『共鳴』 / チャットモンチー

今更ですが、チャットモンチーの最新作をじっくり聴いてます。

c0166634_22521924.jpg

2011年9月にドラムスの高橋久美子が脱退。
チャットもこれで終わりか...と思ってたら、まさかの2ピース編成で名盤『変身』が誕生。
ただ、ベースレスのロックは長続きせず、サポートメンバーを入れて活動を始めたのです。
で、リリースされたのが、この『共鳴』。

非常にポップで素敵な作品。
ママになった橋本絵莉子の才能が爆発しております。
1曲目の「きみがその気なら」はもう全くクセの無いポップナンバー。クセが無さ過ぎて驚いていしまいます。
かと思えば、次がハードな「こころとあたま」。高橋久美子在籍時にはあり得ないタイプのサウンド。
「ぜんぶカン」なんてオチャらけた曲もチャットらしくて素晴らしいし、「最後の果実」なんてエッちゃんにしか書けない独特な曲調。アレンジもイカしてますね。

バンドとして見事に息を吹き返したチャットモンチー。ただ、勝負は次作以降かなぁ...とも思います。
でも、『共鳴』は名盤です!
by ryo_1989 | 2015-09-08 23:59 | 聴いたCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo