『A Quiet Storm』 / Smokey Robinson

先日、ミラクルズとのアルバムの感想文をUPしましたが、今日はソロアルバム。
『A Quiet Storm』です。

c0166634_18213882.jpg

実に渋い、渋過ぎる作品です。
タイトル通り、静かな嵐が吹き抜けているかのような。
表題曲も浮遊感たっぷりで、メロディーを楽しむというよりは楽曲の雰囲気に酔いしれるべきアルバムですね。
スモーキー・ロビンソンのボーカルもファルセットが冴え渡り、本当にウマいです。
しかし、バックの端正な演奏もあってか、地味なのですが音の存在感は抜群。
2曲目の「The Agony And The Ecstasy」が特に素晴らしいと感じます。
どちらかというと、秋の夜長に合うような、これからの季節に聴くのに適したサウンドではないですね(笑)。

ジャケットと内容がマッチします。モータウンの廉価シリーズ、引き続き集めていくつもりです。
Commented by 240_8 at 2015-04-12 20:57
こんばんは。これ、いいですよね。タイトル曲は秋の夜長に聴くべき音楽ですが、ちょっと暖かくなってきた今頃の夜にもぴったり。②「The Agony and the Ecstasy」も同様。この名盤が1000円で買える時代、いい時代ですね。
Commented by ryo_1989 at 2015-04-13 23:34
240さんのレビューから引用させて頂きました(勝手にスイマセン)。浮遊感と渋いメロディー、ハマるとなかなか抜け出せそうにありません!
by ryo_1989 | 2015-04-12 18:26 | 買ったCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo