『ミュージック』 / キャロル・キング

作品そのものがあまりにも好きなので、キャロル・キングのアルバムを紙に買い替え中です。
まずは『ミュージック』から攻めてみました。

c0166634_22315512.jpg

本当に素晴らしいアルバムです。このような名作に出会うと、「音楽聴いてて良かった」と心から思えます。
一番好きな曲は、カーペンターズのバージョンが有名な「It's Going to Take Some Time」。


カレンの澄んだ声も素敵ですが、キャロルの渋い歌声もまた素敵。

そして、盟友「JT」をゲストに迎えた「Song of Long Ago」。


なんて良い歌なんでしょう...涙が出そうになります。

只、玉にキズなのが音質。リマスタリングしても音割れする箇所がチラホラ。
でも、それに負けないくらい素晴らしい『ミュージック』であります。
by ryo_1989 | 2015-07-04 22:40 | 買ったCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo