ダイヤモンドの犬

ちょっと間隔が空いてしまいましたね。
夏風邪引いて、寝込んでました。治ったんですけどね(笑)。

さて、3日振り(とはいえ、一応日付的には毎日更新中)の記事は、今ハマってる(苦笑)ボウイ。

c0166634_23121338.jpg

『ダイヤモンドの犬』でございます。

ボウイは一番好きなのは、やはり『ジギー』期。
勿論『ベルリン三部作』もたまらんのですが、ちょっと取っ付きにくくて。
ところが、ボウイのグラム全盛期の『ダイヤモンドの犬』は未聴だったんです。

ってなわけで、聴き込んでいるわけですが、これが最高にカッコいい!
モロなグラムチューン「Rebel Rebel」も良いし、ドラマティックな「1984」も素晴らしい。
意外と収録時間が短いので、サクサク繰り返し聴いてしまいます。

ジャケだけで敬遠してては勿体ない!...切に思いました。
Commented by 越後もち豚 at 2013-08-14 18:55 x
ボウイの作品は、初期のグラム時代やベルリン時代は当然ですが、中間のソウル/ファンク期の『ステイション・トゥ・ステイション』も良いですね~(^^♪

自分にとっては以降の『ロウ』『ヒーローズ』と同列に扱うべき名作だと認識してまして、この3つで三部作と括った方が良いのでは? と勝手に思っております。
(『ロジャー』ファンの方スミマセン)

因みに『ネクスト・デイ』はまだ未入手です(苦笑)
Commented by ryo_1989 at 2013-08-14 22:58
越後もち豚さん、どうもです!

>中間のソウル/ファンク期

僕も大好きです!どっちかというと、『ヤングアメリカンズ』もかな。
『ロジャー』も良いアルバムだと思うのですが、いかんせんポップ過ぎるのでしょうかね。普通に「良いアルバム」になっちゃってますね。
『Next Day』良かったです!
是非ともまた日本に来てほしいモノです♪
by ryo_1989 | 2013-08-10 23:59 | 買ったCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo