Fly With The Wind

まぁ、ジャズを聴き始めて、"メジャー所"は押さえたつもりでいました。
...先週まで。

とんでもない「ジャズ」に出会ってしまいました。
いや?あれは「ジャズ」なのか?
c0166634_2241529.jpg

マッコイ・タイナーの「Fly With The Wind」。

ちょっと凄過ぎて、文字に出来ません...本当に凄い...
なんだ、このとてつもないスケール感は!?
華麗なフルートに、踊るようなマッコイのピアノ、ビリー・コブハムの強烈なドラムス...
メロディーはとにかく壮大、まるで映画館で観る映画のド迫力を感じるよう。
とてつもなくスリリングに展開するアルバム構成に、速攻ノックアウト。
まさに「美メロ」の原点ではないでしょうか。

ホント、これほどお勧めしたくなる作品も久しぶりだ。
いやぁ...すごい。

すいません、まだまだジャズは"モグリ"でした。お恥ずかしい。
Commented by katy at 2013-03-16 00:25 x
初めてコメントさせていただきます!
この作品は同年代のロックからの影響が強い作品だという思いがあります。
時々、プログレ系の音楽として紹介されることもありますからね~
ジャズにしては大味な気がするのですが、それもまた魅力ですよね!
Commented by ryo_1989 at 2013-03-16 23:11
katyさん、はじめまして!
初対面ですが、katyさんが音楽にお詳しい事が、画に描いたようにわかります♪確かに、「プログレ」ってジャンルでも括れそうなサウンドですよね。普段、モダンジャズばかり聴いているので、余計にJAZZとは思えません(笑)。

ありがとうございました!またお越しください!
Commented by トッシーニ at 2013-03-17 07:48 x
ぶっ飛びまくり、名盤中の名盤ですねぇ。
ストリングスのアレンジが時代を感じさせますが、コブハムのドラムなんかはコージー・パウエルの「オクトパス」ならぬ、「千手観音」ですよね!
Commented by 越後もち豚 at 2013-03-17 11:20 x
このアルバムは、リリースが1976年なので、一般的に“Jazz名盤”扱いされてる作品群(1950~60年代)と比べると、より現代的な作風になっていると思います。

例えば、ジャズマン+大編成ストリングスによるイメージ音楽(もしくはサントラ?)という意識で聴くと納得できるのでは。

私なんか冒頭の一曲目を最初に聴いた時に、「大野雄二みたいなアレンジだ…」と思った位なので(当然マッコイの方が先ですが)

今回の記事を読んだ後、チョ~久し振りにアルバムを引っ張り出してみましたが、ビリー・コブハムやっぱり走り過ぎ(*_*)
Commented by lee at 2013-03-17 21:30 x
そんなに凄いの?
と興味がわいたので、今日、買ってみました。
国内盤が廉価版で1100円でしたし。
なるほど!これはエキサイティングな名盤ですね!

最近、このような60年代終盤から70年代にかけてのジャズを好んで聴いてます。
主にワーナーの「JAZZ BEST COLLECTION 1000」で。名盤ガイドにはあまり載ってませんが、ロックの影響を受けたこの時代のジャズって、なんだかとても新鮮で面白いです。
ジャズでもない、ロックでもない、別ののジャンルを発見した気がします。
Commented by ryo_1989 at 2013-03-17 21:46
トッシーニさん、どうもです!
ホント、ビリー・コブハムは、「JAZZ界のパウエル」かも!
よく、腕が吊らないなと感心してしまいます(笑)。
あのとんでもないドラムスと、壮大なストリングスは迫力抜群!
Commented by ryo_1989 at 2013-03-17 21:48
越後もち豚さん、どうもです!
よく考えてみれば、'70年代のいわゆる(?)ジャズのアルバムって、この一枚しか持ってないかも!'50&'60のジャズは、嫌と言うほど聴き倒しましたが、これはまだまだ深く掘り下げ甲斐がありそう。

>「大野雄二みたいなアレンジだ…」

言いえて妙でございます♪
まるで、一本の映画サントラ聴いている気分になります。
そして、ビリー・コブハムの暴走具合は最高です(笑)!
Commented by ryo_1989 at 2013-03-17 21:50
leeさん、どうもです!
これ、やっぱり凄いですよね?!
僕も恐らくleeさんが買われた企画の盤だと思います。
リマスター効果もあってか、壮大な世界観には驚きましたね。

>「JAZZ BEST COLLECTION 1000」

このシリーズ、気になる盤が何枚かあるんですよね。
しかしまぁ、アトランティックといいオデオンといい...
安くて素晴らしい音楽が、気軽に手に入るのは素晴らしいことなんですけどね(苦笑)。
確かに、「ジャズ」でも「ロック」でもないですね♪
by ryo_1989 | 2013-03-15 22:45 | 買ったCD | Comments(8)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo