Speak Like A Child

12月28日~31日まで寝込んでたのは書きましたが、その間浴びるように音楽を聴いてました。
それこそ、買っておいて未聴だったのとか、聴き込んでいなかったアルバムとか。

行き着くところ、やっぱり風邪にはジャズが効きますね。
コレなんか、買っておいてあまり聴いてなかったから、目から鱗。
c0166634_1856521.jpg

ハービー・ハンコックの「Speak Like A Child」。

この作品を聴いて、改めて思ったのが、
「俺、ロン・カーター大好きなんだな...」ってこと。
ホント、ロン・カーターが好きなんです。マイルスバンドでも、まずはベースに耳がいくしね。
そこにリリカルなハービーのピアノ、ミッキー・ローカーのドラムス。
ジェリー・ダッジョンとサッド・ジョーンズの管楽器も美しい!!!
こんなに完成されたサウンド、そうそう無いですよね♪

また、ジャケが素晴らしい!
これ、ハービーとハービーの奥様なんですよね???
良い夫婦だぁ。
Commented by 越後もち豚 at 2013-01-05 17:41 x
これはいい作品ですよ~。

「ライオット」や「ザ・ソーサラー」は既にマイルスの所でやっているので再演なんですけど、このアルバムに収録されたら、不思議と違和感無く聴き通す事が出来ますね(^^♪

あまりに気に入ったせいで、現在3種類も所有しちゃってます(RVGマスターの米盤とマスター違いの国内盤2種)

あと、表ジャケの人気が高いのは当然の事ですが、裏ジャケの子供2人の写真もなかなか味があって良いと思います(アルバムタイトルに巧くはまってますね)
Commented by mangohboy at 2013-01-05 18:34 x
はじめまして、いつも楽しく拝見させて頂いてます。
自分もこのアルバム大好きです。「処女航海」にも感じることですが
この人はピアニスト、コンポーザーというよりアルバム全体の
コーディネーターって感じがしますね。このジャケはアナログサイズ
で持っていたいですが(未所有)
Commented by ryo_1989 at 2013-01-05 18:37
越後もち豚さん、どうもです!

>「ライオット」や「ザ・ソーサラー」

確かに言われてみれば、作風は相当マイルスに似てますね。
やはり、親分に教わったことをそのまま忠実にやっている感覚、隙ですね(笑)。輸入盤のRVGシリーズ、安いし音良いし、気に入っています。まだまだ初心者なので、これからどこを突っかかって行こうか検討中です。
Commented by ryo_1989 at 2013-01-05 18:39
mangohboyさん、はじめまして!

>ピアニスト、コンポーザーというよりアルバム全体の
コーディネーター

まさに!!!おっしゃる通りだと思いますね。
いわばジャズ界のジミー・ペイジ(!?)、アルバムをしっかりと作り上げる技術は流石としか言えませんね。

また、遊びに来てやってください♪これからよろしくお願いします!
by ryo_1989 | 2013-01-04 19:00 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo