佐野元春のThe Style Councilオマージュ

一応、日々忙しくしているつもりです。
いい加減、右手が痛くなってきました(苦笑)。
ブログも、毎日更新を狙ってましたが、やめました(泣)。

でも、余裕ができたら更新しまくっていく所存です。

さて、佐野元春ブームは続きます。

c0166634_22523079.jpg

『Cafe Bohemia』が楽しすぎて仕方ありません。

あらゆるインタビューでも、佐野さん自身が語っている通り、スタイル・カウンシルの影響をモロに受けていることが分かりますね(笑)『Cafe Bohemia』ですし。

だから、未だに「ヤングブラッズ」を「Shout To The Top」と比べるファンはちょっと...
(「インディビジュアリスト」に関しては、言及を控えさせて頂きます。)

「ワイルド・ハーツ - 冒険者たち」が好き過ぎて、リピートしまくっています。
コンセプトアルバムとしては、『Cafe Bohemia』は大名盤ですね。
聴けば聴く程、虜になっていっちゃいます。
Commented by ミネちゃん at 2014-02-10 11:13 x
これは、紙ジャケと20周年記念盤を持ってます。発売当時もよく聴きました。まあ色々ありますが、当時は割と気にせず聴いてました。スタカンも聴いてたんですけどね。
Commented by nowhere1967 at 2014-02-10 22:55
そうそう、このアルバムもいいですね。
「ヤングブラッズ」、
当時、洋楽好きの友人から言われたものです・・・。
気にしないようにしていました。
コンセプトアルバムとして良くできたアルバムですよね。
Commented by ryo_1989 at 2014-02-11 20:08
ミネちゃんさん、どうもです!
紙ジャケ、羨ましいです♪プラケでも良いのですが、やはりジャケ映えするのは「紙」ですよね。
スタカンは僕も大好きでして、別物と考えてます。
Commented by ryo_1989 at 2014-02-11 20:10
nowhereさん、どうもです!
やはり、同級生の方に指摘されたんですか...
佐野さん自身は、あくまで「オマージュの領域」と語っている通り、スタカンの影響を受けただけ...だと思うのですが。
しかし、名盤ですね♪
by ryo_1989 | 2014-02-09 22:59 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo