『悲しいほどお天気』 / 松任谷由実

昨日届いたユーミンのCD。大名盤『悲しいほどお天気』です。

c0166634_0552992.jpg

LPだと格安で入手できますが、外で散歩しながら聴きたかったのでCDで。

個人的に「荒井」時代の『ミスリム』に雰囲気が似ている印象を受けました。
実に詩的で10冊の小説を読んでいる感覚。
素朴で味わい深い。有名な曲は「DESTINY」位だけど、「ジャコビニ彗星の日」とか「緑の町に舞い降りて」とか、本当に「荒井由実」に巻き戻った印象を受けます。確かに地味だし、ゴージャスではないけれど、自分がユーミンに求めていたのはコレだ!...って。
特に表題曲「悲しいほどお天気-The Gallery in My Heart-」が良いです。
春の小川沿いを散歩する情景が浮かんできます。素敵。

次は『OLIVE』か『紅雀』かなぁ。リマスター盤CDは割かし高価なので少しづつ集めていこうと思ってます。
by ryo_1989 | 2015-09-06 01:03 | 買ったCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo