HAPPY END

本日は、もういっちょ!
少し前の話になりますが、山口県から帰ってきて、次の日に買ったCDです。
「はっぴいえんど」のラストアルバム。
『ゆでめん』『風街ろまん』のリマスター盤が、ビンテージ物では考えられない高価でして、実は。
ベルウッドの"40th記念リイシュー"で、彼らのラストアルバム(1,500円!)に惹かれてしまいました。

c0166634_0241520.jpg

既に、発売時には、細野さんや鈴木茂さん等は、個人の音楽制作に突入していました...が!
リトル・フィートのローウェル・ジョージ(!)を始めとした、LAの本場ミュージシャンからのオファーで...
30分ちょっとの短い"ラスト"アルバムをリリースしたのでした。

『ゆでめん』『風街ロマン』のような、圧倒的な完成度ではありませんが、レイドバックした彼らの落ち着いた楽曲は大変クオリティが高い!特にラストを締めくくる「さよならアメリカ さよならニッポン」は非常に趣深い仕上がりとなっております。やはり、天才集団は、手を抜いても(苦笑)凄い作品を作っちゃうんだから、つくづく「才能って凄いな」なんて思っちゃいますね(笑)。

コレ、先週秋葉原タワーに寄った際にも在庫があったみたいなので、素朴な「はっぴいえんど」を聴いてみたい方は、是非是非(って、僕のブログにアクセスして下さっている"通"な皆様に言うべき事でもないか:苦笑)。
Commented by Katy at 2013-10-11 23:00 x
個人的にはなんといっても風来坊ですかね。
この曲の細野さんのベースは、神の領域だと思いました。
初めて聴いたときは鳥肌ものでした!
Commented by ryo_1989 at 2013-10-12 23:50
Katyさん、こちらにもどうもです!
「風来坊」のベースライン...まさに!
やはり、はっぴいえんどは、天才が奇跡的に組んだバンドだと、よくわかりますね♪
by ryo_1989 | 2013-10-11 00:25 | 買ったCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo