the dresscodes

久々に、痛快なR&Rアルバムを聴いた気がします。
「毛皮のマリーズ」の中心人物・志磨遼平の新バンド、「ザ・ドレスコーズ」の1stです!
c0166634_23293365.jpg

1曲目の「Lolita」から、ぶっ飛びます。
まるで、フリージャズ的なサウンドなのに、ロックンロール。初期衝動が半端ない!
2曲目のシングル「Trash」は安定の志摩節。メロディアスで良いよね。
シンプルなリズムが特徴の「ストレンジピクチャー」、マリーズの匂いをぷんぷん感じる「SUPER ENFANT TERRIBLE」、泣けるバラード「1954」などなど、聴き所満載♪
マリーズよりもビートは強いけど、ポップだから聴きやすい感じかな。

いわゆる「J-ROCK」に新しい風が吹いた感覚。
実はマリーズもまともに聴いていないので、後追いで聴いてみようと思ってます。
Commented by ヨッシー at 2012-12-15 11:17 x
ビートが強くなったのはドラマーの交替が効いてるんじゃないかと。

マリーズYOU TUBEで観たら欲しくなって「ティン・パン・アレイ」初回盤をヤフオクで、AmazonMPで「毛皮のマリーズ」「マイ・ネーム・イズ・ロマンス」を昨夜のうちに立て続けにポチッと♪
ベースの栗本ヒロコ ちゃんがいなくなったのはビジュアル的に寂しいけどこっちも◎だね。
安いの捜そうっと。
Commented by ryo_1989 at 2012-12-16 00:52
ヨッシーさん、こちらにもどうもです!
マリーズ、行かれましたか!こちらは完全にレンタルオンリーで、非常に気まずい状態です(笑)。「毛皮のマリーズ」「マイ・ネーム・イズ・ロマンス」も同じくレンタルのみ。
ヒロコちゃん、かわいくて、そこもグラムっぽかったんですよね。
でも、ドレスコーズ、大好きです!
by ryo_1989 | 2012-12-11 23:34 | 買ったCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo