Walking In The Shadow Of The Blues

買っといて聴いてなかったCDが、5,6枚。
しばらく新たに買わず、聴き込んでいこうと思ってる所存。

1月1日の新年のご挨拶で載せたジャケ、ホワイトスネイクの「Lovehunter」を694円で。
c0166634_196771.jpg

「1987」のドラマティックなサウンドは大好きだけど、初期WSのファンキーなサウンドも大好き。
ジョン・ロードの、ある意味"らしくない"メロウなオルガンが心にビンビン響きます。
また、ニール・マーレイの超絶テクには、いつ聴いても鳥肌モノ。
カヴァーデイルもまだまだ若く、勢いのあるボーカルが素敵ですね♪

特に好きな曲は、2曲目のWalking In The Shadow Of The Blues。
何度聴いても、パープルで言う「Come Taste the Band」というか、ホントかっこいい。

HR/HMなWHというよりも、R&Bの要素(ブラックミュージック)を取り入れたバンドの状態がグー。

ただ、ジャケとサウンドの印象の違いが、滑稽だったりします(笑)。
あと、「Come and Get It」を500円で入手(未開封新品!)で手に入れていたり。
マースデンのギターも最高なんだ、これが!
Commented by ヨッシー at 2013-02-23 00:22 x
「Come and Get It」までが大英帝国な感じで、ブルージーでもあり。初期WSは大好物♪
Commented by Dr.T at 2013-02-23 08:32 x
やっぱ、classic whitesnakeといったらREADY AN' WILLINGでしょ!捨て曲なしの正に名盤です。FOOL FOR YOUR LOVINGのPV見たことありますか?Davidの熱唱に思わず「カッコええ〜…」そこには彼の本当の姿がありますよ。
Commented by ryo_1989 at 2013-02-23 18:12
ヨッシーさん、どうもです!
確かに、「王道」の香りがぷんぷんします(笑)。
今日、届きましたよ「Come and Get It」!
Commented by ryo_1989 at 2013-02-23 18:13
Dr.Tさん、どうもです!
「READY AN' WILLING」、未聴なんです(汗)。
そして、動画サイトで観ました♪
デヴィカヴァ、見直しちゃうなぁ。
by ryo_1989 | 2013-02-22 19:13 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo