Gettin' Tighter

「Deep Purpleリマスター化第二弾」、「Come Taste the Band」の35周年記念盤です♪
c0166634_0491165.jpg

この盤のパープルに、リッチー・ブラックモアは既にいません。
前作「嵐の使者」をもって、脱退。代わりに入ったのが、元ジェイムズ・ギャングのトミー・ボーリン。

発売当初は叩かれまくった、"新生パープル"ですが、2012年に聴くと、めちゃくちゃカッコイイ!

特にGettin' Tighterは、ボーリンの持ち味であるファンキッシュなギターを大いにいかしたアレンジ♪
ハードな前半部分から、一気にファンキーに転調する後半のサウンドがたまりません!
また、いわゆる「様式美」なパープルが好きな方には、Comin' Homeなんかがお勧め。
"キラーチューン"You Keep On Movingのヘヴィなテイストも好みですね。

さて、僕の中でのDeep Purpleはこれで完結してしまいます。
どうも、このアルバム以降のパープルに興味が持てません。
・・・しかし、節操ない僕ですので、しっかり聴いたら気にいっちゃうかも(苦笑)。
Commented by Inamin at 2012-12-20 17:20 x
後年になって再評価された典型的なアルバムですね。パープルらしくないっちゃそうですが、一番好きなパープルのアルバムです!何と言ってもボーリン!

夭折したロッカーってやたらと評価されるのが世のならわしですが、トミー・ボーリンの冷遇ぷりったらありませんよね。センス・力量ともに申し分ないはずなのに・・・
Commented by Dr.T at 2012-12-20 20:33 x
ryo君、お久しぶり。トミーが気に入ったのなら、James Gangをお勧めします。特にBangというアルバムの1曲目、standingin the rainという曲のしょっぱなでトミーの18番、delay trickが炸裂しますよ!これはCome Taste the Band albumの曲でもやってたなあ。この技はイングヴェイやウリ、そしてトムショルツまでコピーしてたのでした。(トミーがオリジナルかどうかは不明ですが。)ではまた。
Commented by ryo_1989 at 2012-12-22 00:58
Inaminさん、どうもです!
ボーリンのギター、カッコイイですよね♪
僕は「紫の炎」の次に好きですね。「イン・ロック」とどっこいどっこいかな。ボーリンのソロアルバムすら聴いていないのに、語ってしまったことに罪悪感を感じています(笑)。
ホント、ポール・コゾフレベルで評価されるべきですね!
Commented by ryo_1989 at 2012-12-22 00:59
Dr.Tさん、お久しぶりです!
「トラピーズ」と誤表記してましたが、ジェイムズ・ギャング、ライブ盤だけしか持っておりません。やはりスタジオ盤も聴いておくべきですね。リマスターされていない(はず?)のが玉にキズですが、安かったら買ってみたいと思ってます♪
「delay trick」、あのトム・ショルツまで!?
どんなんだろう・・・うぅ。
Commented by ぷーちゃん at 2012-12-22 19:08 x
そうそう、このアルバム意外に
好きなんだよね♪
Commented by ryo_1989 at 2012-12-22 20:18
ぷーちゃんさんもお好きですか♪
いわゆる「隠れた名盤」ですね!
by ryo_1989 | 2012-12-20 00:55 | 買ったCD | Comments(6)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo