されている(萩原さん本人も確証がないそうですが…)ですが、大瀧詠一さん曰く、これが世にでる頃は、自分が死んだ後だろうなというような発言をしていたようですね。

この話が本当なら、大瀧詠一さんもある程度予想していたのでは?と思います。今月号のレココレを参照してください。

私も、絶対に天国で、バカヤローと言いつつ笑っていると思いますよ。限定盤無くなる前に早く買おうっと。
Commented by ryo_1989 at 2016-03-31 00:14
kassyさん、こんばんは!
なるほど...大滝さんも天国に行った後のリリースも予期していたのですか。最初はどうかな?と思っていましたが、ここ数日聴きこんでいて後ろめたさのようなものも無くなってきました。純粋に大滝さんの歌声が気持ちよくてたまりません。
デモ音源とはいえ、自分の歌声で巷がにぎやかになっている今を大滝さんも喜んでいるかもしれませんね。
改めて『ロンバケ』や『EACH TIME』も聴いてますが、改めて本当に良い歌声だな...と思います。
by ryo_1989 | 2016-03-25 15:20 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo