The Mar-Keys / Booker T. & The MG's

久々のアトランティックネタ。1,000円って、ホント手が伸びやすいですよね。

とりあえず、Booker T. & The MG'sの音源はコンプリート。
「次はライブ盤だ!!!」...と思ってたら、マーキーズとの共演ライブ盤が存在してたのね。

c0166634_2125645.jpg

マーキーズの演奏含め、30分ちょっとの短いタイトル。
しかし、Booker T. & The MG's、凄まじい演奏ですね。

クロッパーの切れ味鋭いギター、ダック・ダンの重いベース、アル・ジャクソンのタイトなドラムス、グルーヴィーで思わず踊り出してしまいたくなるオルガン...最高です、マジで。

マーキーズのサウンドもなかなかカッコいいし、これはお勧めの実況中継盤でございます。
Commented by 越後もち豚 at 2013-06-17 23:26 x
確かに1枚1000円だと気軽に買えるので、どんどん数が溜まっちゃいますね~。

そういう私は現在ワーナーのJAZZ1000円シリーズと、EMI(現ユニバーサル)の999円シリーズを漁っております。

6~7年位前にブルーノート、プレスティッジ、リバーサイドの国内盤が1500円になった時は、1年ちょっとの間に100枚程購入しちゃいましたが、今回もその位になっちゃうかもしれません(汗)

そのせいもあって、現状R&B1000円シリーズの方まで手が廻らないのですが、気になる作品もぽつぽつ有るので、何枚か購入してみようかな?

因みロバータ・フラックあたりを候補にしてます(^^♪
Commented by ryo_1989 at 2013-06-18 00:07
越後もち豚さん、お久しぶりです!
ホント、ついつい何かの足しで買ってしまうんですよね。1,000円って価格、アトランティックさんなかなかやるな...といったところですね。
そして、ジャズでも同じような廉価盤が出てるのは知ってましたが、未だに一枚も入手できていません。コルトレーンのMONO盤くらいは...と思っているのですが。
そして、ロバータ・フラックは門外漢(汗)こちらも気になるところです♪
by ryo_1989 | 2013-06-14 23:59 | 買ったCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo