Hard To Handle

引き続き、アトランティックソウル記事。
以前買った、「オーティスMONO箱」に入っていなかった、「The Immortal Otis Redding」を入手。
c0166634_0481974.jpg

オーティスの死後にリリースされたアルバム、いわば"遺作"といったところでしょうか。

しかし、内容はまったくそんな雰囲気を感じさせず、クールな楽曲がいっぱい。
特に、ブラック・クロウズが後にカヴァーするHard To Handleは最高にカッコいい!
安定のブッカーT&MG'sの演奏に乗っかる、オーティスのソウルフルな歌声はやっぱりイイネ♪
いわゆる「定番」なChampagne & Wineも素晴らしい出来。

しかしさぁ、内容が現役感バリバリなのに、遺影みたいなジャケット(苦笑)。

しっかし、「アトランティック1,000円シリーズ」、飽きないわぁ。
Commented by ヨッシー at 2012-11-22 12:08 x
「アトランティック1,000円シリーズ」、Tボーン・ウォーカーやバディ・ガイなどのブルースにも手を出したので、このアルバムが後回しになってたけど...やっぱ欲しくなった!
Commented by hirowilbury at 2012-11-22 23:08 x
オーティス、遺作としては「ドック・オブ・ザ・ベイ」がよく知られてるけど、アルバムとしての出来はこれですね。
余談ですが「ドック・オブ・ザ・ベイ」を聞くと、尾崎紀世彦の「また逢う日まで」が頭をよぎる(爆)
Commented by ryo_1989 at 2012-11-23 23:07
ヨッシーさん、こちらにもどうもです!
このオーティス、相当良かったです。
遺作とは思えない程に、ファンキーな内容でした。
Tボーン・ウォーカー、俺も気になっています♪
Commented by ryo_1989 at 2012-11-23 23:09
hirowilburyさん、こちらにもどうもです!
「ドック・オブ・ザ・ベイ」、未聴です(汗)。
非常に気になって参りました。

>尾崎紀世彦の「また逢う日まで」

名曲ですよね♪
by ryo_1989 | 2012-11-22 00:52 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo