Cowgirl In The Sand

Amazonって、ふらふら巡回していると、「え!?」ってな価格で貴重な輸入盤を買えたりしますよね。
先日、ニール・ヤングの「Live At The Fillmore East」が、600円(!)ってのにはビックリしました。
c0166634_22215920.jpg

「伝説のギタリスト」ダニー・ウィットン、在籍時の貴重なライブ音源。
勿論、オフィシャルなので、超高音質。

飛ぶ跳ねるようなCrazy Horseの演奏、本当に素晴らしい。
ニールはいつも通りのヘロヘロ声ですが、何か真っ直ぐに芯が通っている印象。
特に15分越えのDown By The RiverとCowgirl In The Sandは圧巻!

どこか、ZEPと比べてもおかしくない、インプロに大興奮♪
2012年にも、「Neil Young & Crazy Horse」名義で新譜を出しちゃうくらい、まさに"伝説"...

「Live at Massey Hall」も気になるなぁ...
Commented by みっく at 2013-03-10 23:08 x
こんばんわ!これはもう、私にとって宝です(^^)

大興奮ものです、これは!
昨年の新譜も半信半疑で聴きましたけど、期待以上でしたね!恐るべし!
ニールヤングの眼差しが好きです♪それであの優しげな声、たまりませんよ、ほんと♫
Commented by rollingwest at 2013-03-12 19:52
伝説のギタリストといえば、1970年前後に速弾きギタリストとして有名だった、アルビン・リー(テン・イヤーズ・アフター)が亡くなっちゃいましたね~・・、合掌
Commented by ryo_1989 at 2013-03-12 21:58
みっくさん、どうもです!
おお、カッコイイですよね♪
アコースティックなニールも、エレクトリックなニールも大好き。
こんな二面性のあるアーティスト、そうそういないですよね。
これから、このCDは愛聴盤になることでしょう。
Commented by ryo_1989 at 2013-03-12 21:58
RWさん、どうもです!
アルヴィン・リー...TYAは1枚しか持ってないけど、好きなギタリストでした。残念...R.I.P.
by ryo_1989 | 2013-03-10 22:27 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo