『KAMAKURA』 / サザンオールスターズ

旧規格盤しか持っていなかったサザンの『KAMAKURA』。
リマスター盤がAmazonで安かったので、思わずポチってしまいました。

c0166634_23373965.jpg

音質がグッと良くなったリマスター盤で聴いて、再評価。実にカッコいいアルバムです。
メロディーこそ派手さは無いものの、プログレッシブで攻めた構成。
当時最先端のコンピューターサウンドとサザンの「和」な部分が融合して、素晴らしい出来になってますね。
特に「死体置場でロマンスを」は大名曲。「らしい」音に思わずニヤけてしまいます。
2枚組ですが、飽きることなく聴き通せますし、後に出る『キラーストリート』よりもスルメな感じがするので、しばらくは聴き続けられそうです。
シングル「Bye Bye My Love (U are the one)」もキャッチーで、シングルカットした選択も正しかったんでしょう。「星空のビリー・ホリデイ」なんて隠れた名曲もあったり。

これでほぼ全部、サザンのアルバムのリマスター盤を揃え終えました。長かった...
Commented by らぶさん at 2015-12-15 15:11 x
KAMAKURAでは、らぶさんのフェイバリットはやはり「Happy Birthday 」が1位かな~(^^)そして「夕陽に別れを告げて」で楽しかった高校時代を思い切なくなり「Melody(メロディ)」で号泣というパターンでしょうか(笑) 1985年の当時の車のラジカセから必ず流れていたのがこのアルバムか、レベッカのREBECCA IVでした(笑)。というか、この2枚のサウンドが当時の一番「最新」と呼ばれるものでした(^^)「死体置場~」の小林克也さんもグッドですね~。
Commented by ryo_1989 at 2015-12-17 00:48
らぶさん、お久しぶりです!
「Happy Birthday」も良い曲ですよね♪自分も好きです。ホント、ドラマチックな構成のアルバムで、らぶさんの青春の一部として記憶に刻まれたのもよく分かります。
流石にレベッカは門外漢ですが、聴いてみたいです。当時の「最新コンピューターロック」今聴いても全然古臭くありませんよ!
by ryo_1989 | 2015-12-10 23:45 | 買ったCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo