『オーディション』 / ドレスコーズ

「奇才」志摩遼平、またしても傑作を生み出してしまいました...

c0166634_081640.jpg

「ドレスコーズ」こと志摩遼平の新作です。
元グラムロックバンド「毛皮のマリーズ」のフロントマンとは思えない極めてポップな音ですが、とにかく一曲一曲のメロディが素晴らしい!
バンドメンバーを全員辞めさせ一人になった志摩が活き活きとしております。
特に「メロウゴールド」、これが大名曲。ちょっと草野正宗風なメロディが心地良いです。

結局、志摩がやりたかった音ってひたすらポップな音だったんでしょうね。
マリーズ時代のギラギラなグラムサウンドを捨て、シンプルで聴きやすいメロディを作りたかったんだと。
某通販サイトではあまり評価が高くありませんが、自分は支持します。
やはり、志摩遼平は凄いソングライターです。

しかし、ここへ来て、まさかここまでポップな音造りをするとは思わなかった...
「贅沢とユーモア」のスタジオライブ映像があったので、貼っておきます。これも名曲です。


by ryo_1989 | 2015-10-28 00:17 | 買ったCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo