『大瀧詠一』 / 大瀧詠一

「はっぴいえんど」に出会ってから、そのメンバーのソロ作品にも興味を持つようになりました。
とはいえ、カタログは圧倒的な数あって、全部聴くなんて夢のまた夢。
しかし、廉価盤としてリイシューされた盤は徐々に制覇しつつあります。

大瀧詠一の1stソロは、はっぴいえんどを彷彿とさせる温かいサウンドで即お気に入りになりました。

c0166634_2274274.jpg

「ソロ」と言っても、バンドは「はっぴいえんど」そのもの。
鈴木茂さんのギターが相変わらずカッコ良過ぎて、涙チョチョ切れます。
代表曲が多く収録されているわけでもないし、わずか29分(!)と短い作品ですが、味がありますね。
後の『ロンバケ』のような完成度ではありませんが、これもまた粋な仕上がりで大好きです。

うん、やはりはっぴいえんど関連のアルバムは夏に合うな!
まだ出会って1年しか経ってない「ニワカ」はっぴいえんどファンですが、再生回数がエライことになってます。
大瀧詠一さんが元気な内に、ファンになりたかったな。
Commented by nowhere1967 at 2014-08-23 22:50
はっぴいえんどの延長線という感じのサウンドですね。
『ロンバケ』とは違ったサウンドですが、これはこれでいいです。
大滝さん亡くなったのがまだ信じられないでいます。
Commented by cafebleu71 at 2014-08-24 18:26
これ、ボートラで「空飛ぶくじら」入ってましたか?
僕が持ってるのは入ってないやつで...。
「Your Mother Should Know」みたいで大好きなんですが、未だ手に入れられてません。
Commented by ryo_1989 at 2014-08-25 19:13
nowhereさん、こんばんは!
はっぴいえんど在籍時のアルバムですので、もはやはっぴいえんどのアルバムの体ですね。ちょうど『風街ろまん』を買った次の日に大滝さんの訃報。残念過ぎます。
Commented by ryo_1989 at 2014-08-25 19:14
カフェブリュさん、こんばんは!
「空飛ぶくじら」、入ってなかったですね。
リイシューの廉価盤だったからかなぁ...
逆に聴きたくなってきました(笑)。
by ryo_1989 | 2014-08-22 22:11 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo