『Going To A Go-Go』 / Smokey Robinson & The Miracles

アトランティックの廉価盤シリーズと並行して、モータウンのもコツコツ集めてます。
最近だとコレが良い感じ。

c0166634_356372.jpg

Smokey Robinson & The Miraclesの『Going To A Go-Go』。

云わずと知れた、モータウンレコードを代表するグループです。
スモーキー・ロビンソンのソロも一枚買ったのですが、聴き込んでから。とりあえずコレです。

「Going To A Go-Go」と言えば、ロックファンならストーンズのカヴァーでお馴染かな。
僕も『Still Life』の方で先に聴いたクチですが、オリジナルも勿論素晴らしい。
スモーキー・ロビンソンの渋い歌声は、時代を超えて聴く手を興奮させてくれます。

「The Tracks Of My Tears」や「Ooo Baby Baby」と云ったバラード曲も絶品。
今までライノから出てるコンピで聴いてきましたが、オリジナルの流れで聴くのがやはり一番。
モータウン独特のグルーヴ感も味わえますし、廉価で手を出しやすくしているのもまた良し。
いずれテンプスも全部聴いてみようと思います。
Commented by meikou08 at 2015-04-11 15:29
古いベスト盤持ってたんですが、これが出た時にサム&デイヴやウィルソン・ピケットと一緒に買いました。安い上にどれも音質良くなっててお得感たっぷりですなぁ。
Commented by ryo_1989 at 2015-04-12 07:08
meikou08さん、こちらにもどうも。
おお、やはりアトランティックの廉価シリーズも購入されましたか。お得感満点ですよね、財布にも耳にも優しい(笑)。
Commented by meikou08 at 2015-04-13 23:29
確かに財布にも耳にも優しいですね。

P-Vineからでてた「ローリング・ストーン・クラシックス」っていう、ストーンズがカヴァーしたBluesやR&Bの元ネタが収録されたオムニバス・アルバムで数々の黒人アーティストを知り、そこから探求が始まったんです。

このシリーズは安くて高音質になってるのが何よりですね♪
Commented by ryo_1989 at 2015-04-13 23:31
meikou08さん、こんばんは。
>P-Vineからでてた「ローリング・ストーン・クラシックス」
コレ、欲しかったんですけど買いそびれてしまって...
まだ売ってるかな、今度レコ屋覗いてみます。
確か、ZEPとかECのもあったはず。
最近の格安リイシュー、侮れませんよね(笑)
by ryo_1989 | 2015-04-09 04:02 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo