『フロム イエスタディ』 / 桑田佳祐

サザン・オールスターズの桑田さんの初期ベスト盤を¥100で入手。

c0166634_542877.jpg

まぁ、悪いはずがないんですが、やはり「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」が好きかな。
どれも独特の英語のような日本語詞が炸裂していて、実に気持ちが良い。
この後出るオールタイムベストで影が薄くなりがちなこの盤ですが、これはこれでとても魅力的。

さて、桑田さんと言えば、不敬(?)問題での謝罪が記憶に新しいと思いますが。
「信念って何だよなぁ」、と思ってしまったり。
色々な考えがあるとは思いますが、あそこまでさせてしまった世相を恐ろしく感じます。
いや、色々な考えはありますけどね。
Commented by べーすぼーるべあー at 2015-01-23 00:17 x
こんばんは。ネットにしろメディアにしろ有名故に何か綻びを見つけると叩く習慣は嫌な気持ちにもなりますよね~。
難しいところです。でも過去の名曲には罪は無いと思います。太陽は罪な奴のレコードでも聴くとします。
Commented by ryo_1989 at 2015-01-23 23:01
ベボベさん、こんばんは。
本当ですよね、ネットってメディアは弊害の方がデカい気がしてままなりません。桑田さんもちょっとやり過ぎたかな。
それにしても、「太陽は罪な奴」は名曲!
Commented by cafebleu71 at 2015-01-24 19:14
「She's a Big Teaser」「Lady Luck」「北京のお嬢さん」といったシングルのカップリング曲はこれでしか聴けないので、これの存在価値はまだまだありますね。それにしても100円ですか...。
桑田さんの真意を汲み取らず、上辺だけを見て騒ぎ立てた某団体はおかしいと思いますね。
Commented by ryo_1989 at 2015-01-25 20:05
カフェブリュさん、こんばんは。
確かに、コレは価値ありますよね。しかもリマスター盤でした。久しぶりに良い買い物だったなぁ。
あの団体はなんかやる事が常軌を逸してますよね。
例え、桑田さん側に多少非があったとしても、おかしい。
by ryo_1989 | 2015-01-22 05:46 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo